LOOK ON BRIGHT

2018 - 02 - 12

スタンディングデスクの小問題

いえべつに、立ってパソコン作業をすることじたいに問題があるわけではないのです。

たまに立ってパソコン作業をすることじたいには、ぼくはとても良い効果があると感じています。

肩こりは楽になるし、クビや背中への負担が軽くなるし、血行不良も改善されるし、体幹もすこし鍛えられるし、呼吸もしやすいなどなど、自律神経の不具合の改善にはもってこいです。

ただし、「なんでも立ってやればよい」というものでもありませんでした。

 

デザインをするとか、文章を書くとか、むずかしいプログラムを書くとか、新しい技術を勉強するとか、そういった「あたまをけっこう使う作業」には、スタンディング姿勢は向いていなかったのです。

よく「腰を据えて取り組む」といいますが、クリエイティブ作業や勉強など、まさに「しっかり腰を据えて」やるべき作業では、スタンディングデスクはあまり向いていないのでした。

いっぽう、「修正をする」「コーディングをする」「カンタンなメールを書く」「調べ物をする」「スカイプやチャットをする」「ただ打ち込む」「ブラウジングをする」「見積書や請求書を書く」というような、いわば流れ作業的、あんまりあたまをつかわない作業では、立ち姿勢での作業というのは効率を妨げることはありませんでした。

まあ、これはあくまでぼくの個人的な感覚なので、なかには全く逆のひともいるのかもしれません。

 

さて、そういうことだから、いちばんよいのは

「あるときには座って仕事をし、あるときには立って仕事をする」

というのが、いちばん良いことになります。

ただ、これはこれで問題がある(なんかさっきから問題問題ばっかり言ってるけど。うざいな。気持ち悪いな。小人物だな)。

 

ふつうの机と、立って作業をする机の、ふたつの机が必要になるのです。

場所をとるという問題もさることながら、それよりもいちばんの問題は「いちいちパソコンを移動しなくてはいけない」ということです。

ノートならまだしも、デスクトップならもう終わりです。

パソコンを2台置くという荒業もありますが、いくらDropboxなどでクローンをしていたとしても、環境が変わるとけっこう面倒なこともあります。

 

そこで、そーゆー問題を解決するために、こういった製品もあります。

普段の机のうえに、こういった折りたたみの台を置く、というやりかたです。

見た目もスタイリッシュで、いいですね。

ただ、これもまた問題がある(問題問題ばっかり言ってうるさいなあ。うざいなあ。気持ち悪いなあ。小人物だなあ)。

外部ディスプレイを繋いでいるばあいは、どうすればいいんだーーっ!!!!!

 

いちばんいいのは、デスクの天板ごと上げ下げできるデスクです。

しかし、いちいちネジを外してどうのこうの、というのは問題外です。

できれば電動みたいな感じで、スーと持ち上がって、スーと下げられる、っていうのがいい。

いいのだけれども、ここでもまた問題が!!(うるさいなあ)。

これは、もはや最大の問題点といってもよいでしょう。

電動のスタンディングデスクは高い!!

16万円とかフザけんな!

ええ、もう、ぼくは正直いって怒っていますよ。

16万円をポーンとなんの未練もなく、あたかも駄菓子屋でイカの揚げ物を余分に買うぐらいのテンションで支払えるぐらいなら、もはや机にかじりついていないっちゅうのっ!

そんなあくどい仕事してないっちゅうのっ!

もうっ!

 

そこで、いいものを見つけたのです。

ガス圧式!

そうかその手があったか!

https://item.rakuten.co.jp/tansu/45400001/

 

これはだいたい、3万円弱です。

まあ、決して安くはないけれど、16万円よりはマシですよね。

ちょっとコマシなダイニングテーブルなら、3万円以上しますし。

あと横幅も120cmあって、けっこう広いです。

100kgまでいけて、ガス圧なのでそんなに力を入れなくても上げ下げができる。

 

いろいろ迷って、1ヶ月ほど考えた結果・・・

結局、買っちゃったんだ。

最悪スタンディングで使わなくなったとしても、机としては充分以上に機能があると判断したからです。

おそらく届くのは約1週間後。

また、レビューを書いてみたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOPに戻る