WEBLOG

ブログ

気分の落ち込みは内臓の落ち込みなんだね

記事 気分の落ち込みは内臓の落ち込みなんだねのアイキャッチ画像

姿勢がわるいと、呼吸が浅くなって元気がなくなる。

そこで、姿勢をビシっとするように心がけましたら、なるほど、ずいぶん気分のモヤモヤ感やイライラ、落ち込みは改善されました。

 

さて、では「なぜ姿勢がわるくなるのか」?

 

骨格が歪んでいるとか、クセだとか、意識の問題だとか、疲労だとか、筋力低下だとか、いろいろと原因があります。

いろいろとありますが、ぼくは個人的には「内臓が落ちてる」からじゃないかと気が付きました。

 

といいますのも、風呂からあがってフトじぶんの横のすがたを見て、少々驚いた。

なんか、おなかが出ているぞ。

ぼくは標準体重プラス1〜2kg程度で、まぁそんなに肥満体ということではないです。

ほぼ標準体型、ということで良いのかなと思います。

お腹の出方が、ヘンなのです。

なんか下っ腹だけがドーンと出ている。

皮下脂肪はそんなにないので、内臓脂肪かな?

なんて思ったりもしましたが、あっ。これあれだ、「内臓下垂」なんじゃないの。

 

もしそうならば、いろいろと説明がつきやすいのです。

デスクワーク中にどーしても脚を組んでしまうのですが、この「どーしても」は本物の「どーしても」で、意志の力が到底及ばないのです。

足を組むのは骨盤が歪んでいるからだ、っていう説もありますが、ぼくは整体院に行っても骨盤はほぼ正常なのです。

姿勢もかなり良いほうらしいし、筋肉もどちらかというと多く、筋力も強い部類なんだそうです。

ホネもとくに歪んでいるということはないという。

 

むむむっ。

骨格は正常なのに、筋肉も元気なのに、じゃあなんであんなに「強力に」脚を組もうとするのか?

あんであんなに、背中を丸くしてしまうのだろう?

謎だ!

謎なので「心理的な拒否感なのではないか」みたいな、准ラビリンス系ワールドに突っ走っていったこともあります。

 

そーじゃないのかもしれない。

「内臓が落ちてる」

これがなんとなく、ヒットのような気がしてきました。

 

内臓が落ちる→横隔膜が下に引っ張られる→肋骨が落ちる→背中が丸くなる

なんかこういったストーリーが、ビンゴっぽいのでありますね。

ホネは正常で、筋肉もそこそあるのに、背中が丸くなる。

これはどうも、ホネとスジをゴニョゴニョしたり、「意識だっ!」とかいって気合を入れたりするのは、的外れなんじゃないか。

的外れだから、ぜんぜん治らないんじゃないのか。

 

そもそも、じゃあなんで内臓が落ちるのか?

これはもう単純に、運動不足とデスクワークのしすぎだと思うんですよね。

足腰的・腕力的な、そーゆー「筋力」はそこそこあるけれど、「内臓筋肉」的なことが、バカになってるんじゃないか。

自覚あるんだよね。

なんかこう、自律神経の調子がおかしくなって、不安とかイライラとか恐怖感とかが出てきた時は、だいたいコーモンのちからがぬけてる。

腰腹のちからもぬけて、まさに「腰抜け」になってる。

 

これは、スクワット的な運動不足というよりも、「呼吸的運動不足」なんだよなあ。

じっと黙ったまま、一言も喋らず、日がな一日座り続けている。

そして、ぼくは集中すると「息が止まる」傾向にある。

息を殺したままじっとしていると —— そりゃあ「呼吸筋」は弱っていきますわなあ。

 

「こころ」っていうのは、「内臓」で、もういいのかもしれない。

内臓が落ちると、気分も落ちやすくなるんじゃないかなあ。

なんかこう、人間のからだって、最高度にヤヤコシイところがあるくせに、あほみたいに単純なこところもあるから。

内臓が冷えたら「つめたいやつ」になるし、内臓があったかいと「あったかいやつ」になる。

内臓がきたないと「きたないやつ」になるし、内臓がきれいだと「きれいなやつ」になる。

内臓が疲れていると「疲れたやつ」で、内臓が元気だと「元気なやつ」。

腹腔が狭いと「こころのせまいやつ」になるし、腹腔が広いと「こころがひろいやつ」になる。

内臓が落ちると「落ち込む」し、内臓が上がると「アゲアゲ」になる。

なんだろう、しっくりくるんだよあ。

人間てなものは、畢竟「ただの一本のチューブ」だから、これで案外合ってるのかもしれない。

 

正しい呼吸のためには、正しい姿勢が必要。

正しい姿勢のためには、正しい呼吸が必要。

 

ああもうっ、またこれだ。

こーゆーフラクタクルな感じって、だいたい全部そうなんですよね〜。

どんなことでも「お互いに補完しあっている」。

モテるためには女心がわからないといけないし、女心を知るためにはモテてなければならない。

 

まあ、逆に言えば、「どっちか片方をしっかりやれば」もう片方もだんだん正常になるっていうことですけど。

しょうがない、両方攻めるか。

あ、モテる話じゃないよ。

呼吸と姿勢、両方から攻めていこうと思います。

 

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。