WEBLOG

ブログ

Chromebookがヤバいのだ

記事 Chromebookがヤバいのだのアイキャッチ画像

プライベート用のスマホをAndroidにしてから、いろいろ考え方が変わってしまったのでした。

スマホといえばiphone、パソコンといえばMacという、Apple信者寄りの僕でしたが、Android+Chromebookのセットを経験してしまってから、「そっち側」に行ってしまいました。

 

そもそもの話、タブロイドってなんだよ! へんなの! っていうのがありました。

パソコンというには能力が乏しすぎ、スマホというには大きすぎるし重すぎる。

まさに現代版・帯に短しタスキに長し的中途半端さで、とくにキーボードがないのが致命的。

いちおうipadは持っているけれど、家でも出先でもほぼ全く使いません。

仕事でたまに、Webの表示確認用に使うぐらいです。

こんなものを外出時に持っていくのなら、もうノートパソコンでいーじゃねーかー、っていうのがありました。

 

しかしChromebookを手にしてから、この愚痴はまったく消えましたよ。

とにかく軽いのです。1kgを切ってます。

11インチだから、A4用紙よりも小さくて、持ち運びも便利。

で、起動がむちゃくちゃ早い。

Googleのアカウントと完全同期されるから、パソコンのChromeとほぼ同じ環境で作業が引き継げる。

Androidのスマートロックを使えば、クリックだけでログイン可能。

スペックがそこそこ高いのか、シャキシャキキビキビ動きます。

2つ折にしたら、なんとタブロイドに早変わり。

Androidアプリも全部ではないけど使える。

で、やすいのだ。

4万しないんだものなあ。

 

パソコンとして使おうと思えばパソコンになり、タブレットとして使おうと思えばタブロイドになる。

んなもん、サブ機としては、これ以上のものは他にないのではないかなあ。

MacBookAirももちろん好きなんだけど、ちょっと大層すぎるというか、そこまでの機能は外出時にはいらないというのが実情です。

喫茶店でデザインワークなんかしないですからね。

そーゆー重い作業は、家のiMacでやるほうが何十倍も効率がいいです。

 

ChromebookやAndroidは、全然みないうちにすげー成長していたのでした。

「ゴーヤーとよその子は、育つのが早いねー」

じゃないけど、接点が少なかったぶん、よけいにその進化ぶりに驚かされます。

MacOSとiOSよりも、もっとシンプルでわかりやすい連携をしていて、何も考えなくてもサクっとできてしまう。

最近のAppleは2ファクタ認証やAppleMusic以来、とにかく非常にややこしくなってる気がする。

昔は何も考えずにできていたことが、最近はものすごく考えないと連携できなくなってしまったのです。

 

で、ふと思うのですよね。

AppleとかMicrosoftとか、マジヤバくね?

って。

この進化曲線でChromebookとAndroidがイッてしまったら、それがたとえデザインワークやDTPといった比較的重い業務であったとしても、「PCというもの」が不要になる可能性がある。

PCを使わずにデザインカンプを作る —— そんな時代はもう「すぐそこ」に来ているような気がしますね。

 

AndroidとChromeOSは、地味に、でもまだまだゴリゴリと進化していくような気がしてます。

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。