Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 3 ] : SSHサーバーを導入して、Macから使う

SSHサーバーは、もしかするとGUIで導入できるのかもしれませんが、端末からやったほうがらくちんなので、そっちを使うことにしました。
「端末」から、

sudo apt-get install openssh-server

を入れると、インストールできます。
基本的に何か聞かれたら「y」を入力するとOKでした。
 
インストールが完了したら、設定ファイルを触ったり、鍵の生成とか、ほんとうはいろいろあるようです。
ですが、ぼくの環境では、インストールが完了したらそのまま、Macから接続できました。
Macのターミナルから、

ssh hogehoge@192.168.1.250

※ 「hogehoge」は、Linuxmintのユーザー名です
と入れてリターンすると、初回だけなんかいろいろ聞いてきますので、「yes」とタイプすれば良いです。
パスワードを聞いてきますので、LinuxMintのパスワードを入力すると、接続されます。
 
次回は「Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 4] : Macからリモートデスクトップ接続を行う」です。
 

関連記事

Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 1 ] : インストールする
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 2 ] : IPアドレスを固定する
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 3 ] : SSHサーバーを導入して、Macから使う
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 4] : Macからリモートデスクトップ接続を行う
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 5 ] : mdamdで「RAID0」を構成する
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 6 ] : バックアップ用外付けHDDを自動マウントする
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 7 ] : プリンターのインストール+プリントサーバー化
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 8 ] : SAMBAを導入してファイルサーバーにする
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 9 ] : Dropboxのインストール、保存先の変更
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 10 ] : バックアップHDDからファイルをコピーする
Linux Mint 18.1 “Sarah” MATE で自宅サーバー構築 [ 11 ] :rsyncとcronで毎日外付けUSBドライブに差分バックアップをする

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です