iMac2017 High Sierra でBootCampは使えないのか

やっぱりAppleの電話対応はピカイチでありますねえ。
結局はなにも解決しなかったんですけれども、どーゆーわけか、全然いらいらしなーい。
むしろ、よくもまあそんなにクソ真面目に対応してくれたな、アンタええやつやなあ、という感想が残って、すなおに感謝の気持ちすら覚えるのでありました。
「怒ってはいけない」とよくいうけれど、「怒らせない」ということのうほうが、いちばん大事なんじゃないのかな。
某会計ソフト系の会社と電話していると、ぼくはめちゃくちゃムカついて、寿命が縮みそうになるのです。
基本的にはそんなに怒るタイプではないのですが、どうもあの会社だけは、喋っていると腹が立つのです。
 
とまあ、そんなことはさておいて、結局ダメだったのでした。
先日購入した最新型のiMacにおいて、Windowsを使用するための「BootCamp」が、どーも動かんのです。
Windowsじたいをインストールすることができません。
BootCampアシスタントを起動してWindows用パーテーションを作成しようとすると、
Screenshot 2018 04 16 15 13 55
「起動ディスクにはパーティションを作成するための十分な領域がありません。」
いやいやいやいや・・・・・・・。
380BGぐらい余っとるっちゅうねん!
Screenshot 2018 04 16 15 15 47
いろいろ調べてみると、連続した空き領域がないとダメなんだそうです。
グラフではスッカスカなように見えてても、実際のHDDでデータが散乱していると、空き領域が作成できないことがあるらしい。
そういうばあいは、いちどOSのクリーンインストールをし直せば治ることもあるらしい。
 
そこで、昨日はヒマだったので外付けUSBドライブからHighSierraを起動してHDDを完全に消去し、ガッツリとクリーンインストールしたのでした。
しかし・・・・・・。
やっぱりダメ。
同じようにふたたび、「起動ディスクにはパーティションを作成するための十分な領域がありません。」と冷酷なメッセージが出るのでした。
ううむ、もうどうしようもないな。
そもそも、SSDだしAPFSだし、データのフラグメンテーションは論理的にはそんなに起きるものではないような気がする。
そこでAppleのコールセンターに相談した次第なのでした。
 
しかし結局、ダメでした。
残る策は、「インターネットリカバリー」というのを試すことぐらい。
でもこれだって、ぼくはCmd+Rではなく、外付けUSBからクリーンインストールをしたので、同じようなことです。
担当者のひとも、
「USBからインストールして頂いているので、基本的には同じことになりますから、結果は変わらないかもしれません。
面倒なわりには結果が期待できませんから、正直オススメではありません」
とのたまうのでありました。
 
コールセンターの人と話していて、どうもココがキーなんじゃないか、というのはありました。
それはHighSierraから導入された「APFS」というファイルシステムです。
以前は「MacOS拡張(ジャーナリング)」という形式でしたが、HighSierraからはAPFSに変わったのです。
とくにHDDがSSDのばあいは、HighSierraを入れたらAPFSになってしまうようです。
 
と、ゆーことはですね。
世界中のHighSierraのひとが、BootCampを使えていないことになってしまう。
だからファイルシステムだけが原因である、ということも理論的には言えないのです。
おそらく、ハードウェアとファイルシステムの組み合わせ、すなわち相性みたいなことで、このエラーが出ているのではないでしょうか。
ぼくはAppleのスペシャリストではないので、あくまで想像ですが・・・
 
ちなみにぼくのマシン構成は、以下のとおり。
2018 04 16
2017年型iMacの21.5inch、core-i7です。
HDDは、512GBのSSD。
 
海外のサイトとかを見ていると、HigiSierraでBootCampが動かないというのは、結構記事として出てきていたりもします。
どうもHighSierraのBootCampじたいに、何らかのバグがあるのかもしれませんなあ。
 
Appleのコールセンターでも結局回答は「わかりません」なのでした。
ふつうこうなると腹が立つものなのかもしれませんが、なぜかAppleの場合はムカつかないのです。
電話対応としては、Appleはマジで優秀だと思います。
おそらく「本気で必死で治そうと頑張ってくれる」という姿勢が垣間見えるからかもしれません。
いっしょうけんめいな人には、あまり怒りたくないものですし。
 
まあそれよりも、BootcampでWindowsを入れるのは、ぼく個人としては「念のため」みたいなことだというのもあります。
ほかにWindows機もありますし、ほんとうにWindowsで仕事をする必要があるばあいはそっちを使う。
極稀にMac上でもWindowsが必要になることがあるので、いちおー入れとこうかな、程度の必要性なのです。
そんな程度の動機だから、うまくいかなくてもしょうがねーなー、で済むから。
 
もしかしたら、新しいMacのBootCampで同じようなエラーが出ている人がいるかもしれませんから、いちおー記事にしておきました。
ぼくのカンでは、おそらくそのうち、Appleから修正パッチがアップデートで提供されるような気がしています。

カテゴリー

  • 匿名 より:

    同じ症状で困ってます。ディスク領域は余っているはずなのに、パーテーションを区切らせてくれません。

    • TERA TERA より:

      そうですか、やっぱりHighSierra固有の何かバグのようなものがあるんでしょうか・・・
      ぼくのばあいは、USBメモリを取り除いて、TimeMachine停止して再起動をかけたら、ふつうにパーテーションを切ることができるようになりました。
      正直何が原因なのかまだよくわかっていませんが、どうも記憶領域の認識に何かへんな動きがあるのかもしれませんね。

  • 匿名 より:

    私の場合は、インストールまではいけるのですが1日あたり使用して電源きるとWINの自動復旧のになってBOOTCAMPから削除・再インストールの繰り返しですね。
    なぜかわかりませんが、外付けつけたままWIN起動するとWIFIの接続ができないです。
    しかし相性悪いですね。。。

    • TERA TERA より:

      ええ、そんな症状もあるのですか。
      私の環境では、いまのところ正常に動いているようです(あまり使用していないからわからないだけかもしれませんが)
      Appleから修正パッチがはやく出ることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です