発作まつりじゃぁ〜〜〜っ!!!

いや、ほんとにもう、なんじゃこりゃあ!

いわゆる「パニック発作」って、どうだろう、ここ2年ほど出てないんじゃないか。

しかし昨晩、突如としてそれは起こったのであります。

 

風呂からあがって、のんびりとヨガをしていたんですね。

そのあと、短時間ですが瞑想なんかもしていました。

おお〜、い〜感じだなあ〜、ちょっと早いけど、もう寝ちゃおうかな。

じつは最近、ちょっと仕事が落ち着いていて、売上もそこそこ上がって、わりとハッピーデイズなのです。心配事もずいぶん解決しましてね。

そんなことで、ベッドにごろーんとなって、本を読んでいたんです。

そんなに難しい本じゃないですよ。軽いコラムみたいな文庫本です。

 

そしたらですなあ、突如として、動悸がしだしたんです。

は?

なんで、今?

仕事の真っ最中とか、そんなのなら、まだわかるよ。

・ヨガをして非常にリラックス状態にある。

・そもそも最近は、そんなに疲れていない。

・精神的には、ここ最近でも最も落ち着いている部類にあり、心配事もなく、少なくともストレスとかはない。

・ここ数ヶ月は「デジタルデトックス」と称し、夜の8時以降は、パソコンもテレビもスマホもタブレットも使わない。絵書いたり本読んだり、ヨガしたりしてる。

なのに・・・

あれ、あれ、なんだろ、と思っているうちに、ワーーーーーっとなってきた。

ど、ど、ど、どどどどどどどうしよう、な、な、な、なんかヤバい病気なんだろうか突然死とかマジかうおおおおおお!

みたいな。

 

最近は、なんか発作みたいになっても、わりとスーっと収まることが多いんですよ。

肩のちからを抜いて、ふ〜〜〜〜っと長く息を吐くとか、そういうことをしているうちに、10秒程度で終わる。

そんなかんじ。

だから今回も、どうせそんなのだろうと思って、ふ〜〜〜、ふ〜〜〜、とかやってたんです。

なのに……むむむっ? あれっ?

止まらないぞ!?

 

ヤバいよヤバいよ、これどうしよう、ヨガもさっきやったしなあ、どうしよどうしよ。

部屋の中をウロウロして、わなわなしていました。

そしてウロウロしたり、座ったり立ったりしながら、こうも思ったんですね。

「こうしてウロウロしたり、立ったり座ったりできるっていうことは、わりと元気なんじゃないか。ほんとうの心臓病とかなら、こんなことは、できないよなあ」

「これはむかしの【怒り】とはちがうな。そんな感じじゃないな」

なんて。

こういうふうに、「もうひとりのぼく」が、いがいと自分を冷静に見ていたりするあたり、昔とはずいぶん変わったな、とは思います。

5分くらいですかね、そのうちに、すこしづつ、収まってきました。

「あー、よかった。終わった」

そう、思った瞬間!

また、アワワワワワワワ、だーっ! また開始するのです。

計2回、約20分ほど発作を経過しまして、やっとこ収まりました。

久々にやって、なんかちょっと「懐かしい」感覚さえありましたね。

そして改めて、しっかりわかりました。

発作って、マジしんどい。

ぐったりしちゃったよ。

 

そして今朝もまた、出たのです。

なんじゃ? この断続的な発作は。

そこでふと、ある言葉がひらめいたのです。

 

 

 

 

発作まつりじゃぁあああああっ!

 

 

 

 

そう、お祭りですね。

そう思ったら、なんか楽しく……は、なるもんか!

発作なめんな!

 

治ったと思ったら、またぶり返す。

当分ご無沙汰だったのに、なんの脈絡もなく、再来する。

これはもう、パニック障害の「あるある」なのです。

むかしは「なぜ、そうなるんだろう」と一生懸命考えました。

ものごとには必ず原因があるはずだ、それを突き止めて、改善すれば、きっとなんとかなる!

 

なーんつって。

まあ、それはそうなのかもしれませんが、はっきり言って「ものごとには必ず原因があるはずだ」という硬直した考えこそが、この発作を招くところもあります。

「改善すれば、きっとなんとかなる」こんな人生ナメきった考えかたも、発作の原因であります。

便利な都市生活を送りすぎたせいで、忘れちゃったんですよね。

この世には、思い通りにならないことのほうが圧倒的に多い

っていうことを。

そして、思い通りにならないことは、そのままにしておくしかない、っていうことも。

 

何かを変えよう、だれかを思い通りにしようと考えた瞬間から、あたまがおかしくなります。

だって、そんなわけないのだもの。それは妄想なのだもの。

「じぶんの意図」「じぶんの願い」がすべて全員叶うのなら、この世界は矛盾だらけになります。

この世の全員が宝くじにあたったら、どうなる?

この世の全員が美男美女でモテまくったら、どうなる?

この世の全員がアインシュタインばりの知能だったら、どうなる?

この世の全員が死ななかったら、どうなる?

じつは思い通りにならないことのほうが多いから、この世はうまくバランスがとれて、回ってるのだ。

ああすればこうなる、なんてことは、ほんとうはものすごく少ない。

 

因果関係なんぞ、クソくらえじゃ。

 

だから発作を「治す」「止める」ことは、そんなに重要ではないんですよね。

そんな無理を押し通すよりも、

「発作が起きた時どれだけ落ち着いて行動できるか」

「発作をどう解釈するか」

ということのほうが、ずっとずっと重要。

仕事のトラブルと、いっしょだね。

予防策と、安全安心ばっかり考えていたら、仕事がつまんねーよ。

治すことと、予防と、安全ばっかり考えて生きていったら、人生つまんねーよ。

トラブルを災難だと解釈し、逃げ回るようなやつは、ひとつも成長できない。

トラブルも良い経験と解釈し、それを肥やしにできるやつは、ぐっと大きくなれる。

 

だからもう、いいんだ。治さなくても。

これは精神修行というよりは、一種のゲームなんだ。

とてつもない本物の恐怖と直面した時に、どれだけ冷静でいられるかゲーム!

ただのゲームだから、うっかりほんとうに怖がってしまっても、全然かまわんよ。

 

祭りが始まったぞ!

もう、それでいいね。

不快感があるのも、生きているあかし。

またしばらくしたら、どうしたって、きっと「祭りのあとの静けさ」が戻ってきます。

だから今は、ほっとして、安心していよう。

 

 

 

  • inupito より:

    こんばんは。
    私も16年パニック障害でしたが、春、3月初旬はいつも発作祭りす。

    冬に溜め込んだ毒素を出す作業。
    毎年やってます。

    気が抜けた時や、リラックスした時に、体が緩んでこわばりが取れて毒素が出るので、そんな時に発作出ます。
    春の発作は。

    何をしても出るもんは出るし、何もしなくても出ないもんは出ないので、日常をできるだけ同じように過ごします。

    発作が起こっても起こらなくても。

    あと少しだけお利口にしてます。

    今年はまだ祭り来てませんが。

    • TERA TERA より:

      コメントありがとうございます。

      > 冬に溜め込んだ毒素を出す作業。

      春は毒出しの季節、とよく言いますものね。

      ということは、つまり「毒」が、溜まっているということなのでしょうか。

      毒の溜まりやすい生活。
      毒の溜まりやすい考え方。

      そんなのも、あるような気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA