真面目が向いていない体質です。

ぼくはこのブログでたまに、じぶんのことを「真面目で神経質な性格だ」などと書いたりしています。

ここ数日、急激に体調を崩してしっかり休んでいるうちに、なんだかいろいろと思い出しました。

は?

だれが、真面目で、神経質だって?

 

正確にいうと、ぼくが真面目で神経質になったのは、パニック障害を患ってからだったのです。

いや、というよりも、もっと正確にいえば、ある日を境に「真面目にやろう」と思いたってから、パニック障害になり、神経質になり、まじめになった。

 

パニック障害を発症したのは、我が子が生まれて間もない頃だったんです。

いわば、幸福の絶頂期でもあった。

どうしてこんなに幸せなときに、そんなヘンなことになるんだろう。

ぼくはこのことについて、こんなふうに考えてしまったのですね。

「ほっとして、気が緩んだからかもしれない」

 

違うんですね。

熱にうなされながら、なぜか思い出したんです。当時のことを。

むしろ、真逆だったんですよ。

人間は、じぶんの記憶と、じぶんの過去を、美化しようとする傾向があるんですね。

 

逆だ。

ぼくはとっても、不真面目だったのです。

もちろん仕事はしていましたし、毎日会社に行っていましたけど、常々こんなふうに考えていたんです。

「できるだけ楽をして、稼ごう。」

営業に行ってきます、そう言って、ぼくはネカフェみたいなところに直行して、寝ていました。

「あした、直行しまーす」

とか言っといて、しっかり一日家で寝ていたり、遊びにいったりしていました。

そんな感じでも、営業成績はそこそこ上がっていたんですね。

すべきことさえ押さえておけば、ほかの時間は、遊んでいても良い。

ていうかむしろ、くそまじめにやっている人のほうが、営業成績は伸びなやんでいました。

あたりまえですよね。

お客さんは、どうせ同じ話を聞くのなら、面白いやつと話がしたいです。

それならたくさん遊んでネタをいっぱい持っていて、話が面白いひとのほうがいい。

目の下にクマができていて胃が悪そうな、ヘロヘロなやつよりも、元気に溢れた人と話がしたい。

それに、まじめなひとは、金にうるさいイメージもあります。

なんだかいい加減そうで、愛想だけよくて、ちょっとバカそうで、ノリが良くて、話が面白い人は、売上のことばっかり考えてはいなさそう。

そんなイメージもあいまってか、適当にやっていたほうが、かえって売上は上がるのでした。

 

そのままで、よかったのです。

しかしぼくは、娘が生まれて、我が子と初対面したときにこう決心したのです。

「いい加減にやるのは、もうここまでだ。これからは心を入れ替えて、まじめにいこう!」

それから5年。

ぼくは突如パニック発作を発症してしまいました。

 

向いていなかったのですよ。

「まじめ」が。

真面目にすることじたいにも、疲れたし、なによりも、真面目にすればするほど、売上は落ちていきました。

ストレスが増える、酒の量が増える。

こんなもん、カラダ壊して当たり前だったのです。

 

新規営業に行くときに、むかしは「受付に可愛い女の子がいるところ」を探して回っていました。

そうすれば、イヤなことでも、すこしは楽しみが増えますからね。

機嫌よく、仕事ができるのです。

そしてすげータイプの女の子がいる会社なら、理由をつけて、何度でも足繁く通うことが楽になります。

しかし「真面目になろう」と決心してからは、ターゲットとなる会社をリストアップし、業態を分析し、売上を調べ・・・というようなことをして「効率的に」回ろうと考えるようになりました。

そうしたら、どうですか!

売上減っちゃったよ!

ストレス増えたよ!

よく考えたら、そんなもん、いくら調べ上げたって、考えたって、売れるかいやアホンダラが。

それで売れるんなら、事務員でもできるもんなあ。

そんなしちめんどうなことをするよりも、直接会って一発「つかみ」で笑わせて、お客さんに「あいつ、また来てくれないかな」と思わせたほうがマシです。

業者との打ち合わせは、お客さんの担当者にとっては業務の一環なのです。

だからその時間をすげー楽しい時間にしてあげたら、お客さんは大義名分で休めるということ。

売りに行くんじゃない、友達を増やしに行くんだ。

信頼されに行くんじゃない、モテに行くんだ。

そんなぐらいなほうが、じぶんも楽しいし、お客さんも楽しいし、結果、売れる可能性はすこし高まる。

 

真面目なんぞ、くそくらえじゃ。

真面目にやろうとすると、真剣になると、いつも体調を崩す、成績が落ちる。

向いてなかったんだ。真面目に。

楽しくなければ、なんにもできない。

そんな、不完全な人間だったのです。

 

気がついて、思い出して、よかった。

仕事なんてものは、一種の暇つぶしみたいなものですからね。

暇つぶしを、嫌なことでやるひとは、たぶんあんまりいないもんね。

仕事みたいなものを、重要だ、生きる糧だ、義務だ、使命だ、素晴らしいことだだなどと勘違いしはじめたら、いっぱつで病気する。

あたまもおかしくなる。

そんな大したことは、してねーっつーの!

地軸の角度を0.1度すら変えられないその仕事を、年収1億にも満たないミニマルなその仕事を、そんなに過大評価するなんて、それ要するに、おまえのオナニーだろ。

そう思いたいだけなんだろ。

仕事は楽しければ、たとえ売上がゼロでも、そのひとには1兆円の価値がある。

仕事が楽しくなければ、それは仕事してないっていうこと。

もう、それでいいや。

真面目なことは、まじめなひとがすれば、それでいい。

そのために、こんなにいっぱい、人がいるんだ。

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA