「やる気」に頼るな。やる気と行動を、切り離す。

このたびは、体調を崩していろいろ勉強になりました。

ぼくのいろいろな不調は結局「過剰な接合」によって起きていることが多い、ということにも気がつきました。

思考と感情の、必要以上の接合。

行動と感情の、必要以上の接合。

いろいろなことを「切り離して」いきたいものです。

「やる気」というのも、感情のひとつ。

これを、行動から切り離していこうと思うのです。

 

ぼくはモチベーションが低下することが、わりと少ないタイプです。

たぶん、けっこう好きなことを仕事にしているせいだと思います。

このことじたいはとても良いことではあるのですが、良いことがあるということは、わるいことがあるということでもあります。

基本的にやる気が多いため、つい無理をしてしまうというのがあるのです。

このたび長期間寝込んでしまったのも、これが原因のひとつもでもあると思います。

じぶんの体調よりも、仕事を終わらせるほうを、優先しすぎてしまう。

「とにかく今をがんばって乗り切って、あとでまとめて休もう。」

そんなふうに考えることが多いのですが、ある意味これは、達成できたともいえます。

2週間寝込みましたから。

しかし思った。

全然割に合わねーや。

休むっていうか、寝込んでいるんだものなあ。

たしかに休みは休みだけど、全然楽しくないよ!

 

「やる気がありすぎて、体調を壊す」というのとは、別の方向もあります。

むしろ、こちらのほうが、スタンダードかもしれません。

やる気が起きなくて、なにもできない」。

仕事しなくちゃ、そう思うけど、やる気が起きないのです。

「あたくしの中の、のび太」が出てきて、ついついダラダラしてしまう。

しなくちゃいけないことはわかっているのに、やる気がどうしても起きない。

ぼくの場合は「外出」がこれに該当します。

なーんか、外出する気が起きないなあ。

家に籠もっているのは、あまり良くないことはわかってる。でも、出る気がしない。

 

結局どとらも、同じ原理に支配されていますのですね。

「やる気と行動の連結」という原理に。

けさ目が覚めて、またことばが天井から落ちてきた。

 

やる気があるから、
やるのではないぞよ。

 

「やる気があるから、やる」

この理屈がまかり通るから「やる気がないから、やらない」というのもまた、まかり通ってしまう。

 

やる気なんて「常にありつづける」ほうが、ずっとおかしいのですよね。そんなの、ある意味病気だ。

誰だって、どんなことに対しても最初はやる気にあふれています。

しかしそのうち、やる気なんか、必ず消えてしまうま。

まちがえた、消えてしまうんですよね。

感動逓減の法則、こころはつねに変化するものだからです。

 

こんなあやふやなものにしがみついているから、おかしなことになるんだ。

やっと気が付きましたよ。

やる気と行動は、一致していなければならないというルールなんかありません。

また、やる気を常に持ち続けていなければならないというルールもありません。

正確には、

やる気はあるに、越したことはない

程度なんですよね〜。

やる気も、夢も、目標も、あるに越したことはない。

しかし、そういったものが「ない」からといって、行動ができないわけではありません。

「思考と感情」「感情と行動」があまりに連動しすぎているために、どこか一部で起こったことが、まるでドミノ倒しのようにすべてに影響をしてしまう。

「思考」「感情」「行動」が依存しすぎ、分化独立できていないがために、さまざまな精神的な不具合も起こるのだと思います。

 

分化独立できない、その最たる原因こそが「主観依存のクセ」だと思います。

ネコは、まばたきをするたびに、世界が暗くなると思っている。

それに似たようなことで、じぶんの主観に強く依存するがゆえにすべての「こころの作用」が混ざりあって、窮屈になっていく。

そんな気がするのでありますね。

 

やる気なんぞ、夢なんぞ、目標なんぞ、クソくらえじゃ。

そんなものがなくたって、じゅうぶん生きてはいける。

「あるに越したことはない」程度のものに依存しているから、それを失った時に、なにもできなくなってしまうのですよね。

 

基本的には、やる気になんか依存しない。

でも、やる気が起きるような努力は、もちろんしたってかまわない。

これは優先順位の話なんでしょう。

正しい優先順位をつけられるのもまた、客観性あってのことですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA