ぼくは「反っていた」。

「じぶんを客観的に見てみよう週間」を実施中です。

パニックだの自律神経失調症だのという病気になる人は、じぶんの主観に頼りすぎるところがあることを発見したからです。

 

さて、客観視週間におきまして、意識として自分を客観視するだけでなく、物理的に客観視することも試しています。

それはようするに「写真にとる」ということです。

 

ぼくは自分で「猫背である」と感じています。

これはもう10年どころか20年近くそう思っているところがあって、姿勢を正しくすることを常に意識したりしています。

そこでこのたび、娘にたのんで、自分がデスクワークしている姿勢を横から撮影してもらいました。

1)自分で「かなりだらしない」と感じている姿勢

2)自分で「ちょっとだらしないかな」と感じている姿勢

3)自分で「これが正しい姿勢だ」と感じている姿勢

この3つをとってもらいました。

 

そしたら、びっくりしましたよ。

1)かなりだらしないと思っていた姿勢……実際にはそれほどでもなく、すこしだらしない程度

2)ちょっとだらしない、と思っていた姿勢……ほぼ正しい姿勢

3)これが正しい、と思っていた姿勢……かなり反っていた

 

ううむ。

そういえば、このブログでもたまに書いていたけど、よく考えれば矛盾があるのです。

ヨガ教室に通っていた頃、先生やほかの生徒さんたちによく言われました。

たとえばリラックスしてあぐらをかいているときに、こんな会話によくなります。

「いいなあ〜。骨盤がちゃんと立ってますよね。いいいなあ〜」とはヨガの生徒さんたち。

「そう、あなたは姿勢がとてもいいのよね」とは先生。

「いや、これ骨盤立ってないでしょう。ぼく猫背ですよ」と、ぼく。

 

整体などに言っても、よく言われるのです。

「いい姿勢ですね。とてもいいカラダの使い方をしています。ちょっと左右にクセがありますけど、まあ、だれでもこんなもんです」

 

つまり、ぼく以外の人のほとんどは、ぼくの姿勢を「良い」と評価してくれるのです。

そういえば、柔道をしていたころも「姿勢をちゃんとしろ!」ということだけは、怒られたことがなかったのです。

ほかのみんなは顔を上げろ、姿勢姿勢と、よく怒られていたのに。

 

それなのに、ぼくは頑固に、こう思っていました。

「ぼくは猫背である」

 

写真をとってみて、よくわかりました。

すくなくとも、猫背ではない。

とくだん「姿勢がわるい」ということはないのです。

むしろ、ちょっと反りすぎているぐらい。

自分の感覚としては、リラックスして、ちょっとだけ腰曲がってんじゃないかな……程度が「ただしい姿勢」だったのでした。

 

異様に背中が凝る、というのがあるのです。

最近気がついたのが、この「背中の懲り」が、自律神経を不調にして、パニック発作などを誘発しているということです。

背中が疲労すると、あちこちに不具合が出るのです。

それもそのはずです。

「姿勢が悪いからだ」と思っていた。

だからいっしょうけんめい、からだを反らせようとしていたのです。

ネットなどでも、背中や肩のコリは猫背のせいだ、という話がよく出てきます。

日本人のほとんどは猫背です、とか。

アゴを引け、脳天を天井につけるようにしろ、腰にや腹筋に力を入れろ。

筋力低下が猫背の原因なのだ。

みたいな話。

 

「だまされていた」のでは、ないのですね。

「じぶんの状態を、よく知らなかった」ところが最大の原因なのです。

ぼくはべつに、猫背というほどではないのに、かってに猫背だと決め込んでいた。

まさに「決めつけ」「思い込み」です。

ぼくはむしろ、反っていた。

 

そういえば、母親がそうなのです。若い頃は「ホッテントット」というあだ名で、「おまえの尻に子どもが座れる」というぐらいの反り腰でした。

いまは80歳を超えていますが、いまだに背中はまっすぐです。

もう亡くなった祖母も、そんな反り腰で、亡くなるまでとても姿勢が良かったのだそうです。

しかし母親も、そして祖母も、自律神経の調子がとてもわるかった。

だからぼくの不調は、もし姿勢に原因があるのだとしたら「反り過ぎである」という可能性があるのですよね。

それなのに、むしろ逆の「猫背の改善」を20年以上もやってきた。

 

「客観性」は、ほんとに大事だと思いましたよ。

主観に頼ると、むしろ逆のことをしてしまうかもしれないのです。

おそろしいことです。

 

だからぼくの方針は、今日から逆になるのです。

「もっとリラックスして、まるくなろう」

ぼくの性格と、よく似ています。

一見やさしそうに見えるけど、じつはひじょうに頑固で、攻撃的で、喧嘩っ早く、ちょっとトラみたなところがあります。

「火」がひじょうに強い。

これもまた、母譲りです。もしかすると、姿勢と性格は連動するのかもしれませんね。

この性格には「落ち込みにくい」という利点は、確かにあるのです。

原則として、あかるい。

だから何度も何度も、もう何百回もパニック発作を起こしても、ぼくは決してあきらめませんし、自己卑下することもありません。

負けるかちきしょう、そういう闘争心がなかなか消えない。だからわりと、ウツにはなりにくいです。

これはまあ、良いところではあるのです。

しかし「反りすぎで緊張している」ということが、そもそもの問題である可能性もあるのですね。

反り腰による不要な緊張が、不要な怒りを生み、不要な不安や恐怖を「自家発電」しているのかもしれません。

 

もっとじぶんを、客観的に見よう。

あらためて自戒した次第です。

そして思った。

「姿勢って、がんばるものじゃないんだ」

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA