こだわる・こだわらない、流される・流されない

「拘」という反応が、あるのだと思います。

なにかに、強くこだわってしまう。

 

そしてこの「拘」は、筋肉にあらわれる。

肩こり、背中のこり、腰のこり、あたまのこり。

こころの「拘」が肉体にあらわれることもあるし、ぎゃくに肉体の「拘」が、こころにあらわれることもある。

ような気がする。

 

あたまの固い人、頑固な人、かたくなな人、拒否感が強い人、プライドが高い人、好き嫌いが激しい人、思い込みが強い人。

そういう人は、からだの一部にコリがあって、からだの硬い人が多いようです。

 

ヨガでも、からだを曲げるときに「絶対に曲げるぞ! 達成するぞ! 理想的なカタチになるぞ!」と思いながらやっても、なかなか曲がらないです。

しかし「ごめんなさい」あるいは「ありがとうございます」と心の中で言いながらやると、思いのほか曲がる。

ごめんなさい、ありがとう、という気持ちは「こころの脱力」でもありますね。

こころの「拘」がすこし消えたから、からだの「拘」もすこし取れるのだと思います。

 

しかしこの「拘」、ちょっとむずかしいところもあります。

こころの「拘」を取り除くためには「こだわらない」ということがいちばんです。

そして「流される」ということも、効果があります。

ただ「こだわらない」というのは基本的には良いことだと思うのですが、「まったくこだわりがない」というのもまた、すこし問題があります。

「流される」ことが良いことでも、「流されてばかり」という生き方には問題があるのと同様です。

つまり「拘を捨てるということに、こだわる」と、他の問題がいっぱい出てきてしまう。

 

こだわりを、捨てることに、こだわる。

流されることに、こだわる。

こだわりは捨てなくてはいけないっ! これだけは、譲れないっ!

ヒトは流されて生きるべきである! 絶対にだ!

結局また「拘」じゃねえか。

 

こだわる・こだわらない、流される・流されない。

このことには、意外と難解な問題がありますね。

一筋縄ではいかない。

 

……と思っていたんだけれども。

じつは、こういうふうに「むずかしい問題だ」と考えること自体が「拘」の発現なのですよね。

「拘」があるから、「どっちが良いのか」などという、硬直した分化思想に陥る。

 

こだわる・こだわらない、流される・流されない。

「拘」がない状態でこれを捉えれば、なにひとつ矛盾などないのですよね。

一見相反しているようだけれど、ほんとうは合致している。

 

なんか禅問答みたいだけれども、つまりようするに「臨機応変」なのでしょうね。

「拘」を抱えている状態だと、「常に」「いつも」「必ず」「原則として」「本質的には」という、硬い概念をついベースにして、考えてしまう。

こころに何かが、固着しているからなのでしょうね。

でも実際には「常に」なんてありえないし、「必ず」もありえません。

原則も本質も、ほんとうはもともと存在なんかしていないです。だれかが「便宜的に」決めたことにすぎない。

ありえないもの、本来なかったことをベースに考えるから、二律背反のようなことで悩んでしまうのだと思いました。

 

だからむずかしく考えずに、

・調子のわるいときには、流されてみる。

・具合がわるいときには、こだわらないようにしてみる。

みたいなことで、十分なんだろうと思いました。

なんかイライラする、人生うまくいかないとか、パニック発作が出るとか、体調がおかしいとか。

そういう出来事を、イチイチ分解して虫眼鏡で覗き込んでばかりいても、けっきょくは余計に「拘」が生まれてしまうばかりで、ぜんぜん美味しくない。

 

具合がおかしいときは、だいたいよけいな「拘」があるから、この「拘」を取り除くために、しばらく世間に流されて生きてみる、逆らわずに流されてみる。

ふだんこだわっていたことを、いったんそのへんに捨ててみる。

からだの「拘」を、できるだけ取り除いてみる。

そして元気になってきたら、まだこだわって、流されないようになっても、べつに良いと思うのです。

それでまた具合がわるくなったら、また流されて、こだわりを捨ててみる。

ぐるぐるぐる、繰り返し。

 

「いつか完全に治す」とか、

「絶対に元に戻らないように」

そんなゴールはとくに決めずに、同じことを繰り返していけばいいのかな、と思いました。

というか、「ゴールを決める」ことこそが、いちばんの「拘」ですものね。

具合がわるいのは、うまくいかないのは、楽しくないのは、どこかに「拘」がある証拠。

良い状態に変化させ、その状態を固着させることを目指すよりも「変化流転する」ことを覚悟しているほうが、ラクでいいですわ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA