デザイナーに必要なものは、筋肉である。

ぼくの不具合のもろもろは、結局ようするに、体力の低下だと思うのです。

このたび風邪をひいて、2週間以上ダウンしてしまいました。

パニック発作は復活するわ、熱がいつまで経っても下がらないわ、お腹は痛くなるわ。

ずたぼろでありました。

 

すっかり熱が下がって、徐々に運動をはじめています。

とくに、ふと思うところがあってチベット仏教の「五体投地」から入ることにしました。

簡単に言えば、土下座と直立を延々と繰り返す、というものですね。

けっこうしんどくて、1日に20回×2セットで、しっかり脚と腕が筋肉痛になりました。

 

かれこれ1週間ほど続けていますが、気がついたのです。

「いつの間にか、気が強くなってきている」

 

愚にもつかない精神論のようなことや、人生についてなど、うじうじごにょごにょ言うことが減ってきている。

アロマだの半身浴だのスピリチュアルだの、気色のわるい女がやりそうなことも、ぜんぶやめた。

そんなのしゃらくせえ、と思うようになった。

 

ぼくはいちおうデザイナーなのです。

デザイナーに必要なことは、センスや情報、技術力だと、ずっと思ってきました。

でも、違いますね。

全然ちがった。

 

デザイナーだけでなく、デスクワークを主体とする人にとって最も重要なのは、筋肉だ。

デスクワーク=頭脳労働。

そういう話は、ただの都市伝説なのですよね。

デスクワークは明らかなる肉体労働です。

つまり、ドカタだ。

腰や背中が痛むのも、マウス症候群になるのも、肩コリ首コリがひどくなるのも、自律神経がおかしくなるのも、手足が冷えるのも、怒りっぽくなるのも、気が弱くなるのも、うすぐらい考え方になるのも、集中力が途切れるのも、不安になるのも、つまりはようするに、筋肉量が低下して、姿勢が保持できなくなるからなんですよね。

温めだの、血流だの、呼吸法だの、栄養素だの。

まあそういうことも、もちろん大事なことだけど、肝心なことを忘れていました。

筋肉は、ポンプである。

いくらカラダにいいものを食ったところで、それがきちんと回らなければ、意味がないです。

回す役目は心臓だけじゃない。

筋肉がその半分近くの役目を担ってる。

 

筋肉量が減ると、気が弱くなるんですよね。

ちょっとしたことで、オドオド、ビクビク、不安になる。

まるで、ねずみのように。

 

マッチョマンになる必要はないけれど、基本的な筋力は復活させようと思います。

ややこしいことを考えるヒマがあるのなら、落ち込む余裕があるのなら、カラダ動かせ。

腹筋でもしとけ。

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA