いまは我慢だ。筋トレすると、そわそわするようになる。

やっぱり、まちがいないですね。

以前も同じようなことがあったんだけど、今回も全く同じ。

 

筋トレをすると、そわそわするようになる。

 

聞くところによると、男性ホルモンが急にたくさん出るようになったので、妙にそわそわする時期があるのだそうです。

やっぱり日頃からデスクワークばかりで、外出もほとんどしない生活を送っていたから、男性ホルモンが激減していたのかもしれません。

とくに先月の末あたりには、2週間ほど風邪で寝込んでいたというのもあります。

 

このソワソワ感は、もはや「イライラ」に限りなく近いです。

ただ通常のそれと違うのは、「陽性である」ということでしょうか。

あまり陰湿な感じのない、そわそわ感です。

 

ふと、思ったのです。

去年の冒頭に毎日ジョギングをするようになってから1〜2ヶ月後、パニック発作が連発するようになりました。

このことについて、ぼくは「疲労が溜まってしまったのではないか」と解釈していました。

しかしよくよく思い返してみると、当時の感覚と、ほぼ同じなのですね。

あのときも「ホルモン爆発」が起こっていたのではないか。

 

ジョギングは筋トレほどダイレクトに筋肉をいじめません。

脚足にはけっこう来ますが、腹筋や背筋、とくに胸の筋肉には、それほど負荷がかからないです。

なので、筋トレより穏やかに、すこし遅れて反応したのかもしれませんね。

 

筋トレを継続してやるようになると、毎回今回のように、強いソワソワ感が出るのです。

そしてこのソワソワ感をよーくよーく観察してみると、種別としては「怒り」「不満の爆発」とは、少し違うようなのです。

悪意のようなものは、感じないのです。

 

暴れたいっ!!!

 

そんな感覚ですね。

もうほんとうに、外に飛び出して「きえええええええ」「だははははははははは」などと絶叫しながら、町じゅうを疾走したいような感じ。

ええ、もちろん、そんなことはしないよ。

通報されるから。

しかし、もしぼくに全く自制心がなかったとしたら、やっているかもしれないな。

 

あたまの啓蟄すなわち「春なので」、アタマ湧いてしまったんじゃないか。

ということも考えられますが、秋や冬に筋トレをしてもだいたい同じようになるから、そういうことではないのかな、とは思っています。

思いたい。

この時期は「ぐっと我慢の子」なのかもしれませんね。

ここを乗り越えないと、ほんとうには元気になれないのかもしれない。

 

アロマだのスピリチュアルだの半身浴だのヨガだの瞑想だの、女がやるようなことばっかり、してきました。

そういうことに傾注してたこと自体、男性ホルモン減少のあらわれだったかもしれませんね。

男性ホルモン絶滅状態を長期間過ごしてしまったばっかりに、ちょっと出ただけでカラダがビックリしているのかも。

 

もともと男性ホルモンが多いか少ないかは、手を見ればわかるんだそうです。

人差し指より薬指が長いと、男性ホルモンが体質的に多いんだそうです。

ぼくは一節ぶんぐらいの差をつけて、薬指が長いです。かなり長い。

だからそもそもは、男性ホルモンがムンムンギラギラな奴だったのかもしれません。

ま、そういう自覚はすこしありますけども。

ホモにモテていたのも、このせいかもしれません。

 

さてそんなやつが、アロマだのスピだの、男性性のカケラもないようなことをしていたから、調子狂ったのかもしれませんよね。

この「エネルギー」に、慣れていかないといけないのかもしれません。

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA