「モテたい」を失ったら、人間終わりなんだよね

ここ10年ぐらいの自分を客観的に見て、明らかに変わってしまったところがあります。

モテたいと全く思わなくなった。

 

女のひとにモテたい、などと思わなくなってしまいました。

もちろん、きゅうにホモになったとかではありません。

36歳ごろから、ある意味枯れてしまったのであります。

そしてこの年齢は、ぼくがパニック発作を発症した年齢でもあります。

 

ちょっと、早すぎるのではないか。

「落ち着いた」といえば、まあそうなのですが、「関心がなくなった」ことを「落ち着いた」というのは、すこし違うような気もする。

女ならなんでもええ、とにかくそこにケツがあったらとりあえず触る、みたいなのが無くなることを「落ち着く」というのだと思います。

ただ関心を失ったというのは、落ち着きなんかではなく、たんなるパワーダウンなのではないのか。

 

最近、筋トレをはじめました。

今回はむかしのように「一気にたくさんやる」ことはやめて、厳密に計画を立てていこうと思っています。

「何回やったか」「何日続けたか」そういう短期的で目先の数値目標だけではなく、

もうすこし長期の目標も立ててみようと思うのです。

つまり「どうなりたいか」。

 

発見したのです。

すげーカッコイイ人を。

ぼくはこの人を、目指してみようと思うのです。

シンガポールのチュアンド・タンさんというモデルさんです。

いい筋肉してますね!

イケメンですし、モデルさんなので、カッコイイのはあたりまえです。

しかしポイントは、そこではありません。

このひとは今51歳なのです。

 

50を超えても、なれるのですね。こんな体に。

中年になったら、中年太りになる。だらしなくなる。

べつに、こんな常識に従わなくてもよいのですね。

ぼくの身の回りにいる人でも、やはり日頃から体を鍛えている人は、実年齢よりかなり若く見えますし、イキイキしています。

いっぽうなんの運動もしていない人は、はやり自然当然のごとく、腹が出て、顔にも覇気がなくなり、愚痴っぽく、皮肉っぽくなって、「ザ・オッサン」になっていく。

 

ええ、べつに「ザ・オッサン」がわるい、ということではないんです。

オッサンにはオッサンの、オバハンにはオバハンの魅力はあります。

しかし、思う。

そうなれるのに、ならないのは、もったいないじゃないか。

せっかく生まれてきたのに。

 

もちろん、カオのパーツは変わりませんよ。

いくら鍛えたって。

でも、スタイルは確実に変わる。

そしてたぶん、表情も変わる。

 

自信なんて、じつはただの、肉体の問題なのではないか。

そんなことも、思ったりするのです。

「悲哀は肉体的問題である」

とも、名前は忘れましたが、有名な哲学者も言っています。

成功体験がないとか、カネがないとか、自由がないとか、トラウマとか、いろいろややこしいことを言うけれど、実際のところは純粋に体力の減衰が、そのまま自信の喪失に直接的に関わっている気がします。

 

男も女も、モテたいと思わなくなってしまったら、終わりですよね。

結婚していたって、配偶者がモテないよりもモテるほうが、きっとうれしいはず。

「どうせ逃げないだろうし」というような甘えで自分磨きを怠るというのは、ある意味相手にも失礼だ。

 

枯れてしまうのは、80歳になってからでも間に合うはず。

なにもまだ40歳の中盤で、干からびてしまう必要はないですね。

目標は、高く持とう。

もっと、ぴちぴちしようぜ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA