ぼくの「弱いところ」と陰陽論

NHKの「筋肉体操」をはじめて、まだ3日めです。

5分程度の筋トレだけど、けっこう効きますね。

たった3日だけど、すごーくよくわかったことがあります。

「ぼくの弱いところ」

 

・腹筋。

・胸筋。

これが、とても弱くなっていました。

とにかく、筋肉痛がひどいのです。

いっぽう、以下の部分は、かなり強いことがわかりました。

・背筋。

・大腿四頭筋。

筋肉体操をやっていても、全然しんどいと思いません。

むしろ「あと3セットぐらいしないと、効かないな」とさえ思う。

筋肉痛も一切出ていません。

 

しかし腕立て伏せや腹筋に関しては、たった12回程度でも、

「あかん! これアカンやつや! 筋肉切れる!」

って思うほど、きついです。

そして不思議なもので、腕立て伏せをしても、腕はそんなに疲れないのです。

とにかく、胸にくる。

 

これは、どういうことなのか。

ほとんど運動不足なぼくが、なぜ脚と背中はそこそこ強くて、腹筋と胸筋が「へなちょこ」なのだろう。

 

背中に関しては、デスクワークのおかげかな、と思いました。

パソコンに向かって何時間も作業をしていると、どうしたって前かがみになります。

前かがみになるということは、首〜背中〜腰が、常に緊張状態にあるということです。

マッサージ屋さんにいくと、必ず言われることがあります。

「背中の筋肉、すごいですね……盛り上がってます。なにか運動されてるんですか」

してねーよ。笑えるぐらい、してねーわ。

たぶんデスクワークで「鍛えられた」のだと思います。

 

脚に関しては、けっこうよく歩いているからだと思います。

ぼくが住んでいる地域はほぼ山裾で、周囲には坂道と階段「しか」ありません。

だからけっこう、脚をよく使っているんだと思います。自覚はありませんが。

 

さて、そんなぼくの筋肉の状態を「陰陽バランス」で考えると、ちょっと得心することがあります。

人体の筋肉でいうと、陰陽は以下のようになるそうです。

・背中……陽性
・胸、腹……陰性
・からだを伸ばすのに使う筋肉……陽性
・からだを縮めるのに使う筋肉……陰性

背中と腰、大腿四頭筋、腕を伸ばす筋肉が強い。

これはともに「陽性」に属するところが強い、ということになります。

いっぽう、腹筋と胸筋が弱い。

これは「陰性」に属するところが、弱い、ということになります。

 

筋肉バランスさえも「陽性」に強く傾いている。

ということがわかったのです。

 

パニック障害って、完全に「極陽性」の状態だと思うんです。

うわあああーーーーっとなって、暴れたいような感じになって、とにかくじっとしていられない。

究極的にまで、落ち着きを失った状態。

いっぽうウツは、「極陰性」の状態のように感じます。

 

ぼくの娘は一時期ウツみたいになったことがあるけれど、彼女はもともと、腹筋がけっこう強いです。

べつにとくに運動をしているわけでもないのに、けっこう腹筋は得意。

しかし背筋が弱くて姿勢が丸く、腕も弱くて、腕立て伏せが全然できないです。

からだを「縮める」ちからは強いけど、「伸ばす」ちからが弱いのです。

そして精神的には控えめでおとなしく、あまり自己主張しません。

からだのちからも、精神的にも「押しが弱い」「引っ込み思案」なところがあります。

部屋は窓を締切りカーテンを閉じるのが安心するようで、鍵もきちんとかけるタイプです。

顔がうすくて、筋肉量が少なく、猫背気味で、声が小さい。

 

ぼくと、ぼくの母親は真逆です。

「伸ばす」ちからはむちゃくちゃ強いですけど、「縮める」ちからが弱いです。

だからノコギリでも、「引いて切る」よりは「押して切る」ほうがラクです。

でかい本棚でも、本がみっちり入ったままの状態で押して動かすことができます。

からだのちからも、精神的にも「押しが強い」「前に出る」ところがあります。

部屋では、窓やカーテンはできれば一日中開け放しておきたい、家のカギもできればかけたくない、という指向性があります。

顔が濃くて、筋肉質で、反り身で、声がでかい。

 

日本人には、引く・曲げる・閉じる力のほうが強い人が、多いそうです。

ぼくとぼくの母親には「大陸型」の特性が一部あるのかもしれませんね。骨盤が前傾する傾向があります。

考えてみると、我が家系、とくに母方は「日本人独特の静けさ・大人しさ」を、あまり持っていない感じがします。

たとえば酒を飲むと異常に陽気になって、踊り始めて、騒ぐし、大声で歌うし、うるさいったらありゃしない。

「しみじみぃ〜飲めばぁ〜、しみじみとぉ〜〜おぉぉお〜」なんか、一切ないです。

しみじみ飲んで泣いている親戚なんか見たことがない。踊って笑って騒いでいるのしか見たことないです。葬式でさえ。

ノリが基本的に、ラテン系なんだよな。うざい。

九州の南のほうが出自だそうだから、南方系の何かが入っているのかもしれませんね。

 

筋肉バランスと、神経の興奮様式。

これは何か関係があるのでは、と思いました。

筋肉バランスが陽性に偏りすぎているため、陽性の不具合が出る傾向が強いのかも。

 

パニックだの、血が頭にのぼるだの、カッカするだの、落ち着きを失いやすいだの、テンションがすぐに上がるだの。

これは総括すれば「陽性すぎる」ということなのかもしれません。

 

だから思った。

「腹筋と胸筋、からだを縮める筋肉を、重点的に鍛えてみよう。」

バランスがわるいのは、やっぱりあまり良くないですからね。

カッコイイ体になるためにも、そちらを少し多めにやっていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA