日曜日は、安息日とする。

今日で筋トレ7日目です。

やっぱり、ちゃんと計画を立てれば3日坊主にならないですね。

「スケジュールに病的にこだわる」という、ぼくの性格を利用してやったんだ。

ざまみろ。

 

今回は、以下のようなスライド式スケジュールを立てたのでした。

各日、●印のあるものだけをやる。

これを壁に貼って、メニューを実行したら、赤鉛筆でマスを塗りつぶしていく。

このように腹筋、背筋、スクワットなどを別日に鍛えるようにすれば、メニューにない筋肉は2〜3日休むことになります。

うん、これでいいよね。と、思っていました。

 

しかしよくよく考えてみると……。

休みが永久にないな。

そりゃまあ、各筋肉をスライド式にやってるんだから、論理的には休みなしでも良いような気はします。

しかし、どうだろう。

こういうふうに、「詰め込まないと気がすまない」というのもまた、ぼくの性格の欠点かもしれないんだよな。

 

かつてジョギングに目覚め、ずっと走り回っていたことがありました。

そのときも、脚が肉離れしていたのに、それでも根性を出して走っていましたよ。

それも1日に何回も何回も、走る。

焦っていたんですよね。

ジョギングがパニック障害や自律神経の改善について、非常に効果が高いことを強く実感したんです。

だからうれしくなって、4ヶ月ほど休みなく、脚が痛くても、無理して走りました。

そういうことをしているうちに、せっかく良くなっていたのに、パニックや自律神経が復活してしまったのでした。

「治したい!」

この悲願のようなものが、ぼくに無理をさせるのです。

 

今回は筋トレに挑んでいますが、このことを反省しました。

思い切って、目標をすげ替えたんですよね。

治すためじゃなく、細マッチョになるために、筋トレする。

これを目標に掲げました。

だから今回のトライラルについては、パニックや自律神経はべつに治らなくてもいいのです。

それはそれ、これはこれ。

そのかわり、体重を65kgまで落とし、腹筋が割れ、細マッチョになることだけは、決して譲らないのであります。

治すために鍛えるんじゃなくて、カッコイイ体型になるために、ぼくは頑張る。

 

目的はあくまでも「細マッチョ」であります。

ならば、そのための最善の計画を立てれば良い。

とにかく頑張れば、根性を出せば、休みなく続ければ、細マッチョになれるのか?

そんなわけあるか。

20年ちかく、サボってきたんだぞ。

そうそうやすやすと、ただ根性を出したからといって、体型が変わるものか!

生き物を、なめんな。

根性や忍耐などという、幼稚なことでは、絶対に達成できない!

 

なので最初に立てた計画を、修正しました。

聖書じゃないけれども、

「7日めを安息日とする」。

ちょうど月曜日から始めたので、7日目の日曜日は、一切のトレーニングを休止することにしました

この日は、せいぜいゆっくりとストレッチするぐらいにとどめる。

ゴロゴロ、ダラダラしても可。

「腹筋ぐらいやろうかな……」は、ダメ。ゼッタイ。

安息日を挟むことで、えもいえぬ「安堵感」があります。

多少辛くても、「日曜休みだから! その日までは、がんばろう!」と思えます。

それに、いくらスライド式で部分的に論理的な休息をとっていても、人間のからだはキカイじゃないですからね。

ごっそりと丸一日、しっかり休息させることも必要だろうと考えました。

 

歩みは遅いし、ひとつひとつのメニューははっきり言って大したことはなく、正直「こんなことで大丈夫かな……」と、思わなくはないです。

でもしっかりと、筋肉痛は出ています。

ということは「効いてる」のですよね。

すべてのメニューをラクラクとこなせるようになり、筋肉痛も一切出なくなったとき、また次の一手を考えようと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA