あの怖い夏に向けて。いまがチャンスなのだ。

なるほどね。

原因がわかった。

 

春になってから、しょっちゅうパニック発作や、それに準ずる不快感がよく出るのです。

これも、筋トレをするようになってちょっと良くなったんです。

とくに昨日〜今日なんかは、とても調子が良かった。

しかし。

ここ数日は、どうも夕方あたりに具合が悪くなるんですよね。発作まではいきませんけど。

今までは、朝〜午前中がキモチワルイ、というのがありました。

その時間帯が、どうも徐々に後ろに倒れていっているようなのです。

そして、すこし寝付きも悪くなりました。

 

また法則性のない、わけのわからないことになるのか。

と思いかけて、気が付きました。

今日は夕方の5時前に、とても具合が悪くなった。

で、ふと部屋の温度計を見たのです。

 

28.5度

 

暑っ!

ぼくの仕事部屋は西日が入るので、夕方に急激に温度が上がることがあるのです。

その時間帯に、仕事がヒマでぼうっとソファに座っていたり、寝転んでウトウトしたりすると、ワアアアアアアっとなることがわかりました。

そもそも、夏によく発作が出るのです。

暑いとパニック発作が出やすくなる、これはわりとテッパンみたいなところがあります。

 

春になって、きゅうにパニック祭りになったこと。

朝から午前中にかけて、非常に落ち着きを失うようになったこと。

夕方に、とつぜん具合が悪くなるようになったこと。

いつもはとても寝付きがいいのに、最近寝付きが悪くなったこと。

 

これらはすべて、急激な気温上昇に起因していたようなのでした。

そういえば掛けフトンがまだ冬物で、そのうえに毛布までかけたままでした。

朝起きたら寝汗をかいたりしていました。

暑かったんですね、ふつうに。

 

そういえば、昨年の冒頭にたくさん走るようになって、3月ごろに、きゅうに発作祭りになりました。

これも今思い返せば、春になって気温が急上昇するようになったことも、原因のひとつかもしれません。

それまでは体温の急上昇なんかほとんどなかったのに、走るようになって、体温が急上昇することが増えた。

ついていけなかったんじゃないかな。

 

暑さに、弱い。

というか、弱くなった。

これはたぶん、自力で発熱するちからが弱くなったことで、暑さというか「熱」そのものに慣れるのが、非常に遅くなってしまったんだと思います。

よって外部気温に大きく左右されてしまい、とくに気温の急上昇に、神経がついていけないのかも。

 

ひどい運動不足で筋力が低下して、普段から「急激に体温が上がる」ことをしてこなかったからだと思うんですよね。

いくら風呂で温まっているとはいえ、ふつう、のぼせるまでは入りませんからね。

それに長風呂をするのは真冬の時期ぐらいなものです。

何より「内部から熱くなる」ことの機会が、格段に減ってしまいました。

外からじわじわ暖めるよりも、内部から温度が上がるほうが、圧倒的に速いし、暑いですからね。

運動不足、安定した気温のお部屋。

そんなぬるま湯のような環境に長いこといたせいで、神経もぬるま湯みたいになってしまったんですね。

 

あと数ヶ月すれば、また、あの夏が来ます。

いやだなあ、暑いの・・・

そんな、泣き言みたいなことを言っている場合ではないぞよ。

 

今がチャンスだ。

 

急激に温度が上昇するようになったこの季節こそ、夏に備えて、暑さへの耐性を身につけるチャンスなんだ。

内部からたくさん熱を生み出して、熱に慣れて、暑さに負けないカラダをつくる、またとない機会。

たくさん動いて、筋肉鍛えて、熱をもっと生み出そう。

 

夏の太陽に負けないよう、

からだのなかにも、太陽を。

 

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA