よけいなことを、たくさんしよう。

最近、気分的にちょっと元気になってきましてね。

春になっていろいろ具合が悪かったんだけれども、これも一種のデトックスだったのかな。

 

ちょっと元気になってきたら、いろんなことに興味が湧いてきますね。

とくに、仕事以外のどーでもいいことに、とても魅力を感じる。

たとえばこんな本に、妙に興味をそそられる。

図解入門現場で役立つ溶接の知識と技術

うわ、いらねえ。

ぼくの生活には、なーんの役にも立たんなあ。

しかし、なんだろう! いいなあ!

 

そこで気がついたんだ。

無駄が許せなくなっているときは、こころのエネルギーが切れてる。

 

この世界の8割のことは、本来どうだっていいことなんだそうです。

とっても大事なことというのは、2割程度しかない。

と、いうことはですな。

数学的に考えれば「無駄が許せないというのは、この世の8割を許せていない」といえます。

大事なことさえ、していればいい、持っていればいい。

必要なことだけ、していればいい、持っていればいい。

そんなミニマリストっぽい考え方というのは、ちょっと俯瞰的に見れば、ただの世界への拒否感に過ぎないことも多いような気がします。

元気になったら、そう見えるのです。

元気が無いときは、ミニマリストの考えが、とても魅力的に見えるものなのですけど。

 

無駄を認める包容力。

これには、そこそこ精神的なパワーが必要なようです。

いや、もしかしたら、体力なのかもしれない。

無駄なことを、神経質に排除しようと画策するということは、心身ともに弱くなってしまっているのかもしれないのですよね。

あれはいらない、これはいらない。

そんな判断を始終行うということは、この世のいらないもの探しをしているのと、結果的には同じですからね。

余裕のない会社が、いらない人材を一生懸命に探してリストラするようなものです。

 

無駄なことをどれだけ含んでいるか。

それが、人生の豊かさなのかもしれませんよね。

そもそもの話として、そこにあるモノやコトについて「不要である」と認識しているのは、自分自身です。

モノやコトに、本来は、不要も必要もありません。

ただ、そこに「ある」だけ。

なのに、そこにただ「ある」モノゴトについて、イチイチ「私にとって要か不要か」と考え、レッテルを貼ることじたいが、すでに煩悩の始まりとも言えます。

それはそれで、ある意味病んでいるのかもしれませんよね。

 

たとえば、ぼくは大変調子がわるいとき「元号なんていらない」と考えていました。

いちおうIT系ではあるので、元号のせいでプログラムがややこしくなるというのを知っている、というのがあります。

またそれ以外のことでも、通年で何かを把握するのに元号は面倒くさいところがあります。

だから元号不要論は、べつにヘンなことではありません。

 

しかしいっぽうで、精神の調子が良くなって元気になってくると、まったく逆のことを考えるようになるんですよね。

「公的な時間軸」が2種類もある国なんて、めちゃ面白れぇなあ!

やっぱ日本って、文化的に豊かだよなあ。

なーんて、思うようになる。

いいじゃねえか、元号ぐらい許してやれや、この程度でめんどくさいとか頭弱すぎるだろうが、人間小さすぎるだろうが。

ていうか、その不便を解消するためにIT技術があるんじゃないか。なんのためのコンピューターだ。

なんて、そこまで思うようになる。

 

これはどういうことかというと、結局は主観的・感情的帰結なのですよね。

本人は、論理的に要か不要かということを客観的かつ慎重に検討した結果、意志が決定されたと捉えている。

でもほんとうは、そうじゃないです。

無駄を許せる・許せないという、ただの心理的傾向と特性に影響を受けて、意思決定をしていたのです。つまり、ただの「反応」だ。

理屈なんてあとからいくらでもつけられますからね、その後付け理論を手にかざして、あたかも「論理的に帰結した」なんて言ってる。

でもじつはけっこう、根っこでは体調や機嫌に左右される程度の「心理反応」で、意志を決めてたりするんですよね。

これは「知の欺瞞」に属する現象で、有能な科学者でさえ陥るジレンマです。

 

なので、必要か不要かについては、頑固に思い込む必要はないと思いました。

論理的帰結、意志決定の発露などと捉えるのではなく「じぶんのこころの状態を示す試験紙」程度に思っておけばいい。

いらない、いらない、不要、不要。

無駄を省け、空白を埋めろ、最短距離だ、効率化だ。

最小、最低限でいい。

そういうことにこだわりはじめたときは、それが正しいかどうかを確認するまえに、気をつけたほうがいい。

おいてめえ、ココロ弱ってんぞ。大丈夫か?

無駄なことができる、ゆるせる余裕が、人生に減ってきているんじゃないかな。

と、自分に注意してあげたほうが、いいかもしれないですね。

 

だから思うんだ。

逆もまた真なり。

元気なココロでいるために、

 

よけいなことを、たくさんしよう。

 

よけいなことを一切していないから、こころがカッサカサになって、毎日がつまらんのだ。

つまらないことを、どれだけ真剣に、いっしょうけんめいにやれるか。

これこそが人間の、真の価値だと思うのですよ。

大事なことをいっしょうけんめいにやるのは、機械にでもやらせておけや。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA