いそぐバカ。いらないちからを、捨ててみる。

自律神経がおかしいのって、結局いらんチカラを多用しすぎているんですよね。

いらんチカラを使う癖があるかどうかは、朝の歯磨きでわかるらしいです。

歯を磨く時に、

・なぜか腹筋や腰に強いチカラが入っている。
・なぜか息をつめていて、呼吸が浅くなっている。
・歯磨き粉を飲み込まないためなのか、なぜかノドを強く閉じている。

こういうことをする人は、だいたい「いらんチカラを使うクセ」があるらしい。

 

あはは。まさにボクがそうです。

確かに、おかしいよなあ。

歯を磨くのに、そんなに腹筋や背筋にチカラいらないです。

息もそんなにツメなくていい。

わざと飲み込まない限りは、そんなにノド閉じなくても、歯磨き粉を飲み込んだりしねーわ。

 

結局、こういうところなんですよね。

歯磨きに必要なパワーだけ使えば良いものを、異様にたくさんのパワーを動員している。

 

「動きが速い」っていうのも、そうです。

たとえば、机の上のエンピツを取るとする。

その動きが「速い」とは、どういうことか。

A地点からB地点まで腕を到達させるために、よけいなパワーを使っているんですよね。

かつ、スピードが早いということは、それを止めるチカラも必要です。

ブレーキがいるんだ。

ほんらい、5のチカラでいいものを、急ぐせいで、10とか20とか使う。

歩くのもそう。

トイレに行くのもそう。

キーボードを叩くのもそう。

ごはんを食べるのもそう。

とにかく、切るように動く、ササっと動くクセ。

いそぐバカ。

 

動くたびにに、必要以上のパワーを発揮し、その余ったパワーを抑止するために、こんどはブレーキ用にまたパワーをつかう。

で、とうとう、こんなことを言いだすんだ。

「わたしは疲れやすい。わたしはおかしい。」

じゃかましいわ!

おまえが勝手に、余計なチカラを使っといて、さらによけいにブレーキ用のパワー使って、いっぱいいっぱいパワー浪費しといて「わたしはおかしい。」

おかしくねーわ。

あたりまえだわ。

 

息苦しい、のぼせる、立ちくらみがする、ふらふらする、あたまに血が上る。

これも、ほぼ一緒ですね。

よくよくじぶんのカラダを観察してみたら、腹筋にむちゃくちゃ力入れてるんです

リキんじゃってんの。

腹圧が必要以上にかかってるんですよね。

そりゃ、息とまるわ。のぼせるわ。ふらふらするわなあ。

胃とか、ノドとか、気持ち悪くなるわなあ。

じぶんで勝手にリキんどいて、「先生! 病気でしょうか!」。

世話ないわなあ。なにやってんだよ。

 

ウエに年長者がいない、長男長女や一人っ子に多いそうですよ。

むだにリキむやつ」。

まあ、かわいそうといえば可愛そうなんですけどね。

ウエに兄や姉がいれば、甘えることができますからね。ややこしいことは、けっこうやってくれる。

しかし長男長女は、年下の面倒をみなくちゃいけない。

もし弟や妹がケガでもしたら、じぶんが悪くなくても「どうしてちゃんと見てなかったのっ!」とかいって、親から怒られる。

チンタラしている弟や妹に「早く早く」と親のかわりに急かさなくちゃいけない。

急かすからには、じぶんも急がなくちゃいけない。

一人っ子は気楽そうだけれど、じつはずっと監視されます。

なにか失敗したらオトナからすぐにツッコミを受けて、攻撃される。逃げ場はないです。いがいと、ピリピリしてるんだ。

一人っ子の親って、我が子がひとりしかいないから、過保護というよりも厳しくなりがちなんですよね。

甘やかして自由にさせる親のほうが、たぶんめずらしいです。

で基本一人っ子は、なんだかんだいってマイペースだから、トロいんですよ。性格が。

トロいのでオトナたちから、早く早く早く早くと、毎日毎時、せかされる。

結果、長男長女と一人っ子は「いそぐバカ」になっていく。

という人が多い。

まあもちろん、家庭によって違うこともあるでしょうから、あくまで傾向としてですけど。

 

結局「責任」を問われることが多いと、そうなるらしいですね。

むだな腹筋のりきみ。

たぶん、じぶんを守りたいんでしょうね。

腹筋がリキむのは、防御のココロのあらわれなのです。

責任て、よく考えたら、理不尽極まりないのです。

さきほどの長男長女の話じゃないですけど、わざと弟や妹をドツキ回したわけじゃない。

勝手にコロンで、勝手に怪我したんですよ。なのに、

おねえちゃんなんだから、ちゃんと面倒みなきゃダメでしょっ!

知るか! ボケ。

ほんとは、そう思ってるはずなんですよね。

だけどそうもいかない。

ごめんなさい、とか言わされる。

ガキのころから、いがいとよけいなストレス食らってんすよね。おにーちゃん、おねーちゃんは。

大人でもいっしょ。

責任責任、みんなアホな顔して気楽にいうけど、ほんとはあれ、ほとんど本人に関係ないからね?

監督不行届とかいうけど、じゃかましいわ。

ミスしたの、あいつだろ? そのひと、なんにも悪いことしてねーじゃん。

 

そういうえもいえぬ拘束具が、腹筋にあらわれてるんでしょうね。

ぎりぎり、ぎゅうぎゅう、おなかをしめつける。

 

ガキのころの経験を、いまさらウジウジ言っても始まらないから、ここは一発「上位意識」を使わないといけないんでしょうね。

いらないちからは、つかわない。

いらない速さは、つかわない。

りきむな、いそぐな。

まったりいけ。

 

筋トレと一緒で、これも結局、鍛えるしかなさそうなんですよね。

ヨガしたっていっしょ。自律訓練法をしたっていっしょ。本読んだって一緒。ググっても一緒。

クセってそんなに、かんたんに抜けないんですよね。

さて、立ち上がろうか。

と思ったときに、いつもの半分のスピードで立ってみる。

トイレにいこう。そのあるき方の速さを、いつもの半分にしてみる。

キーボードを打つはやさを、いつもの半分のスピードで、いつもの半分のチカラで打ってみる。

そんなジミなことの、繰り返ししかないんでしょうね。

 

やってみると、すごいことに気づくんです。

ゆっくりやっても、結局スピードはほとんど変わらないんだな

仕事量はたいして変わらんのですよ。急いだって、ゆっくり動いたって。

あたりまえだわな。

急いでると言っても、時速100kmになったわけじゃないですもの。

 

ゆっくり動こう。

そうしたら、イキもゆっくりになって、いらん腹筋を使わずに済むかもしれませんね。

太極拳でもやろうかな。

 

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA