むねをひらけば、こころもひらく。

ものごとを、わるいほうに考えてしまう。

わけもなく、ドキドキする。

ちょっとした刺激に、ドキっ!

息苦しい。

ものがなしい気分がつづく。

 

こういうのは性格なのだ、どうしようもないのだと思っていたけど、どうやら全然ちがうみたいです。

呼吸筋の萎縮でも、そういうことになるみたい。

ソースは俺です。

 

胸、みぞおち、おなか、そのへんの呼吸にまつわる筋肉を「鍛えて伸ばす」ことをしていくと、へんな感じがなくなっていくんですよね。

呼吸筋が萎縮する箇所によって、こころのようすもそれぞれ変わる感じです。

・胸の萎縮 …… ネガティブな思考、不吉な思考、かなしみ、虚無感、寂しさ、冷酷。
・みぞおち(上腹)の萎縮 …… 恐怖。
・おなか(下腹)の萎縮 …… 怒り、拒絶。

 

とくに胸の筋肉の萎縮は、気分全体を包括する感じがあります。

なのでまずはここを開かないと、結局ネガティブな思考に邪魔されて屁理屈をこねだし、なにごとも継続しなくなる様子。

むねをひらけば、こころもひらく。

むねがゆるめば、こころもゆるむ。

 

 

デスクワークばかりしていると、じつは背中とか肩とかいうよりも、胸が閉じて凝ってしまうんですよね。

背中が疲れてくると、無意識に机の上についた腕に体重をかけてしまいます。

そうすると「小胸筋」が硬化していく。

これは呼吸筋の一種で、とくに肺の上のほうの換気に関係しているそうです。

これが硬化するということは、単純に呼吸が浅くなって、換気能力が低下する。

そうなると酸欠を起こした脳が、ネガティブな思考をするようになっていくみたいです。

(ちなみに、パニック障害による過呼吸の特効ツボは、この小胸筋の上にあります。無名穴なので名前はなく、奇穴とされているようです)。

 

やってみると、よくわかります。

胸をしっかりストレッチをしたら、ネガティブな思考がすこし取れてくる感じがする。

 

むねをひらいて、おなかもひらく。

明るく元気な生活のためには、不可欠かもしれませんね。

 

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA