「どうしたら治るか」よりも「どうなりたいか」が、いいね。

もう、ええわ。

もう、ええ。

 

ほんとに、いろいろやっても結局パニック発作のヤローは、出てくるのでありますね。

こんな野郎のために、いちいち俺様の心的リソースを費やし、いちいち落ち込んだり悩んだりするの、バカらしくなってきたぜこの馬鹿野郎。

もう、ええ。

「どうしたら治るのか」

10年以上ずっとこれをメインにしてきましたけど、もう、ええわ。

 

そーゆーアレではなくて、やっぱり「どうなりたいか」をメインにしたほうがいいですよね。

各種努力の結果、万一すっかり治ったとしても、その後になーんに残っていないのでは、あほらしい。

「治ってからがスタート」とか言ってたら、いつまでもスタート切れねえじゃねえか。

 

最近筋トレをしています。

もちろん、筋トレがパニックに効くという「触れ込み」に影響されたところはあります。

ただ、それだけでもありません。

ぼくには、理想とするゴールがあります。

 

筋トレをする人のなかには、ムッキムキのマッチョを目指すひともいます。

人によっては、そもそも筋肉をつけたくない、という人もいる。

とにかく強くなりたいという人もいれば、ダンサーのように身軽になりたい、という人もいます。

目指すゴールは、ひとそれぞれ。

 

「どうなりたいのか」

ぼくのばあいは、結局以下の条件は、できるだけ外したくないというのがあります。

・筋肉はつけたい。けど、
・ボディビルのような「見せる用」の筋肉は大きらい。オナニーみたいでキモい。
・強さは絶対ほしいけど、ただ強いんじゃなくて哲学性とかも欲しい。
・しなやかさと柔軟性は絶対にほしい。けど、
・ただ踊るだけとかは、あまり興味がない。
・柔道とか合気道、空手とかは格闘技としてはすごく好きだけど、もう少し全身を動かすのがいい。
・競争とか興味ないから、マランソンもあんまりグっとこない。

けっこううるさいなあ。なんなんだお前。

 

……けど、わかった!

ぼくの要望を完全に満たすものが、バッチリあるんですよね。

カンフーです。

こういうことなんですよね。

柔道、空手、合気道、ぜんぶ好きだけど、ぼくは関節をフルに使いたいのです

180度開脚とか、日本の武道ではあまりしませんし、必要でもありません。

柔道なんかでは、しまいにはこんなことを言われます。

あまり関節を柔軟にしすぎると、弱くなるぞ。

 

いや、まあ、そうなのかもしれないけどさあ。

ぼくは、謎でしかたがないんです。

じゃあなんで、人間の骨格は、180度近く開脚できるようになっているの?

そうしなくても強さに関係ないからしなくてもいい、そんなの、ちょっと説得力ないじゃん。

動くようにできているところは、100%動かそうよ。

ヒジを反対側に曲げるとかなら、もちろんいらないよ。そういうふうにできていないから。

でもそう動くようにできているところは、動かせるほうがいいよ。ぜったい。

って、すげー思うんだよなあ。

ぼくが柔道はじめ、武道を心底好きになれないのは、こんな理由。

「強さ」「技」を追求するがあまり、全身の機能をフルに使ってない。

 

だから、ヨガはやっぱり、結構好きなんです。全部動かすもの。

でもヨガには、決定的な問題があるんですよね。

ケンカに弱い。

あたりまえですけどね。格闘技じゃないからね。

強さが、ないんだよなあ。

でもあの全身をくまなく動かすトレーニングは、とっても魅力的です。

 

カンフーなら、

・柔軟性がかなり必要。
・筋力もかなり必要。
・運動神経もかなり必要。
・関節をフルに使う。

・けっこう強い。

全部、揃ってるんですよね。

ぼくの要望を、くまなく叶えてくれる。

で、少林寺とかになれば(日本の少林寺拳法じゃなくて)、ついでに「哲学性」までついてくるんだ。

 

どうして気が付かなかったんだろう。

こんなに「ええやつ」があったのに。

 

もう、ええねん。

治るとか治らんとか、もう、ええねん。

治すための努力とか、なんかもったいないし。

 

ゴールを「カンフー」にしてみようと思うんですよね。

まずは、180度開脚ですね。

これができないと、なんにも始まらん(そんなことないけど)。

ビョーキを治すためにヨガするんじゃなくて、強くなるために、ヨガするんだ俺。

ビョーキ治すために筋トレするんじゃなくて、強くなるために、筋トレするんだ俺。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA