ゆったり、ゆるゆる、ふんわり、のんびり。

朝の「ワーーーーーーー!!!」。

まったく原因不明なんですよね。

べつに急ぐ必要もないのに、急ぐし、あせる。だいぶマシになってきたけど。

「自律神経が……」とか言ったって、じゃかましいわなあ。

呼吸法をしようが、イメージングをしようが、どうしようもないときには、どうしようもないです。

 

さてそんなソワソワも、ある動きをすることで、結構マシになることを発見しました。

太極拳です。

見よう見まねでやっていると、ふしぎに気分が落ち着いてくる。

で、とにかく手が熱くなってくるんですよね。

こんなもん、筋トレに比べたらぜんぜん体力なんかつかわないのに、なぜかからだか熱くなってきて、しまいには汗出てきます。

筋トレは、むちゃくちゃシンドイわりには、いがいと汗はかかなかったりします。

ふしぎだなあ。

 

「ゆっくりした動き」

これはやっぱりけっこう、神経の安定によさそうですね。

ゆったり、ゆるゆる、ふんわり、のんびり。

そういえば、そういうのが、ぼくの性格に欠落しているかもしれません。

ていうか、そもそもはそういう人間だったんだけれども、社会の荒波に飲まれていくうちに、ぜんぶ消えてしまったんだ。

前にも書いたことがあるけれど、小学生のころは、チャイム鳴っても教室に帰ってきませんでしたし、

そもそも学校まで走れば30秒でつくところを、ぼくは30分かけて通っていました。いったいなにを、していたんだろう。

べつに「日本の監獄型教育システムへの抵抗」などという、そんな高尚なアレではありませんでした。

ただ、のろまで、バカだったのです。

基本的にぼーっとしていて、時間という概念があまりないガキでした。

 

無理してるんだと思うんですよね。

ぼくはほんとうは、トロい。超絶的にトロい。

でもそれをそのまま実行すると、みんなから怒られるし、ビンタされるんです。

こわいので、だんだん急ぐようになって、加速していきました。

 

そして、生きていく上ではじっさい、なんでも速いほうが、都合の良いことが多いんですよね。

速さは、正義。

そんな感じさえ、します。

ごはんを食べるのも、起きるのも、寝るのも、はやいほうがいい。

仕事も、はやく終わらせるほうが優秀といわれる。

リアクションも、あたまの回転も、速いほうがいいといわれる。

レストランも、注文してから料理が出るのに、速いほうが喜ばれます。

Amazonも、翌日配送で売上をあげています。

クルマも、バイクも、パソコンも、自転車も、「はやい」ことを、ウリにしています。

 

なにをそんなに、急いどるねん。

あほとちがうか。

 

よくかんがえたら、小学生だったころのぼくのほうが、むしろ正常だったような気もするのです。

学校なんてものは、べつに必ず行かなくたって、ほんとうはいいんですよ。

チャイムが鳴ったら必ず教室に戻るとかも、べつにしなくていいです。

先生は困るだろうけど、ほっとけばいいよ、そんなトロいバカは。べつに危害は与えないんだから。

ごはんを食べるのも、そんなに急がなくていいです。

そんなに急いで移動しなくていいです。

いそぐのは救急車と消防車とパトカーだけでいいです。

 

高速教」というカルト宗教に、洗脳されているんだと思うんですよね。

速いことは善であり、義務であり、神である。

遅いことは悪であり、怠惰であり、悪魔である。

戒律には「のろまであるべからず」などと書いてある。

 

なにをそんなに、急いどるねん。

あほとちがうか。

 

自律神経失調症も、パニック障害も、「高速教」という邪教の毒素だと思うんだな。

一種の時間病だ。

いいんだよべつに。治さなくても。死なないんだから。

なのに「いいや! こんなものはできるだけはやく、できれば瞬時に、完治させるべきであーる!」などと思う。

ガキのころから急かされて育ったせいで、そんなふうに思ってしまうんでしょうね。

こんな病気は「急ぐ病気」なんだから「はやく治そう」と思うことは、かえって害悪になる。

なのに、急ぐ。

急ぐ、焦る、考える、がんばる。

 

話はかわるけど、家のズボンのゴム紐を、全部取ってやったんだ。

ワイルドだろぉ?

そのかわり、ヒモで結ぶようにした。

「むすぶひとてま」ぐらい、ゆるしてやろうよ。

人生なんかどうせ壮大なヒマつぶしなんだから、急いじゃったら最後に時間をもてあまして、アタマおかしくなっちゃうよ。よけいなことしだすよ。

めんどうなこと、時間がかかること、急いだらできないこと。

そういうのももうすこしだけ、大切にしてあげたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA