死ぬ夢は、大吉なんだそうだ

ああーん、怖かったようっ!

とまたカマっぽく叫びそうになるぐらい、怖かったです。

自分が死ぬ夢を見た。

 

ものすごくリアルで、夢の中でぼくは覚悟をしたのです。

「本当に死ぬとは、このような感覚なのか」

原因はあんまり覚えてないのですが、とにかく死んじゃうことになって、友人なんかに別れを告げるシーンなんかもあって、それはそれは「どリアル」でした。

徐々に意識が遠のいていき、手足の感覚が麻痺していって、「からだのなかの光」がアタマのほうに上昇してき、それが頭頂から抜けていく。

しかし何度か「失敗」をして、死にきれないということがありました。

しかし何度めかにやっと成功して、ぼくは転生までするのでした。

その際に「次の生ではなにをするのか」というミッションまで決めさせられたりして、でもそれがなんだったのかは覚えていません。

で、転生した先でもまた、ぼくはまた死ぬことになったのでした。

同じように、また、死の感覚をおさらいするのです。

とても怖くて、寂しくて、不安で、いたたまれない気持ちでした。

 

あまりにリアルすぎたので、目が覚めたときに違和感さえありました。

ここはどこだ!

ベッドの上で、ぼくは混乱しました。

夢だった、ということにさえ思いが至らないほどでした。

時計を見たらちょうど2時ジャストで、ようやく「ああ、あれは夢だったのか」と気が付きました。

「なんだ夢かー、あーよかった」

……とは、なりませんでした。

あまりにも生々しくリアルだったので、それからもしばらく震えと動悸が止まりませんでした。

眠ったらまた死ぬのではないかという恐怖さえあり、寝ようと思えませんでした。

とかいいつつも、結局は1時間ほどしたら、眠ってしまいましたが。

朝はふつうに目が覚めました。

 

最近、朝起きてから午前中の間は異様にのぼせたり、いらいらしたり、不安になったりということが続いていました。

もう2ヶ月ぐらい続いているんじゃないでしょうか。

しかし今朝は、そういうのがほとんどありません。

あの「死の感覚」があまりにも強烈だったので、なんだかそういうのが、ナリを潜めてしまったというか……。

体調そのものは良いのだけれど、若干の不安……いや、不安というか、なんだろう「ブルーな気持ち」というほうが良いでしょうか。

あるいは反省した気持ち、とでもいうか。

そんなのが、しばらく残っているのでした。今でもすこしあります。

それぐらい、強烈だった。

 

ぼくはパニック障害持ちなので「もう死ぬかも!」という感覚は、いやというほど何回も経験してきました。

でもあの夢の感覚に比べると、やはり発作で感じるあの死の感覚は本物ではないんだな、とさえ思えました。

夢の中とはいえ、ほんとうにあきらめ、死を受容した。

今朝から妙に神経が落ち着いているのは、この思いも多少関係しているのかもしれません。

発作、あれは偽物だったんだ、という思い。

 

心理学的には、自分が死ぬ夢は「過去の自分との決別」を意味するんだそうです。

だから夢としては、吉夢に属するようです。

スピリチュアル系でも、自分が死ぬ夢は最大吉夢である、というのが多いみたい。

そのへんの記事を読んで、すこしだけ安心しました。

 

朝そんな話を娘としていたら、

「私も昨日はなぜか寝付きが悪くて、3時ごろまで眠れなかった」

と言っていました。

おわ、なんかキモチワル。

とも思ったのですが、まあ今は季節の変わり目で、なんかそういうのがあるのかもしれませんね。

とくにぼくの場合は2ヶ月ほど前からお酒をやめたりして、どうも肝臓はじめ諸機関が「自己治癒」に励んでいる感じがしています。

春って解毒の季節なので、もしかしたら「夢で心の毒素を燃焼している」ということも、あるのかもしれません。

 

この昼ぐらいの時間になって、ようやく「ああ、夢でよかった」なんて思い始めました。

いやはや、こんなに疲れた夢も久々でしたわ。

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA