ぼくには、競争がたりない。

やっぱ調子悪かったんだなあ。

ここ半年ほど、ぼくはなんだか「枯れた仙人」みたいなことを言ってたと思う。

競争なんて良くない、とか、頑張ることはダメなことだ、とか。

勝った負けたなんて、どうでもいいとか。

 

まあ確かに「競争ばっかり」というのは、あまりよろしくはないと思う。

でも「競争は悪いことである」というのでは、ありませんね。

どう考えても。

競争には「良い競争と悪い競争」があり、また行き過ぎた競争意識というのはよくない。

また、競争には良い面と悪い面がある。

というだけの話です。

だから「競争というものが原理的にダメである」ということには、絶対にならないのですよね。

競争というのは精神的にレベルが低いということにもならない。

むしろ「競争と言うものじたいが原理的にダメである」と考えるほうが視野が狭く、幼稚で、低級であるといえます。

バカが考えることだ。

どんなものごとにも、良い面と悪い面がある。

行き過ぎたら、どんなことでも悪くなる。

ただ、それだけのことです。

 

この春先から続いている、午前中の、のぼせや手足の冷え、不安感など。

これらは疲労や背中のコリなんかも関係していると思うけど、たぶんやっぱり「男性更年期障害」だと思うんですよね。

エロいこととか、あんまり興味なくなっちゃったし。

競争はよくない、とか言い出したし。

頑張るのはよくない、とか言い出したし。

自分でそう思うと、その考え方が正しいような気がしてくるけど、客観的に見てみたい。

ぼくはまだ40代中盤なのです。

 

早えよ

 

まだ、早すぎるよ!

そういうことは、70代とかぐらいになってから言うことなんじゃないの。

40代でそういうこと言い出すのは、いくらなんでも早すぎると思う。

競争ということから完全に身を引いてしまって、必要がないから、男性ホルモンが出なくなってしまったのかもしれません。

 

どうして、こうなったか。

じつは、ものすごーーく思い当たることがあるのです。

ぼくはパニック障害を患ってから個人事業主になりました。

「会社に行く」ということじたいが、非常に困難になってしまったからです。

仕事自体は、全然できるんです。でも出勤ができない。

しかたなく、在宅ワーク主体の自営になったのでした。

 

こうなると「競争」という概念が、人生からほぼ完全に一掃されてしまうんですね。

お客さんは付き合いが長い方が多いので、「ほかの誰かと競争して」仕事を勝ち取るということはないです。

それにコンペとかは、いくらお金を積まれても絶対に出ません。無駄だし、危険が伴うから。

 

ぼくの人生には「リスク」というものが、もうなくなってしまったんです。

丁寧に、安全に、労少なく、そのかわり大儲けしようとは考えず、地道に、コツコツと歩んでいく。

そう、これはこれで、悪いことではないのです。

しかし、過ぎたるは及ばざるが如し。

まだ若造のくせに、リタイヤしたジジイみたいな生活を続けてきたせいで、男性ホルモンが「ビタァァァッ」と止まってしまったんだと思う。

 

毎日、とても平和。

争うことも、競うこともない。

とくに大きな問題を抱えているわけでもなく、これといったストレスもない。

なのに、毎日がつまらん。

体調がいつも悪い。

 

平和すぎることが、ストレスになっているんですね。

 

……なんという贅沢なことを!

そういって怒られるかもだけど、しかたがないです。

人間というものは、男というものは、戦うために生まれてきているからです。

これは哲学とか思想とか、そんな「しゃらくさいもの」は関係ないです。

生物学的に、オトコは戦うように、できている。

だから男には男性ホルモンがあるし、強い筋骨があるし、理論的な思考にも強い。

牙を抜かれたら、もう老人同然になってしまうんだな。

男から競争を奪ったら、灰色の人生になってしまうんだ。

 

競争しよう!

なにを、どう、というのは全然わからないけど。

「1番になりたい!」

「強くなりたい!」

「勝ちたい!」

この気持は、死ぬまで持っておきたいですね。

 

あきらめるのは、最後の手段にとっておいたほうがいいです。

普段からあきらめを連発していると、いざというときに、正しくあきらめられなくなるから。

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA