お酒をやめたら、やっぱり痩せます。

大酒飲みだったころ、ぼくはこんな都市伝説を信じていたのです。

お酒では太りません。太るのは、お酒と一緒に食べるおつまみで太るのです。

 

うそつけ。

 

身をもってわかったけど、大嘘ですね。

お酒にはカロリーはほとんどないし、あっても「エンプティカロリー」だから、お酒では太らない。

お酒によって食欲が増進され、それでつい食べすぎてカロリーオーバーになり、太るのである。

だれがこんなことを言ったんだろう。

 

2月下旬から、6月1日の今まで、一滴も飲んでいません。

で、食事量も一切変えていません。

そもそもぼくはお酒がほんとうに好きなクチなので、おつまみ不要のヒトなのです。

それに数年前から外出恐怖になっていらい「飲みに行く」ことは全くしていません。

だから食事量は変わってない。

むしろ、最近は果物とかをよく食べるようになったから、食べる量は増えたぐらいかもしれません。

 

2月下旬・・・73kg

6月1日・・・66kg

ていうか、2月がちょっと太り過ぎだったんですけどね。

正月太りが続いていたんです。

お酒をやめただけで、4ヶ月で7kgほど痩せました。

そして、ここがすごく肝腎なところなんだけど、運動はとくに何もしていません

毎晩ヨガはしているけれど、これはもう4年ぐらいやってます。

食事量も変えてなくて、内容もとくに変えてなくて、運動もとくにしていない。

お酒をやめただけで、適正体重に近づいてきました。

そして、脂肪の落ち方がちがいます。

おなか周りは当然として、アゴの下とか背中とかの脂肪が落ちていきます。

このへんは、お酒を飲んでいるとなかなか落ちないのです。

 

そもそもぼくは、体質的に太りにくいのです。

太っても、すこし運動をすれば痩せていきます。

そんなぼくが、必ず太るのは、お酒をよく飲むときなのです。

 

思うに、お酒には「吸収力アップ」の効果があるのではないでしょうか。

同じ量のものを食べても、肝臓がエネルギーを必要とするので、普段よりいっぱい栄養を吸収する。

しかし吸収しても全部使い切るわけでもないので、余ったエネルギーは脂肪として蓄積されていく。

そんなメカニズムのような気がします。

あと、ふつうに「むくむ」ということも考えられますね。

全身が、むくんじゃってんの。

アゴの下の脂肪、あれは「むくみ」だったかもしれませんね。

ただの炭酸ジュースなら、2缶もいっぺんに飲めません。

しかしビールなら、かんたんに飲めてしまう。

水分摂取量はハンパないと思うんです。

 

ぼくは大酒飲みだったけど、お酒をきっぱりやめた。

だから強く思うことがあります。

お酒に関する医学的な見解は、ウソが多い。

たとえば、「ちゃんぽんするとよく酔っ払う」というのは酒飲みの間では当然なのですが、医者はこう言うんだ。

「アルコールの摂取量が問題なので、混ぜたかどうかは関係がありません。量が同じだと本人が思っているだけで、ほんとうはたくさん飲んでいるのです」

バカか。

どこを、どうしたら、そんな話になるのか不明なんですけどね。

やってみたら、イッパツでわかるよ。

ビールにウィスキーをちょっとだけ混ぜて飲んだら、そりゃもう、べろんべろんになれます。

ビールが残り少ないけど酔っ払いたい時は、よくやってました。

その昔、貧しい肉体労働者の間では「ばくだん」という、赤玉ポートワインに粗悪な焼酎を混ぜたものがよく飲まれていました。

これも少ない量でたくさん酔っ払うために編み出された「ちゃんぽん」なんですよね。

おそらく、お酒に関しては、まだ医学でわかっていないことがたくさんあるんだと思います。

複数の種類のお酒を混ぜて飲むと、何らかの内臓的・神経的な変化か、あるいはアルコール吸収率の変化などがあるのだと思います。

あるいは、アセドアルデヒドの発生量が非常に多くなるなどして、擬似的に酔っ払ったような錯覚になるなど。

 

お酒の「エンプティカロリー説」も同じですね。

たぶん、本読みながら机の上で計算しただけなんだと思う。

やめたらわかるよ。マジですげー痩せるから。

ぼくは手帳にその日食ったものを全部書いているから、食った量が変わってないことは間違いないです。

スマホに運動履歴も残っているから、運動量が増えてないことも数字で残ってる。

ぼくのまわりにも、そういう人は何人もいます。

 

お酒をやめたら、かならず痩せる。

今回、しっかり勉強しました。

 

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA