塩水って、なんかあるよね。

久々に「塩風呂」に入ったんですよね。

そしたらものすごく、気持ちよかったです。

やっぱたまには、塩風呂いいね。

 

ずいぶん昔ですけど、なんとなくフト思いついて風呂に塩をブチこんでやったんです。

粗塩を、お相撲さんみたいにひとつかみして、風呂桶にバサー。

よくかきまぜて入ったら、からだじゅうポカポカして、すごく温まったんですね。

バブとかの比ではありません。どんな入浴剤よりも、あったまる。

で、湯冷めもあんまりしないんです。

冬がいちばんいいけど、夏もいいんです。

夏ってどうしても、なんか全身がヌメつく感じがあります。

不浄な感じがある。

これまた塩風呂にはいると、スカー! とするのです。

 

なんかこういうことを書くと、スピ系のナニガシみたいでちょっと不本意なんだけど、やっぱり思う。

塩って、なんかあるな

と。

歯肉炎とかも、粗塩で歯磨きしたらけっこう治るんですよねえ。

ちょっとした風邪っぴきなら、濃い塩水でうがいしたり、鼻うがいしたら治ることもあります。

とにかく、なんか調子わるかったら塩とか塩水でなんかしたら、よくなることが多いです。

ふしぎ。

 

科学的には、塩水の電解質が皮膚や粘膜に作用したり、殺菌効果があったりして、良い効果があると言われているみたいですね。

昔の人も、生活のなかで発見したんでしょうね。

塩を使ったら、なんかいろいろ具合がいいぞ。

神棚に塩を盛るのも、聖水が塩水なのも、そんなことから習慣になったのかもしれませんね。

塩には浄化作用があるんじゃないか、って。

 

あるね。

ちょっとしたモヤモヤ感なら、塩風呂でけっこうスカっとする。

よく考えたら塩風呂って「海に入ってる」のとよく似てるんですよね。だいぶ薄いけど。

生命の根源は海にあるというし、人間の8割は塩水でできてるともいうし、塩水ってなんかあるんでしょうね、ほんとうに。

 

塩風呂は気持ちいけど、毎日はよくないらしいです。

塩って思ったより刺激が強いから、お肌を傷める場合もあるそうです。

あと、湯船もいたむ。

あんなに薄い塩水だから、週に1回ぐらいならどうということはないんでしょうけど、チリも積もれば山となる。

どんなことでも「毎日」はいけませんな。

健康にいいことでも、毎日やったら、毒になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA