規則正しい生活をしても、パニック障害は治らない。

もう思い切って言わざるをえません。

規則正しい生活をしたって、パニック障害は治らないよ。

と。

 

まあ、ぼくの生活を見てくださいよ。

 

・朝5:30起床

・5:30〜6:00 散歩、ジョギング、掃除など

・6:00〜6:30 朝食

・6:30〜12:00 仕事

・12:00〜13:00 昼食、休憩

・13:00〜15:00 仕事

・15:00〜17:30 自由時間、勉強、運動など

・17:30〜18:00 夕食

・18:30〜19:00 お風呂

・19:00〜19:30 ヨガ

・19:30〜21:00 読書等

・21:00 就寝

 

このルーチンを、もう3年以上やってます。

で、これ以外に注意していることは、

 

・食事は腹八分目、野菜を多めで、肉もたまに食べる

・間食は原則とならい、とったとしても果物やナッツ

・仕事中にもたまにストレッチなど行う

・19:00以降は、パソコンやスマホなどは触らない

・お酒は完全にやめた

・午前中の日光をよく浴びるようにしている。

 

どうだばかやろう。

 

ここまでキチっとやっていても、治らないんですよね。

パニック障害とか自律神経失調症は。

 

病院の先生、本、ネット、ヨガの先生。

神経の調子がわるい人に対しては、みんな一様にこう言うのです。

「規則正しい生活をしなさい」

 

うそつけ。

ぼくはやっと、気がついたんだ。

なぜ「規則正しい生活」を患者に提案するのか。それは、

 

説得力があるから。

 

ただ、それだけ。

 

ふつうの社会人や学生だと、どうしても生活が不規則になってしまうんですね。

そりゃそうです。

自分の都合だけでは生活できないから、若干は生活が乱れるんですよ。

 

社会人なら残業や飲み会もあるだろうし、若い学生なら勉強はもちろん、部活や友人たちとの遊びとか、いろいろあります。

だからどうしても夜遅くなってしまったり、食事の時間がバラついたりすることがあります。

ほとんどの社会人や学生は、不規則な生活になりがちなんです。

そして患者の多くは、社会人や学生です。

だから「規則正しく生活しないさい」といえば、「そうかもしれない」って思うんですよね。

とくに弱っているときだから、よけいにそう思う。

 

考えてみれば、不規則な生活を送っているということは「生きている証拠」ともいえます。

毎日おんなじ時間に寝て起きて、おんなじ時間にメシ食ってウンコして。

囚人かっつうの!

それは、生きているとは言えないよ。

閉じ込められている、っていうんだ。

 

それにそもそも「不規則だと体調を崩す」ほうが、生物としてよっぽどおかしいです。

今でこそ、ぼくたちはいつでもメシが食えます。

しかし自然の中では、いつ食い物にありつけるか、わかったものではありません。

だから野生の動物たちは「朝食は7:00」とかないんです。

へたしたら、何日も絶食しなくちゃいけないときもあります。

それでも彼らは、とっても元気です。

生き物に、規則性はほんとうに必要なのか?

もうちょっと、ちゃんと考えたほうがいいかもしれません。

 

ただ規則正しい生活をして、仕事も過労にならないていどにすれば、からだは確かに楽です。

肉体的ストレスの軽減ということでは、とても意義があると思う。

しかし、ではなぜ、規則正しい生活を何年も送ってもいっこうに良くならないのか?

 

これはもう、こう結論づけるしかないです。

パニック障害や自律神経失調症は、全然別のところに原因がある。

 

以下は、ぼくが勝手に推測したことです。

お医者さんが良いという、規則正しく、バランスのとれた食事や運動習慣を行えば、どうなるか。

からだが元気になっていくはずです。

もっといえば、エネルギーが余ってくる。

しかし、規則正しい生活をずっと送っていると、そのエネルギーの発散をするヒマがないのです。

「時間」に拘束されてしまうから。

そうなってくると、エネルギーバランスがおかしくなってくるのではないでしょうか。

余剰エネルギーが増えていってしまうのではないか。

 

あの、原因不明の、いらいら、そわそわ。

これはもしかして、体のエネルギーと精神のエネルギーのバランスがおかしくなっているからじゃないのか。

 

規則正しい生活は「からだのパワーアップ」が可能です。

しかし残念ながら、「こころのパワーアップ」はできないんですね。

あたりまえだ。

だって、つまんないんだもの!

 

夜の9時には布団に入りますとか、病気の老人か!

なにやってんだよ!

もっといろいろ、やることあるだろうが!

 

からだはどんどん元気になっていくのに、こころはどんどん、しぼんでいく。

この逆ざやが、あのヘンなイライラとかソワソワの原因なんじゃないかなあ。

 

ま、わかりませんけどね。

でもひとつだけ、言えることがあります。

規則正しい生活は、ものすごくつまらん。

こんなことを長年やり続けたら、ぎゃくにココロを壊すと思います。

 

生きるって、そういうことじゃないんだ。

毎日毎日同じ時間に寝起きするのが、生きるということじゃない。

規則正しいのは「不自然」ということを、もっと意識したほうがいいです。

自然は、不規則なんですよね。

おおきなおおきな規則性のなかに、不規則がぎっしり詰まってる。

それが自然の素顔。

 

毎日毎日、時間どおりの生活をするなんて、それは人間の生き方じゃない。

時計の生き方だ。

変化に強いからこそ、生き物です。

規則性を失ったから壊れましたじゃあ、もう生き物とはいえないよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA