理由なんてどうでもいいから、歩け。

べつに実験というわけでもないんですけど、ここ1ヶ月ぐらい、あまり歩いてませんでした。

梅雨に入ったのもあるし、ちょっと風邪気味だったりして、あまり外に出なかったのです。

基本的にずっと家にいて、仕事していました。

 

朝から午前中にかけて、ものすごくのぼせる。

ここ1ヶ月ぐらい、それが続いていました。

男性更年期障害かなあ、自律神経失調症が悪くなったかなあ。

あるいは、あまりひどいときには「祟られているのではないか」とさえ思いました。

だってぼくとぼくの母親だけが、ずっと調子がわるいんですもの。

 

なんのことはない。

なにが祟りじゃ。

そうではなくて、ずっと家にいてあまり歩かなかったことが原因でしょうね。

ことしの3月以降かなり自律神経の調子が悪くて、とにかくイライラ、そわそわするようになったんです。

アタマもすげーのぼせるし。

そんなことなので、ただでさえあまり家を出ないのに、よけいに家に引きこもるようになってしまっていたんですね。

 

それまでは、なんだかんだいって1日に6000〜8000歩は歩いていたんです。

iPhoneのログを見てみると、ちょうど体調を崩したあたりから今まで、1日に2000歩ぐらいしか歩いてないんですわ。

まああれだけの不調で外出じたいが怖くなってしまっていたから、しょうがない部分はあります。

けれど、ちょっとヒドすぎたと思う。

 

人間は、歩かないとダメになる。

 

これはもう、テッパンなんですよね。

自分自身でもそう感じてきたし、近所のご老人がたを見ても、みんなそうです。

ぼくが住んでるエリアは老人が多いんだけど、元気なご老人は、もうとにかく、よく歩いてます。

「元気だから歩ける」っていうのももちろんあるけど、そういうひとたちは「多少しんどくても歩く」のですよね。

ぎゃくにあれこれ理由をつけて歩かなくなり、クルマやバイクで移動しはじめたら、みんな速攻で寝たきりになってる。

杖ついてでも、遅くても、いっしょうけんめい歩いているご老人はみんな元気です。

 

ぼくの父親が、元気な老人の典型です。

ぼくとぼくの母親はとにかく最近神経の調子がわるい。

でも親父だけは、ものすごく元気。

イヌの散歩には1日に2回行くし、坂道を歩いて15分ほどにあるスーパーに、毎日買い物に行きます。

暑かろうが、雨がふろうが、ちょっと風邪引いてようが、関係ない。絶対に行く。

 

■ ぼくが歩かない理由

・パニック発作がでそうで怖いから。
・のぼせてイライラして、不快感が多いから。
・熱っぽいから。

 

■母が歩かない理由

・トシだから。
・フラフラするし、しんどいから。
・足が痛いから。

 

 

じゃかましいわ。

理由なんてどうでもいいんだってば。

 

そんなこと言い出したら、負のループにはまって歩かないに決まってんだよな。

 

歩かない→体力低下→血流不良→ストレス蓄積→神経の異常興奮、過敏→強い疲労感→歩かない

 

この「輪廻」は、どっかで切ってしまわないといけません。

不動明王の倶利伽羅剣で、バチコーン!とぶった切らないといけないんです。

 

親父が元気なのは、逆に以下のようなループです。

よく歩く→体力が落ちない→血行が良い→ストレスが溜まりにくい→神経が異常に過敏にならない→疲労感もそんなに強くない→歩ける

 

理由なんてどうでもいいんだチキショウ。

 

言い訳しだしたら、もう終わりなんですよね。

あれが怖い、これが怖い。

あそこが痛い、ここが痛い。

やる気が起きない、元気がない。

雨が、暑さが、寒さが、風が。

動悸が、ふらつきが、パニックが、のぼせが。

 

うるせえなあ。

 

そういうことを理由に歩かなければ、また体力が落ちて、血行悪くなって、過敏になって、神経はおかしくなる。

 

何も無理しろってんじゃないんですよね。

ダメだ、って思ったら、すぐ帰ればいいんだ。

しんどかったら、途中でやめたっていいんだ。

で、またもう一回出直したらいい。

べつに1時間連続で歩かなきゃいけない、1万歩あるかないといけない、なんていうルールはない。

小分けで、分割で、歩ける範囲で、全然問題ないのに。

 

ぼくはとにかく、歩かないとダメみたいです。

とにかく、今のところ脚足には一切問題がないのです。

むしろいちばん元気な部位でもある。

せっかく元気な脚足があるのに、歩けば健康になることがわかっているのに、それでも歩かないなんて、バカがすることだ。

パニックとか恐怖症とか、知るかボケ。

「歩かなければ治る」ならいいけどね、まったく関係ねーし。

ていうかむしろ、悪化するし。

 

歩こう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA