首を隠すと神経が安定するのは

なんだろう。

なんとなく首にてぬぐいを巻いてみたら、妙に安心するんですけど。

で、あの自律神経系失調っぽい諸症状が、すこしだけマシになる。

なんだ?

 

まあ気のせいかもしれないですけど。

ただちょっと心あたりがあるのが、ぼくは首が妙に長いんですよね。

冗談じゃなくて、首の骨がひとつ多いんです。

身長のわりに首が長くてなで肩だから、小学生のころのあだ名は「とっくり」でした。

あるいはマッチ棒、あるいは宇宙人とも呼ばれていました。

 

首が長いということは、弱いということでもあります。

高校生のころ、柔道の練習中に首をやってしまって、「上を向くと世界が光り輝く」などという、オカルティックな病気になったこともあります。

病気っていうか怪我かな。

レントゲンをとってみると、首に神経節ができていて、それが視神経に刺激を与えて瞳孔が開くのだろう、という話でした。

まあこれは、数ヶ月で治りましたけど。

 

パニック障害だの、自律神経失調症だの。

ぼくがこういった神経系の不具合によくさいなまれるのは、案外首への負荷というのあるかもしれません。

人より長いぶん、弱いのは事実なのです。

また首コリなどでパニックになるという話はよく聞きます。

 

首に手ぬぐいを巻くと、ほんとになんか、落ち着くんですよね。

こころも神経も。

エアコンで首が冷えている、というのもあるのでしょうか。

冬は案外調子いいのは、とっくりセーターばっかり着ているというのもあるのかなあ。

ぼくはハイネックのセーターしか冬は着ないのです。

あと最近は仕事中にワイシャツとネクタイをする、ということもしています。

そうすると妙に調子が良いんですけど、これは緊張感云々だけじゃなくて、単純にネクタイで「首を守っている」からだったりして……。

 

英語でも弱点のことは「ネック」って言ったりします。

首は人間の弱点であることは間違いないんですね。

5kgもある重たいアタマを支えるにしては、首は構造上ちょっと弱すぎるという話もあります。

女性に自律神経失調症やパニック障害が多いのも、単純に首の筋肉量が少ないだけだったりして……まさかな。

 

弱点を、布でもいいから、隠しておく。

これは案外心理的にも安心感があるのかもしれませんね。

それに首はあまり冷やさないほうがいいっていう話もあるし、日頃からスカーフやバンダナなんかを首に巻いておくのは、悪いことではないかもしれません。

夏はとくに、腹巻きよりも、首巻きのほうが大事なのかも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA