おとなの10代、20代

なるほどな。

そういうふうに考えると、なんか前向きになれる

っていうのは、たくさんありますね。

まあ姑息と言えば姑息だけど、べつにいいじゃねえか。

 

馬場俊英さんの「人生という名の列車」っていう歌詞が面白いのです。

 

三十代は大人の十代 青春を繰り返すような時が流れて
家族が増えて 生まれ変わった夢もある
大人になった子供たちはみな 不器用な旅人だけど
「いつか僕のチャンピオンベルトを必ず腰に巻いてやる」
誰だって 押し入れにしまえぬ想いがあるさ

 

「三十代は大人の十代」

まあ、屁理屈なんですけどね。

でもなんていうか、なるほどな、と思いました。

 

だからぼくはまだ「大人の二十代」というわけです。

なんだ。

まだ若造じゃあねえか。小僧め!

そう思うよね。

もうちょっといっても、まだ大人の三十代なんだなあ。

 

40代になってくると「もう人生の半ばを越えた感」「最盛期は過ぎた感」を感じてしまうんですね。

これは、更年期障害の症状のひとつでもあるんです。

ぼくは思うんだけど、「更年期障害の症状で」→「最盛期は過ぎたと感じる」のではなくて、むしろ逆なんじゃないかなあ

「最盛期は過ぎた」と思うからこそ、更年期障害になっちゃうんじゃないの。

更年期障害って、女らしい・男らしいひとがなりやすい、っていう話もあるんです。

もともとホルモンが多い人、ってことですね。

そういう人って、ホルモンが減ったときの「減った感」が、ものすごいんだそうです。

だから「最盛期を過ぎた感」がヒトシオだっていうのもあるかもしれませんね。

そう感じちゃったから、精神的にもショックを受けて、いろんな不具合が出まくるのかも。

ま、もしかして、ですけどね。

 

なんかこう、世間一般ていうか常識っていうか、そのへんのアレでいくと「40代はもうオッサン・オバハンである」という定義みたいなのがあるんですね。

いや、まあ、それはそれで合ってるんですけどね。なんにも間違ってない。超合ってる。

だけれども、この「合ってる」はあくまで「医学的に見て」なんですよね。

でも人間は、べつに医学的な存在ではありません。

生物的、社会的にも、ぼくたちは「人間」です。

だからまあ屁理屈と言えば屁理屈なんだけど、「40代は大人の20代」っていうのは、あながち間違ってないともいえるんですよね。

社会的存在としての人間は、20代っていうのはまだまだガキであることは確かです。

だから40代でもう完成地点を過ぎているというのは、ちょっとエラソーすぎる考え方ではあります。

 

映画「インフェルノ」でも、イルファーン・カーン氏演じるハリー・シムズが言ってましたよね。

やっぱり人間は35才ぐらいにならないとダメだな

なんか腑に落ちるんだよなあ。

自分のことを振り返っても。

 

「更年期を迎えたらもう終わり」とかでもないんですよね。

あるいみ、更年期の年齢なんてまだまだクソガキなんですわ。はなたれだ。

35歳ぐらいと55歳ぐらいの2回にわけて、人間って完成していくんじゃないのかなあ。

前者は生物学的な意味で、後者は社会学的な意味で。

 

じぶんの親父を見ていても、思うんですよね。

もう80近いですけど、元気元気。

そういうのを見ていると、40代50代なんて、ぜんぜんまったくガキだなあと思います。

あと、半分も残ってるんだぞ。

なのにまだ半分行くか行かないかぐらいのことろで「もう勝負ついたな」とか思ったり、守りに入ったり、悟ったみたいなこと言うのって、勘違いも甚だしいんですよね。

なにをこんなところで、息切れしてんだばかやろう。

後半から調子出てくるやつだって、いっぱいいるんだからな。

 

40代は、おとなの20代。

50代は、おとなの30代。

ていうことはつまり、まだまだ社会勉強が必要です、ってことだ。

まだまだ知らないこと、経験していないことは、やまほどある。

なのにもう長老ぶって、この世のことを知ったような顔をするなんて、傲慢にもほどがあるね。

20代、30代で何をしたかによって、その後の人生が決まる。

あきらめてる場合じゃないぞ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA