「前傾チルト」に助けられる

きのうから、むちゃくちゃ腰が痛いのです。

べつにきっかけは思い当たらないんだけど、これはもうギックリと言って良いと思います。

歩けなくなるぐらい痛い。

湿布を貼っても、あっためても治らない。

 

そもそも腰はあんまり良くなかったんです。

高校生のころから、ずっと腰痛持ちです。

でもどういうわけか、パニック障害になってから腰痛の頻度が減っていったんですよね。

ここ最近は「午前中に異様にソワソワしてイライラする」っていう症状が出ていたんだけれども、これが出ている間は腰痛は皆無になります。

ていうかここ2年ほど、ほとんど腰痛はなかった。

へんな話だけれども、腰痛が出ている間は神経のほうはけっこう落ち着いていて、腰痛がなくなると神経が不安定になることが多い。

なんじゃそら。へんなの。

 

さておき、ちょっとホントに痛い。

椅子に座っても痛いから、仕事できないんですよね。

個人事業主であるぼくにとっては、これはまずい。

でも幸い、助かったことがあります。

先月奮発してアーロンチェアを買ったんですけど、この椅子の「前傾チルト」を使って座ると、すこし腰痛がマシになるんです。

前傾チルトというのは、座面が前に傾く機能ですね。

 

ほんとに全然違うんです。

前傾チルトを使わないで座ると、思わず叫んでしまいそうになるぐらい痛い。

ちょっとマウスを動かそうとしただけで、

はうううっ!!!

と叫んじゃう。

なのに前傾チルトにすると、座れちゃうんだなあ。あんまり痛くないの。

作業してても、痛くない。

腰痛になって改めてわかりましたけど、デスクワークってマジで腰にわるいぞ。

 

腰痛になっても仕事ができちゃうアーロンチェアってすごい!

と思ったけど……。

腰痛の時ぐらい仕事休めばいいのに、ともいえる。

痛みはカラダからの「ギブアップ」のサインだからなあ。

そういう意味では、アーロンの前傾チルトは一長一短ともいえますね。

 

普段から前傾チルトを使って仕事しよう。

そう思いました。

痛みが激減するということは、それだけ腰への負担も減ってるっていうことですものね。

後ろにもたれると、楽ではあります。

でも楽なことって、カラダにわるいことも多いんだ。

むしろ一見シンドそうなことのほうが、長期的にはカラダにやさしかったりする。

姿勢がまさに、それですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA