腰が痛いと自律神経の調子が良いのはなぜ?

ほんといったい、なんなんだ。

前からそうなんだけど、腰が痛いと自律神経の調子がいんだよなあ。

ふだんは朝から午前中にかけて、異様にそわそわしたり、イライラしたりして、動悸もしたりして自律神経の具合がわるいです。

あまりにひどいと、パニック発作が出ることさえあります。

しかしこの不調は、腰痛がひどいと治ってしまうことが多い。

もともと腰は悪いほうなんだけど、逆にいえば、自律神経の調子が良くないときには全然痛みがないんですよね。

は? なにそれ?

 

腰痛が復活すると、自律神経が安定する。

この不可解な謎について、自分なりに仮説を立ててみました。

 

■仮説1:「苦しみは1つしか感じない説」

人間というのは、ひどい痛みや苦しみというのは、1つしか感じられないというのがあるそうです。

よくあることで、「痛みが移動する」ってやつ。

最初は肩が痛かったのに、それが移動して背中が痛くなってきて、次は腰が痛くなってきた。

これは痛みが移動しているんじゃなくて、ほんとは肩も背中も腰も、全部痛めていたんですね。

でも人間というのは、複数の痛みを同時に感じにくいところがあるので、「一番痛いところが目立っていた」ということなんだそうです。

だから程度がいちばん弱いところが治っていくと、次に痛いところが第一位になって、それが目立つっていう。

このメカニズムの感じで、「自律神経の不調よりも、腰痛のほうがキツい」ため、そっちが目立って神経の不調がごまかされているのではないか、という考えです。

まあ、ありうる。

でもなあ……正直言って、自律神経の不調とかパニック発作の苦しみに比べたら、腰痛なんて屁みたいなもんですけどね。

だって腰痛は、横になってじっとしていれば問題ないんだもの。

そんなのは苦しみって言わないよね。

逃げ道がある苦しみは、苦しみじゃない。

パニック発作や自律神経の不調は、何をしていたって同じですからね。収まるのを待つしか無い。

だからどうも、この説はあまりピンときてません。

ただ、「腰痛でごまかされている」っていうのはもしかしたらあるのかもしれません。

パニック発作の最中に、手首に巻いた輪ゴムをパチン!とやると、その痛みで一瞬、パニック発作がマシになることがあります。

ただ、どうかなあ。

この鈍痛に「ごまかす」という機能がほんとにあるんだろうか。

 

逆に考えてみると、「そもそも腰痛があったが、自律神経系の不調が強いあまり、その痛みがごまかされていた」というのもあるかもしれません。

まあ、こっちのほうが納得感はあります。

でももしそうなら、ぼくはほんとうに、神経の調子が良くなってきているということなのでしょうか。

 

■仮説2:「腰の痛みこそが、実はすべての不調の根源説」

そもそも高校生のときから腰痛持ちなんですよね。

それがパニック障害になってからは、だんだん腰痛が消えていった。

そしてここ最近、ひじょうに自律神経の具合がわるくなってからは、全然腰痛は消えていました。

なのでもうひとつの考え方として、

腰痛が極度に悪化したために、パニック等の神経的不具合が出るようになった

っていうのもあるかもしれない。

というのも、肩こり・首こりからパニック障害になったり、自律神経失調症になるっていうのは実際にあるそうだからです。

腰を極度に痛めたら、そりゃ肩や首にも影響があります。かばうようになりますからね。

 

パニック発作が出ている時、あるいは異常にイライラしているとき、じぶんのからだの状態がどうなっているか観察してみると、面白いことがわかります。

丹田といわれる下腹部の腹筋のあたりが、不随意緊張をしているんです。ガッチガチで、いうことをきかない。

このへんをできるだけゆるめて、呼吸をおなかに落とすようにすると、発作やイライラがぴたっと収まることもあります。

しかし残念ながら、これは非常に難しいです。

じゃあ練習すればいいじゃないか、と思うかもしれないけど、それはたぶん無茶苦茶に難しいと思います。

これを熟練するのなら、いまからヒップホップダンスを覚えるほうが楽だと思います。

というのも、ほんとうに不随意に、意志とまったく関係なく腹筋が萎縮してしまうんですよ。

意識の外の反応だから、意識ではなかなかこの緊張を解除できないんですね。だから練習云々ということでもなさそうなんです。

この不随意の萎縮が軽度の場合は、意識でなんとかコントロールできます。

でもその程度の軽度な萎縮なら、べつにそんなに症状もひどくないから、放置していてもいいんですよね。

腹筋が異常緊張する→腹圧がかかる→あたまに血が上る→ふらつき、のぼせ、動悸が出る

そんな流れがあるんです。

 

そこで「ではなぜ、こんなに腹筋が勝手に萎縮するのか」ってことを考えた時、これを「ストレス」だと考えていたために、混乱していたのかもしれません。

じつは精神的な方向ではなく、純粋に「腰を守ろうとしている反応」だった可能性もあります。

もう完全に腰が限界にきていて、ちょっとでもゆるめると大変なことになる状態、みたいな。

というのも、さまざまな自律神経の不調があるときに、横になると治ってしまうことが多いのですよ。

少なくとも、異様なのぼせ、足の冷え、動悸あたりは、5分とせずに治ってしまうんです。

しかし起き上がると、すぐに元の木阿弥です。

だから首とかに問題あるのかな、と考えてたこともあるんですが、じつは「腰」だったかもしれないですねえ。

立つ、すわる、あるく、走る、全部だめ。

ってことは「腰への負荷」が、自律神経を異常興奮させていたってことも、あるのかもしれないなあ、っていう。

 

痛みというのは、限界を超えると麻痺してしまうんだそうです。

ほんとうはもう絶叫して脂汗垂らして暴れまわるぐらい痛いのに、それを感じていなかった。

となると、あの自律神経の症状そのものが、なんかわかる気がするんですよね。

激痛 − 痛み = 自律神経系の不調

そわそわする、いらいらする、動悸がする、暴れそうな感じ、絶叫しそうな感じ、脂汗、ひどい熱感。

腰の激痛から痛みだけを取り去ったら、「本来そうなるはずだった反応」だけが残った。

そんな感じが、しないでもないです。

 

最近アーロンチェアに座るようになって、腰への負担が減ってきているとは思うんです。

たまに足がしびれたりしていたのが、最近はなくなってきているんですよね。

つまり腰が少し良くなってきたので「痛みの閾値」まで戻った。

だからこそ、なんの覚えもないのに異常な痛みを感じる、みたいな。

そして腰じたいはかなり良くなっているので、自律神経もちょっと落ち着いている、みたいな。

うーん、さあ、どうだかなあ。

 

■仮説3:「腰痛のせいで姿勢が正しくなる説」

これはテキメンです。

もう「腰をだらしなく曲げている」なんてトンデモないです。

ビシーっと背中を垂直にしていないと、痛くて息ができなくなります。

だから半ば強制的に、よい姿勢になっています。

案外こんなことで、呼吸が深くなって神経が落ち着いていたりして。

まあなんとなく、自分的にはこれがいちばん説得力あるんですけど、どうも説明つかないこともあります。

なんで腰が痛くなったんだ

マジでなんにも、痛くなるようなことしてないんだよなあ。

冷えたわけでもなく、重いものを持ったわけでもなく、新しく運動をはじめたわけでもなく、布団やまくらを変えたわけでもありません。

椅子をアーロンチェアに変えたから、むしろ前より腰は楽になってるんですよね。

なんなんだ?

 

まあ結局、全然わからないんですけどね。

カラダなんて、じぶんのものでさえ、よくわかんないんですよ。

そう、だから、これでいいのだ。

 

ここまで書いといてなんだけど、もういちいち「あれが原因」「これが原因」うるせえっつうの!

起こったことを、そのまま受け入れるで、もういいじゃねえか。

いくら頑張ったって、治らないこともあるし、治るときは脈絡なく治ることもある。

それでいいのだ。

そんなもんなんだ、人間のカラダって。

全部理解しとかないと気持ち悪い、とか思ってんじゃねえよな。

おまえそんなに、頭良くないだろ!

真面目なやつはバカなんだから、

どっちかっていうと、お前バカじゃねえか。

もう、あきらめろ。

 

  • ぽぽんた より:

    これって スピ的ななんちゃら? なのかな。

    「腰痛は怒りである」 なんて。
    なんだか どこかで 聞いたような。
    そんな タイトルの本 あるそうで。

    わたし 腰痛 って
    経験 無いんですよね。
    多分。ほとんど。

    でも。

    怒り くらい 

    ある ぞ ぉぉぉ (`・ω・´) みたいな。

    … どう なのでしょうね そのへん って。˘ ˘ゝ

    あ。椅子 には。
    全く。座りません。
    PC は 勿論
    ほとんど 一日 立って。
    なんや かや してる。ような。

    椅子 が 必需 の
    てらさん には
    そんなの 参考に ならねぇ~ な
    話 で ゴメンナサイ ですが。˘ ω ˘*ゝ

  • TERA TERA より:

    腰痛は怒りである、ってたまに聞きますね。
    厳密には怒りっていうか、ストレスらしいですけれど。

    腰痛がないって、うらやましい限りです。

    ぼくも一時期立ってPCやってたんですけど、知り合いが立ってPCやってたら足に動脈瘤ができてエラいことになったらしく、先生に「ずっと立ってやったらダメよ」って叱られたそうです。
    美容師さんと同じ職業病ですね。
    それ以来、基本座るようにしました。

    ずっと座ってるのも、ずっと立ってるのも、結局両方よくないみたいです。
    動かないってのが、よくないみたいですね。

    腰を痛めない範囲で、休み休み仕事しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA