ジーンズと腰痛

やだっ!

ちがうもんっ!

そうは考えたくないのっ!

 

なんつってクソガキみたいなことを正直思っております本日のワタクシでありますけれどもね。

クソガキみたいな側面もあるけど、原則ぼくはオジサンなわけであって、やっぱり無視するわけにはいかんのでありますよ。

 

この腰痛ってジーパンのせいじゃないの

 

っていう。

ああ、書いてしまった。

そうは思いたくないのに、書いてしまったよ。

 

そもそもは、とにかくイライラとかソワソワとかが尋常ならざるほど出ておりまして、のぼせや動悸といった自律神経失調症特有の症状も頻発していたのでした。

このせいで、ながらくゴブサタをしておりましたパニック発作も連発するしまつ。

立ちくらみや息苦しさもあって、それはもうキツかったのです。

 

ですがある日から、

「これは毎日の『けじめ』が足りないからじゃないか」と思い、仕事中はビシっとスーツを着たりするようになったんですね。

午前中に仕事が終わったとしても、ジャージとかスウェットとかになるんじゃなくて、ジーンズにポロシャツ、ぐらいの格好にするようにしました。

ジャージやスウェットになるのは、もう寝るときとか、完全に休みでダラダラを決め込むことを明確に意思決定しているときに限ることにしたんです。

それまでは、仕事だろうが休みだろうが、ずっとトレーニングジャージを着てたんですけどね。

もしかしたら、そーゆー「オンとオフの切り替え」があまりにも曖昧すぎて、自律神経も混乱してんじゃないか、なんて思ったわけです。

 

で、やってみたら効果あったんですよ。

すげーあった。

もちろんその日から急遽調子が良くなった、っていうことではないんですが、日に日に神経が落ち着いてきたんですね。

原因不明のイライラ、ソワソワもずいぶん減ってきたし、きゅうに劇的に暑くなって汗がほとばしるホットフラッシュも、出たとしても短時間で終了するようになりました。

あきらかに、マシになってきた。

それに加えて、なんか機嫌も良くなってきました。

なんだかどよーんとして、ぼーっとして、うすぐらいことを考えたり、「死」などという概念に思いを馳せてみたり、スピリチュアル的なことにアタマを持っていかれるということがなくなっていった。

つまりウツっぽい感じが一掃されていったんですね。

 

だから、良かったんですよ。

しかし一昨日の朝から、唐突に腰が痛くなりはじめたのでした。

ひどいときには、ほとんど歩けないぐらい痛くなる。

アブラ汗が出るぐらい痛いときもあります。

しかし妙なもので、それだけの痛みがあるというのに、パニック発作とか自律神経の不調とかは、とくに出ないんですね。

出たとしても、ひじょうに弱いものですし、わりとすぐ収まる。

イライラもあんまりないです。

ふつう、腰が痛かったらイライラしてもおかしくないと思うんですけど、べつにそんなことないんです。

もちろん不快ではありますけどね。怒ることはないです。

 

で、いろいろ考えていった結果、どうしても無視できないことに気がついてしまったんです。

「仕事中はスーツ」だったんですが、スボンをクリーニングに出している間、2週間ぐらいはジーンズを履いて仕事をしていたんですね。

APCという、お気に入りの細身のジーンズです。

最近お酒をやめてずいぶん痩せたので、小さすぎて断念していたAPCを引っ張り出してきて、この際なので育成を再開しよう、というのもありました。

まあ細身といってもスキニーというほどでもなく、また痩せたのでそんなに窮屈ということではありません。

ウェストなんかはベルトしないと落ちるぐらいの余裕があります。

だから苦しいとは、べつに思わなかったんですね。

 

しかしどうやら、ジーンズが腰痛の原因たりうるというのは、わりとテッパン系みたいなんですね。

理由は単純に、血行不良になりやすいからです。

とくにスキニージーンズを無理して履いていると、高確率で腰痛になってしまうらしいです。

ジーンズが腰にわるいのは、じつはウェストではなく「股関節を圧迫する」からなんだそうです。

ジーンズの生地というのは伸縮性があまりなく、かつひじょうに堅牢な素材なので、窮屈なサイズのものを履いて座った状態が長いと、股関節の動きを阻害したり圧迫したりして血行がわるくなり、腰痛になってしまう可能性が高くなってしまうらしいです。

ジーンズで、デスクワーク。

これはじつは、腰にはあんまりやさしくない行動だったようです。

 

ぼくはジーンズが好きだから、そうは考えたくないんですよね。

でも、理屈としては合ってる。

それにぼくの最近の行動と照らし合わせてみても、経緯が合致してしまう。

 

やだ!

そうじゃないもん!

とかダダこねてる場合でもトシでもないですから、すなおに認めてみようかなと思ってます。

 

ぼくは、いわゆる「ストレッチジーンズ」は大嫌いなんです。

そういうふうに「見た目だけ似せて作って、じっさいはソレではないっていう」のが、この世でいっちばん嫌いなんですよね。

しゃらくさすぎるんだよな。腹立つ。

そんなんだったら、マジでスェットでええわ。ていうか、スウェットのほうがええ。

 

なので少なくとも今日一日、ジャージで過ごしてみようと思います。

これで良くならなくても悲しいし、良くなっても悲しいなあ。

せっかくフルカウントのジーンズを新調したのに、ジャージで過ごして腰痛がマシになっちゃったら、仕事中は履けなくなっちゃうじゃないか。

 

なんてことを言ってるうちは、まだまだ気楽ですね。

じつはそんなに、痛くないのかもしれない。

(痛いわ!)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA