もっと自分を客観的に見よう

ここ1週間ほどずっと、めちゃくちゃ腰が痛かった。

でも雨が上がって太陽さんが顔を出してくると、腰痛がマシになるなあ。

まあ痛いことは痛いけど、ずいぶんマシ。

こうなると、やっぱりこれはケガなのかな?

 

腰痛が出ているあいだは、神経の調子が安定してる。

腰痛が消えると、神経の調子がわるくなって、あたまがワーっとなったり、のぼせたり、イライラしたり、動悸がしたりする。

なんじゃそれ!

なんやねん!

 

まあよくわかならいんですけど、思った。

もっと自分を客観的に見ないとだめだな、と。

 

できるだけそうしようとしてるんだけど、やっぱりどうしても、自分のことは自分として見てしまう。

そうなると、ものごとをややこしい方向に考えていってしまうんですよね。

ふつうに考えることができなくなって、理屈っぽく、複雑に考えてしまう。

自分のことが結局いちばんわからない、っていうのは、じぶんを客観的に見ることができないからなんだと思います。

 

さて、ぼくは自律神経がおかしいだの、腰痛だのとグズグズ言っております。

それぞれの症状の原因について、ネットや本でいろいろ調べたり、その対策をやったりするけれども、ひとっつも治らん。

なんにも治らん。

これはたぶん、自分自身を主観的に見ているからだろうなあと思いました。

やらなくていいことばっかりして、やらないといけないことをしてないんだと思う。

 

自分じしんを、たとえば友人とか家族とかだと思って、客観的に見てみる。

そしてそれぞれの症状を訴える自分自身も、そう思って見てみる。

そうすると、ものすごく簡単な推論がピコーンと出てくるのでした。

 

働きすぎじゃね?

 

いや、おれはそんなにいうほど働いてないよ。

家で仕事してるんだし、時間もあるていど自由だし、慣れた仕事だし。

サラリーマンの人とかと比べたら、通勤もないし、すごく楽だよ。

……っていうのは、自分自身を「主観的に」見た場合の答え。

 

でも、どうだろう。

朝起きてメシ食ったら、6:30から即座に仕事にとりかかる。

そこから午前中いっぱい、プログラムを書いたり、ページ構成を考えたり、デザインをしたりする。

ずっとパソコンのディスプレイを見つめて、キーボードをパチパチやってる。

だれとも一切、しゃべらない。

途中で休憩は挟むけど、べつに誰としゃべるわけでもなく、ただ庭に出てタバコ吸うぐらい。

ときどき散歩には行くけど。

午後からも、だいたいそんな感じ。

 

もしこんな生活を友人が送っていたとしたら、ぼくは間違いなく言うでしょうね。

そんなん、ストレス溜まってあたまりまえちゃうん?

ストレスって、べつに必ずしも「イヤなこと」とは限らないからね。

刺激がない、変化がない、しゃべらない、規則正しすぎるというのも、りっぱなストレスだよ。

営業に出るわけでもなく、ずっと部屋に籠もってプログラムだのデザインだのしてたら、だれだって気が滅入ってくるって。

好きな仕事であったとしても、それが何年も何年もつづいたら、誰でもアタマおかしくなるよ。

たまには、旅行でも行ってリフレッシュしたら?

 

……って、絶対に言うと思う。

じぶんのことを、じぶんだと思って観察していると、

「姿勢がわるいんじゃないか」

「何かの栄養素が足りないのかな」

「呼吸がわるいのかな」

「考え方がおかしいのかな」

っていうふうに、どんどん「要素分解的」に考えていってしまう。

視野が、狭くなってしまうんですよね。

もちろん、そういうことも、少しは関係あるのかもしれない。

でも「じぶんがしていることをもっと客観的に見る」っていうことをしてみたら、なんのことはない、そうなって当然のようなことをしていたりする

 

ずっと家の中にいて、パソコンばっかり触ってる。

そんなもん、あたまオカシくなってあたまえやろうも。

腰がいたいのだって、そうだ。

更年期がとか、ジーパンのせいかもとか、まあそれもそうかもしれないけどもさあ。

そのまえに、ずっと座ってるからじゃないの?

いくらいい椅子でも、2時間以上座ってたら、そりゃ腰ぐらい痛くなるでしょうが。

 

のぼせるのだって、息が苦しくなったりするのだって、イライラするのだって、そりゃふつう、そうなんじゃない?

ややこしいプログラム的なものを、日がな一日チマチマやってたら、だれでも腹がたってくるわ。イライラもするわ。

それなのに、

「原因がないのに、おかしい。これは神経がおかしいのではないか」

待て待て。

待てっつうの!

なんで、そうなるかなあ。

なんでそういうふうに、すぐ極端な方向に考えるかなあ。

バカなんじゃない?

そう、バカなのと、あとじぶんを「じぶん」として見ているからですね。

主観的すぎるんだわ。

 

今そうなってるのは、あたりまえ。

おまえがおかしいんじゃなくて、同じことをしたら、だれだってそうなるかもしれない。

たまには、この視点も持たないとヤバいですね。

どんどんじぶんを「特別扱い」しだして、異常だ異常だと、騒ぎ始める。

じぶんを異常だと決めつけてしまったら、もうどんな方法も効かなくなる。

てんで的外れなことを、治療法として採用しますからね。

じぶんはヒトとはちがうのだ、そう思い込んでしまったら、もうなんにも効かない。終わりだ。

そう思うと、そうなる。

もっとじぶんを、客観的に見るようにしよう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA