刺激がわるいんじゃなくて

やっぱ暑いと、なんかパニック発作っぽい感じになりそうになることが多いなあ。

パニック障害の人って、暑さにゲキヨワなひとが多いそうなんですね。

 

そもそもの話として、暑いとだれでもイライラ・ソワソワするもんです。

まったく同じストレスでも、涼しくて快適なときに受けたときと、くそ暑い中で受けたときでは、ぜんぜんちがう。

暑いときは、もうなんでも腹立つ、っていうのはあります。

統計によると、酷暑は暴力犯罪を増加させるというのもあるようです。

https://www.gizmodo.jp/2016/07/clash_model_for_violent_crime.html

暑いとイライラするのは、べつにヘンでもなんでもない、っていうことですね。

 

だから、パニック障害って「怒り」が深く関係していると思うんですよね。

暑い → イライラする → イライラが発作のトリガーになる

パニック「障害」になるひとって、元来感情コントロールが厳密な人が多いような気がする。

しょうもないことで怒ったらいかん、そんな倫理観みたいなのが強いような気がするんですよね。

我慢強いというか。

実際に、普段からバカみたいに怒鳴り散らしたりはしない。

案外そんな「強いブレーキ」のせいで、怒りがハラの中で発酵してるのかもしれない。

そこで、暑いとイライラしてきて、押さえつけていた「フタ」がグラついてきて、どばどば漏れ出す。

あんまり我慢しない人にくらべて、暑さで漏れ出てくる怒りの量が多いんじゃないか。

この異様な怒りを押さえつけようとすることで、パニックに至っている気がする。

 

さておき、ではなぜ、暑いとイライラするのか。

これもまだよくわかってないみたいだけど、暑いと脳の血管が開いて、脳の血流が増えるからじゃないか、っていうのもあるようです。

アタマに血があつまると、これまただれでも、イライラするんですよね。

更年期障害の女性がすんげーイライラしてんのも、ホットフラッシュとかでアタマに血が登ってるからです。

たぶん、栄養過多とかで神経がコーフンするんじゃないかなあ。

 

暑いと男性ホルモンがよく出るからイライラするんだ、という説もあるけど、ぼくはこれは逆なんじゃないかなと思います。

暑くてイライラするから、男性ホルモンが出るんじゃないの?

男性ホルモンのせいでイライラするってんなら、よく筋トレしてる人は全員イライラしてんのか、っていう話になる。

してねーわ。むしろ落ち着いてるわ。

なんでもかんでもホルモンのせいにすんなっつうの。

 

そんなことより「暑くてもべつにイライラしない人がいる」っていうことに注目したいんですよね。

あと、動物なんかは全員、暑くてもイライラしてないよ。

むしろ、グダーっとなって、べろーんとなって、おとなしくなる。

うちのイヌも、そうです。

イライラしてる感じって、むしろ冬のほうが多いような気がする。

いや、イライラしてんじゃなくて、単に元気なだけかもしれないけど。

あと、小さな子どもなんかもその傾向が強いですよね。

暑いとイライラするっていうより、なんかだらしなく、やる気がないようになることが多い。

暑いとイライラするのって、じつは人間の大人だけなのかもしれません。

 

だから「暑いとイライラする」っていうのは、神経とかホルモンとかそういう理系的な構造の話じゃなくて、もっと文学的な「解釈」の問題なんじゃないかな、と思ったりすることもあるんです。

物質とか本能とかいう基本構造のレベルじゃなくて、もうすこし上位の「情報処理」とか「解釈」に関わるところなんじゃないか。

刺激に対する解釈が身体的な反応を呼び起こして、それでいろんな不快感を持ち出している。

 

昔から、よく言われることもあるんですよね。

暑い暑い言ってたら、よけいに暑くなるぞっ!

暑いと思うから、暑いんじゃ!

一見乱暴な意見に見えるけど、これじつは、ガチなんだよなあ。

スポーツとかの運動したことがある人なら、わかると思う。

あっちー、あっちー言ってたら、ほんとうに汗がいっぱい出てきて、すげー不快になる。

でも暑い暑い言わないで、暑い暑いと思わないようにして、気をそらしていれば、案外それほどでもなくなるっていうのは確かにあるんです。もちろん、限度はありますけどね。

だから暑さというのは、必ずしも温度や湿度、脳や神経の反射、ホルモンバランスとかミネラルとかいう理系の話だけじゃなくて、もっともっと文系的な「感情」「思い込み」の領域が思った以上に多いと思うんです。

 

パニック発作も案外そうなんじゃないかな、と思ったりするんですよね。

神経がおかしい、脳の異常だ、そういう説もあるけれど、どうだかなあ。

それも仮説のひとつに過ぎないんですよね。

ほんとのところは、まだなーんにもわかってない。

 

ぼくは個人的には、パニック発作は感情発作じゃないかな、と思ったりするんですよね。

神経がおかしいんじゃなくて、刺激に対する解釈がおかしいんだと思う。

暑さや、発熱や、カフェインや、疲労がパニック発作のトリガーになるというのは有名です。

で、このへんの刺激って、ぜんぶ血管拡張作用を呼び起こすものなんですよね。

血管が開いたり、循環が旺盛になるときに、発作はよく起きるのです。

しかし、血管拡張や循環の旺盛が、からだに悪いことはありません。ただの、正常反応です。

だから暑さや、発熱や、カフェインや、疲労がわるいんじゃなくて、こころの「解釈」がおかしいんだと思うんですよね。

血管拡張や循環活性という「刺激」に対する「解釈」が、どこかで狂ってしまった。

 

これを治すのは、案外それほど難しくないのでは、と思うときもあります。

「こころの、刺激に対する解釈がおかしい」というふうに聞くと、なんやら難しそうではあります。

でもこれと同じメカニズムは、じつはとても身近にあります。

キライな食べ物。

たとえば、ニンジンがきらいだったとする。

ニンジンのアレルギーというわけでもなく、ジンジンを食べると病気する体質でもありません。

むしろジンジンは、カラダにいい食べ物でもあります。

でも、きらい。ニオイとか、アジとか。

「こころの、刺激に対する解釈がおかしい」って、まさにこれなんですよね。

ニンジンがわるいんじゃなくて、ニンジンに対する「解釈」がおかしいのです。

 

キライな食べ物だったのに、なにかのきっかけで、逆に好きになっちゃった!

これって、べつにそんなに、珍しいことでもありません。

たまたま洋食屋さんで食べてみた、ハンバーグの添え物のニンジンを食べてみたら、すげーうまかった。

そんなしょうもない理由で、その後の人生でニンジンが好物になってしまう人も、少なからずいる。

 

だから、そんなに深刻に考えなくてもいいのかな、と思ったんです。

ヒトのこころというか、「刺激に対する解釈」っていうのは、瞬時に、まったく逆の方向にすっ転ぶ可能性を大いに秘めている。

だから血管拡張作用に対する解釈の誤りも、案外コロっと変わるんじゃないか。

 

で思ったのが、それが「運動」なのかもしれないです。

わりと強めの運動を継続していくと、パニック障害や不安神経症というのは、治っていくことが多いのだそうです。

その理由として、脳科学的な複雑な論文もたくさんありますが、じつはそんなにややこしい話ではないのかもしれないです。

強い運動をすれば、当然動悸、発熱、発汗、血管拡張、息苦しさなどが強く出るようになります。

これらはすべて、血管拡張作用で、パニック発作のトリガーたるものです。

日頃から血管拡張状態に多く触れることで、慣れちゃった

っていうことだけなのかもしれないです。

血管拡張作用に対する、こころの「解釈」が、コロっと変わってしまうのです。

 

もしそうなら、絶対にやってはいけないことがあるんですよね。

それは、キライな食べ物を、ずっとキライなままでいる方法と同じ。

逃げることだ。

暑いのや、動悸がするようなこと、血管が開くようなことを、避け続け、逃げ続けること。

そういうことをしていたら、永久に「慣れる」ことができないので、いつまでたっても「誤った解釈」から開放されることはない。

外出が苦手だからといって外出を避け続けていると、どんどん悪化するのと同じメカニズムですね。

 

だから、怖くて苦手な刺激に対しては、できるだけ接するようにしていったほうがいいのかもしれません。

それこそ、修行だと思って。

 

ちなみに「修行」という言葉は本来、インドやチベットの原語では「慣れる」という意味なんだそうです。これはチベットのお坊さんに直接聞きました。

日本や中国では、修行というとどうしても「辛いことを我慢して継続する」みたいな雰囲気があるけど、これは全然、ちがうらしいです。

そもそも修行という漢字じたいに、辛抱とか我慢とかいう意味はない。「修め、行う」という、いわば「おぼえて実行する」程度の、ただそれだけの意味だったのです。

修行って、「慣れてしまおうぜ」ってこと。

だから修行に必要なのは、辛抱とか忍耐とかじゃなくて「ちょっとした勇気」だけなのですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA