暑いときはじっとしてればいいのに

暑っつぅ〜!

も、暑っつぅ〜!

 

なんなん?

っていうぐらい、暑いなあ。

いちおうスマホのお天気アプリでは「36℃」だけど、ウソつくなやボケ。

百葉箱みたいな、あんな日陰の温度で最高気温とかいうなーっ!

直射日光の真下の、アスファルトとかの上で測ったら48℃とかあるからな。

もっと地面に近づいたら、50℃越えてるんじゃないの。

へたしたら目玉焼きとか焼けるんじゃないの。

芝生が生えてるうちの庭でさえ、炎天下では44℃ある。

 

だからマジ思うんですけど、天気予報とかでは「百葉箱気温」と「炎天下気温」の両方を書いてあげたほうがいいんじゃないの。

気温31~35℃で、熱中症は「厳重注意」なんだそうです。

ワシの家の庭、44℃やぞ! どうなるねんっ!

これなんかまだマシで、遠くからアナウンスが聞こえるんですよね。

4番・ピッチャー・ナカバヤシくん・・・とか。

野球やってんのなあ。

 

 

アホちゃうん?

 

 

って、あ、ごめん。

オジサン暑くてイライラしてるから、ついそーゆーふーに思ってしまうんだなあ。

 

まあ不思議なもので、中高生の運動部の子ってあんまり熱中症とか聞かないですけどね。

ふだんからしっかり鍛えてて、筋肉ついてて、暑さにも慣れていたら、そうそう熱中症にはならないんですって。

消防隊のひとと同じですね。

すげえなあ。

でも問題は、観客とかのほうですよね。

天気予報、つまり百葉箱気温では36℃だから、野球場とかでは40℃を軽く超えてると思うんだなあ。

35℃で厳重注意なんだから、そんなもん、もう「アウトー!」やんか。

 

なーんつって、ま、いっか。

おれがやるわけでも、見るわけでもないからな。

やりたかったら、やったらええねん。

そーゆーことをいちいち考えて「観客のことも考えろー」とか「青少年も守れー」とか、「国民の健康を守る姿勢がー」とか、しょうもない、偽善的な義憤をつのらせたら、よけいに暑くなるっつうの。

文句あるんやったら、こんなとこでグズグズ書いとらんと直接文句言いにいけや!

っていう、ね。

 

ただ、不思議ではありますよね。

午後1時〜3時ぐらいの、最も暑い時間帯には、セミでさえ鳴くのを休む。

家の周りが静かになったら「あ、いま暑いのピークだな」ってわかる。

うちのイヌも、玄関の三和土にべたあーっと張り付いて、一切動こうとしません。

セミでさえ休むのに、イヌでさえ寝転んで動かないのに、なんで人間はお外で動き回っとるんじゃ。

 

 

アホちゃうん?

 

うむ。

これはまちがいないな。

人間は、アホだ。

なにもわざわざ、こんなクソ暑いときに炎天下でボール投げて遊ばんでええやん。

走り回らんでええやん。

そんなやつ、自然界にもおらんぞ。

 

そーゆーアホなことしといて、熱中症になりましたー、病気しましたー、イライラしてヒトをぶん殴りましたー、とか言ってる。

もう、ええかげんにせえや。

夏には炎天下でウロウロしないのが、天地自然の理にかなってるとおもう。

なにを焦っとるねん。

涼しくなってからやったら、ええやん。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA