だいたい、妄想。

なんということでしょう!

ほとんどのことは、妄想じゃねえか。

 

最初はなんとなく「個性という妄想」なんてことを思っていたんです。

さいきん「人と違ってもかまわない」とか、「個性を伸ばすことが大切です」とかいう話をよく聞くんですよね。

人間は十人十色、ひとそれぞれ違っていることは自然だし、ひとと違うことを異常だと思わなくていい。

むしろ人と違っている部分を伸ばすことが、だいじなんです、みたいな。

ぼくはパニック障害持ちだから、こういうコトバってなんかココロに響くんですよね。

そうだよね、ぼくは人とすこしちがうけど、わるいことじゃないよね。的な。

 

いや、そうじゃないだろ。

「パニック障害持ちだから、人とはちがう」っていう捉え方が、もうバッチリ妄想じゃあねえか。

病気だろうが、病気じゃなかろうが、人は人だ。

だから申し訳ないけど、ぼくはほかのだれとも違ってない。おんなじだ。

おんなじだから、そもそも恥じ入る必要もないんですよね。劣等感を持つ必要もない。

だれだって、できることと、できないことがあるんだもの。

ぜんぶ完璧にできるやつなんて、人間じゃないよね。妖怪です。

ぼくは人間だから、できることと、できないことがある。

病気ってつまりは「できないこと」のひとつですからね。

いったいどこが、なにが、人とちがうねん。

ほかのひととおなじように、できることと、できないことがあって、悩みも持ってる。

おんなじだ。

 

だから「個性」っていうのは、妄想の一種なんじゃないかな、と思った。

……そしたら、ひじょうに怖いことに、気がついてしまったんですよ。

 

ほとんどのことが、妄想じゃあねえか馬鹿野郎。

 

心臓がドキドキして、おわ、心臓病じゃないか、もっとヒドくなるんじゃないかと思うのも、妄想。

朝起きて、なんか今日調子悪いなー、仕事うまくいかないんじゃないかな、とか思うのも妄想。

娘の帰りが遅いけど、あいつ事故とかに会ってねえよなとか思うのも妄想。

今日の昼飯なに食おうかな、も妄想。

なんか面白い映画ないかな、も妄想。

いまのうちにアレしといたほうがいいな、も妄想。

オッシャレー、も妄想。

かわいい! も、妄想。

あいつムカつく、も妄想。

おわ、なんじゃこれ、考えてることって、ほとんどぜんぶ妄想だったのかよ!

 

やっべ。

おれ、なにやってたんだろう。

こんなもん、神経疲れるに決まってるわなあ。

「妄想疲れ」するわ。

「それを考えて、どーするつもりなの?」

っていうセルフツッコミが、足らなかったなあ。

そーゆーの、もういいから、いましてることに集中すれば? って。

 

「いま考えてたことは妄想だ」ってわかると、なんだろう。

なんかほっとする、ような気がする。

「これは妄想なんだから、そんなに真剣に考えなくてもいいかナ」って思うからですかねえ。

あるいは、どうせ妄想なら、もっといいふうに考えてもべつにかまわないって、思えるからかな。

 

考えてる、なんて、エラッソーなことヌカしょるけれども、それだいたい妄想。

感じたことに、反応して、いろんな情報をペッタペッタペッタペッタくっつけ回して、なんとかそれっぽいカタチにしただけ。

だから「考えてる」「思ってる」んじゃなくて、「反射」してただけなんだよなー。

 

これも妄想。

そんなことどうでもいいから、バナナでも食うか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA