そういうことも、あるわいな。

いやあ、今日は超絶調子悪いなあ。

最近はずっといい感じだったんですけどね。

でも今朝からどうも神経のぐあいがわるくて、昼前にはあのパニック発作寸前になりました。

まあ、いまは落ち着いてきましたけれども。

 

さいきん急に涼しくなって、こんなふうに温度差が激しいと神経の調子がおかしいことがある。

そういえば、最近は秋雨前線が近づいてて、たまに大雨が降ります。

低気圧になると調子がわるいというのもあったりして、やっぱり気圧の関係でも自律神経がおかしくなることもあ・・・・・・

 

 

じゃかましいわ。

 

 

「あれがこうだから、こうなった」

「これがこうしたので、ああなった」

そんなふうに、ごていねいに過去を振り返って、経緯や原因を四の五のこねくりまわすから、よけいに具合がわるくなるんですよねえ。

なにをいちいち、思い出に浸っとるねん。

気色わるいのう。

 

盤珪禅師も、いってます。

いちいち、どうしようこうしようと考えるな。

 

あるひとが、盤珪禅師に相談をしました。

「わたしはカミナリが怖くて、あの音を聞くとものすごくびっくりしてしまって、居ても立ってもおられません。どうしたらよろしいでしょうか?」

禅師は答えました。

どうしたらよろしいでしょうか、っていうのがいけない。びっくりしたら、びっくりした、でいいじゃないか

 

体調がわるかったら、体調がわるかった、でいいじゃないか。

気分がわるいなら、気分がわるい、でいいじゃないか。

どうしようか、とか、なぜだろう、とか、それが「いらん」のですよね。

ストレスがいちばんよくないですよ、つってんのに、「考えるストレス」「心配するストレス」をわざわざ追加してやんの。

もう、かってにせえや。

 

生きていたら、調子悪いこともあるわいな。

生きた人間なら、弱いところも、苦手なことも、あるわいな。

どうしようもなくて、パニックになってしまうことも、あるわいな。

 

これはふつうじゃないから、治さないといけない。

そんなことを考えるから、よけいにつらくなることもあるんですよね。

ぐあいのわるいところも、ひっくるめて、わたしです。

なのに、あれがわるい、これがわるいと、いちいちじぶんを責め立てていたら、べつの病気するわ。

 

いまはもう調子よくなったんだから、終わったことなんかどうでもいいぜ。

また明日おかしくなるかもしれないけど、まだやって来てないことなんか、どうでもいいぜ。

殺すなら、殺せ。

いまは生きてるんだから、いまはとりあえず、いっしょうけんめい生きておこう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA