安心したいなら、誰かを安心させてあげる

だれかを笑わせたら、なんだかじぶんも、楽しくなる。

だれかを怒らせたら、なんだかじぶんも、腹たってくる。

だれかを褒めてあげたら、なんだかじぶんも、うれしくなる。

だれかをけなしたら、なんだかじぶんも、こころがすさむ。

 

そんなことがあるのなら、「不安」もおなじなんじゃないかな、と思いました。

パニック障害とか不安障害とかがあると、「安心」を希求してやまない、というのがあります。

だから、どうやったら「わたしが安心できるか」ばかりを考えてしまいがちです。

 

「私と人」を、分けすぎなんじゃないかな、と思ったのです。

ものごとは、じつは分割されているようで、じつは同体なのかも。

つながっている、というよりは、「おなじ」「ひとつ」なのではないか。

原則「おなじで、ひとつ」なのだけれど、違う部分がたしかにある。

その違う部分だけにフォーカスするから、「私と人は、ちがう」と認識してしまうのではないか。

 

なんていうことを思ったりすると、人に対して笑顔を向けると、それがじぶんにも返ってくるというのも、俄然なっとくがいきます。

返ってくる、のではないのですよね。

私と人は、本質的には「ひとつ」なのだから、人に対して行ったことは、そのままじぶんに行ったのと同じなのかもしれないです。

 

ぼくには、不安が多いです。

なぜか。

神経が弱いから? 呼吸が浅いから? 栄養が足りない? 性格の問題? 疲れているから?

いろいろあるけれど、あんがい「人を不安にさせている」っていうのも、あるんじゃないかな、と思いました。

 

ああ、仕事がたいへんだ、いそがしい。

きょうは調子がわるい、気分がわるい。

体調がおもわしくない、メンタルがおかしい。

つらい、たいへんだ、めんどくさい、いやだ、こわい。

そんなことを、無意識に周りに言っていたりするんじゃないか。

このブログだって、そうです。

じぶんの体調について、良くなっただの、治らないだの、ずっと書いてる。

そういうのを読むと、ひとは不安になるものです。

だれかを不安にさせているから、ぼくも不安になっているところも、あるんじゃないかなあ。

 

健康法にこだわるとよくない、というのは、じつはこのことなのかもしれないですね。

健康法を四の五の語るということは、不安があるからです。

そして、そんな話を聞いた人も、不安になります。

「わたしも、健康に気を使ったほうがいいのかも・・・」

って、思わせる。

まあ、それじたいは悪いことではないですが、ポイントは「不安を人に与えている」ということですね。

じぶんが健康法に凝り、それを人に伝えると、ひとに不安を与えていることにもなる。

 

そういうの、やめよう。

安心したいなら、ひとのことも、安心させてあげなくちゃいけない。

ひとはどうすると、安心するか。

それは単純に、笑顔だったり、励ましだったり、「だいじょうぶだよ」のひこととだったりする。

なにも、むずかしいことはない。

「おまえなら、きっと大丈夫だ。」

そのひとことが、笑顔でいえるかどうか。

あんがい、そんなしょうもないことで、ぼくは不安を持ち続けているのかもしれないな。

 

心配性のぼくなのに、あんがい、へこたれなかったり、落ち込んでもすぐに復活するのは、ひとのわるぐちを言わないからかもしれません。

ぼくは基本、ひとのことを、ほめます。

そうしたら、じぶんも気持ちがいいから。

それに、ひとのことをけなしたり、わるぐちを言ったりしても、肝心なところはなにひとつ解決しませんからね。

 

それを知っているのに、ぼくはあんがい、「弱音」をよく吐いているのかもしれないです。

朝起きて、家族と最初に顔を合わせたときに、

「きょうはなんか、調子いいかも」

「きょうはどうも、だめだ」

そんなことを、意外と言ってる。

そうじゃないだろ。

朝起きて、おはよう、のつぎに家族に言うことは、

「あー、腹へった」

で、いいんじゃないの。

いちいち正確に、調子がいいだのわるいだの、報告しなくていいぜ。

「おなかすいたー!」って起きてくる家族には、なんか安心するじゃんねー。

 

どうしたら安心できるか、よりも、どうしたら安心させてあげられるか、を考えてみよう。

人間なんて、あんがいそんなことで、安心できるかもしれないんですよね。

心配性だからこそ、安心のさせかたも、よく知っているはずだ。

なんのために、心配性を何年もやっとるねんな。

それは、だれかを安心させてあげられる技術を、きちんと身につけるためなのかもしれないですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA