何も足さない、何も引かない、克服しない。

ぼくはいったい、何に対してストレスを感じているのだろうか。

対象はいまだにわかりませんが、「原因」のようなものはなんとなく、ぼんやりと見えてきたような。

 

「克服」

 

ぼくの中心には、この概念がデカい顔をして居座っているようなのです。

パニック障害や外出恐怖に陥って、ずっと考えてきました。

「どうしたら、治るだろうか」

治したいというのは「克服したい」というのと、同義だと気がついた。

 

あまりヒトに対しては、征服欲は強くないのです。

だれかを思い通りに動かしたいとか、子分がほしいとか、頂点に立ちたいとか、そんなのは子供の頃から一回も思ったことはありません。

しかし自分自身に対しては、かなり征服欲が強いようです。

ぼくは柔道を10年間していましたが、試合で勝ちたいという気持ちはあまり強くありませんでした。

でも負けたら、悔しいです。

なぜ悔しいかと言うと「思ったとおりにカラダが動かなかった」「思ったとおりに気持ちが切り替えられなかった」というところが、くやしい。

相手に負けたという結果が悔しいのではないのです。

これはエエカッコしているのではなくて、柔道仲間にもそんな人はけっこういました。

ひとに勝つことよりも「うまくなる」ことのほうが、数段うれしい。

 

「自己攻撃」ということばが思い浮かぶのです。

他者に対しては、攻撃をすることはほとんどないのですが、自分に対してはけっこう攻撃する。

外出恐怖になったときも、ぼくは自らを攻撃しました。

どうして、こんなことさえ、できないんだ!

足が動くのなら、外へでろ!

イヤとか、怖いとかいってんじゃねえ!

行く、と決めたら、行け!

へこたれるな!

 

ぼくがなぜ、パニック障害や外出恐怖症になったのか。

思うに、この「自己攻撃」の行動原理が原因なんじゃないか、と思ったりするのです。

これ以外のことでは、ぼくはあまり問題を抱えてはいません。

まさに「選択的に」いちばんややこしいものだけが残った。

 

いま「これ以外のことでは、ぼくはあまり問題を抱えてはいません」と書いたけど、ここにヒントがあると思うのです。

じっさいには、ほんとうに問題があるかどうかではなく「問題がないと、ぼくが思っている」のです。

つまり、関心がないということ。

問題というのは、関心を持ってはじめて、問題になる。

だから逆に言えば、ぼくが関心を持っているのは「自己制御」だといえる。

自己制御を最大の関心事としているから、制御できない自分というものが、ひじょうに巨大に見えているのではないか。

 

そもそもぼくの人生は「克服の人生」ともいえます。

ガキのころは、コイツちょっとアタマおかしんじゃないのっていうぐらいの「のろま」でしたが、ぼくはこれを克服した。

ひどい人見知りでしたが、これも克服した。

ひどい泣き虫で、臆病でしたが、これも克服した。

勉強は大嫌いでしたが、これも克服した。

乱暴なことや、痛いことも苦手でしたが、これも克服した。

お金を稼ぐという行為が苦手でしたが、あえて営業職を選んで克服した。

大勢の人の前でしゃべるのが苦手でしたが、これも克服した。

 

克服、克服、克服、克服。

ぐあいのわるいことに、この克服が、ほぼすべて「うまくいってしまった」。

 

自信をつけたぼくは「克服できないものなど、ない」と思うようになってしまったのかもしれません。

だからパニック障害や外出恐怖になったとき、ぼくは狼狽しました。

この世には、克服しようと思っても、なかなかできないことが、あったのです!

10年以上本気で取り組んでも、どうにもならないことがあった。

 

ふと、思うのです。

ぼくのこの病気は、「克服」という原理から卒業をするためなのではないか、と。

そもそも、苦手を克服するという考えには、ウラがあります。

「自分には、足りていないところがある」

という中心概念がある。

足りないと思うからこそ、それを埋めようとする。

そのままの状態の自己を、認めることができないのです。

だから努力し、苦手を片っ端から克服していこうとする。

 

何も足さない、何も引かない。

有名なサントリーのキャッチコピーですが、とてもだいじなことを言っているような気がします。

じぶんにも、何も足さない、何も引かない。

そのままで、じゅうぶんに、足りている。

こうして生きているだけで、すでに円満成就である。

 

克服するということは、自分から何かを引いたり、自分に何かを足す行動です。

この行動のウラには、明確に存在している概念がある。

「わたしは、足りていない」という概念が。

 

勘違いだ。

いま、こうして生きているだけで、ほとんど足りている。

足りているから、生きている。

 

長年治らないのは、「足りている」というあきらかな事実に、気がつけなかったからかもしれません。

気がつかないから、あれやこれやと、詰め込もうとする。

努力する、がんばる、探す、制御する、抑圧する、手に入れようとする。

 

もう、いい加減になさい。

知りなさい。

ぼくのなかの「ほとけさま」が、そういって警告してくれているのかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA