だから、歩けっつうの。

毎日坐禅をするようになって、多少は自分を客観的に見られるようになってきたんですかね。

忽然と、悟ったことがあるのです。

 

おれは、アホだ。

 

いやもう、怖いわ。

なんか調子悪い、息苦しい、いらいらする、落ち着かない、そわそわする、パニック発作みたいなの出る、いろいろ言ってます。

ぼくが抱えているストレスはなんなんだろうか、といって、いろいろ考えあぐねたりもしている。

 

あたりまえだろ!

最近全然歩いてないからじゃねえか。

夏になって暑くなってから、全然歩いてないんだもの。

まあ確かに暑いと神経の調子がわるいというのはあります。

でもそれを理由に、この夏は全然歩いてなかったんだなあ。

 

確かにハウスダストも原因かもしれないし、きれいに掃除することは大事です。

今後も掃除はずっと続けていきます。

でもいくら清潔な家にしたとしても、そこにずっと引きこもっていたら、へんな病気するに決まってんじゃんか。

バイキンとホコリさえなければ、引きこもっていても大丈夫っていう免罪符にはならん。

汚いよりは少しマシ、ぐらいなもんです。

 

かつては、なんだかんだいって、1日に6000〜8000歩は歩いていたんです。

でも今年の夏からは、日によってはゼロの日もありました。

平均したら、1日に1000歩いってないんじゃないかなあ。

んなもん、具合がわるくなって当たり前やろーも!

 

なにがアホかといって、歩くことがとても大事であるということは、何度も気づいていたのです。

本を読んだとか、ネットで調べたとかじゃなくて、自分自身の経験として、なんども体感していた。

なのに、忘れてやんの。

ハウスダストじゃないか、カビじゃないか、おかしいなあ、こんなにキレイにしても、なんだかまたオカシくなってきたぞ。

いったいなんなんだ、どうしてこんなにぼくをいじめるんだ!

なんなんだっ!

 

いやもう、キモチワルいわお前。

そんなふうに1点集中でなにかをやって、それに効果がなかったら、落胆したり、ビックリしたりしてやんの。

なんでやねん!

なんでそんなに、直結的やねん!

そりゃあ掃除は大事だし、毎日やることも、いいことだ。

続けていったほうがいいに、決まってる。

でも、それをしたから不具合が治るかもっていう直結脳が、腹立つんだよなあ。

なんでそんなに、物事を安易に考えるねん。

んなわけねーだろうが。

そんなに簡単やったら、10年もグズグズいってないやろ!

 

とにかく、歩くことって、すげー大事なんですよね。

有酸素運動とかセロトニンとか呼吸器の鍛錬とか、そんな屁理屈はどうだっていいんだ。

人間は二本足で歩くように設計されているんだから、歩かないとだめなのっ!

ずっと座るようには設計されていなんだから、座ってばかりいたらダメなのっ!

腕とかの上半身じゃなくて、下半身をいっぱい使うように設計されてるんだから、足腰をよく使う生活じゃないとだめなのっ!

しょうもない、本とかネットとかで集めたりくつにゾッコンになりやがって、りくつばっかりでものを考えるから、目の前のあたりまえのことが、見えなくなってしまったんだよな。

りくつっぽくなるから、臆病になるんじゃ。

りくつで、ありもしない先のことを組み立てるから、不安になるんじゃ。

 

人間は、いっぱい歩くように、できている。

なぜか、とか、どうして、とか、もうそんなこと、どうでもいいんだ!

このことは、どんなりっぱな学者や哲学者が理屈こねて文句言ったって、張り倒してやる。

人間は、考えるアシじゃなくて、アシで歩くいきものだ。

考える生き物とかじゃなくて、歩く生き物なんだ。

あたまのことばっかり大事にしやがって、脚のことをいい加減に扱ってるから、重心が定まらなくなって、やじろべえみたいにフラッフラフラッフラするんだよなあ。

 

もう、りくつはいいから、歩け!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA