下がる体温

もともとぼくの平熱は36.8~37.0℃ぐらいでした。

いつ測ってもだいたいそんな感じ。

 

でも最近は、かなり下がるんですよねえ。

夕方とか朝の寝起きとかは、36.4℃とかです。

トシなのかなあ。

 

でもひとつ、不思議なことがあるのです。

ぼくはずっと、手足が冷たかったです。

真夏でも、足がキンキンに冷えるということが多かったです。

末端冷え性みたいな感じで、これはパニック障害をやってからずっとそう。

でも最近は、あんまり手足が冷えないのです。

とくに10月に入ってからは肌寒いぐらいなこともあるのに、足はなぜか冷えない。

でもそのかわり、体温は下がっている。

なんじゃこりゃ!

 

もしかして・・・と思うのは、もともと手足が冷たかったのは、一種の「のぼせ」だったのかもしれないなあ、ということです。

手足の体温が中心部というか、とくに上半身に集まっていて、それで手足は冷たいかわりに、脇の下とかは熱かったんじゃないか。

体温が37℃前後だったのは、体温が高いというよりは、熱がそのへんに集中していただけなんじゃないか・・・。

最近は手足に体温が分散しているので、脇の下の体温は36.5ぐらいになっているとか。

もしそうなら、そもそもちょっと体温が低いのかもしれないなあ。

まあ異常というほどではないけど、男性なら手足が暖かくても36.8ぐらいはあっていいんじゃないか。

 

最近かなり綿密に掃除をしていて、ハウスダストはかなり消えました。

ぼくにはもともとハウスダストアレルギーがあると、血液検査で言われたことがあります。

もしかすると今まで36.8とか7とか体温があったのは、単純に炎症をしていただけだったりして。

ハウスダストがなくなったことで炎症が消えて、それで体温がぐっと下がっている、みたいなことはないだろうか・・・。

で、急に体温が下がり始めたので、からだがいっしょうけんめい体温をあげようとして、あのソワソワ感が出ていたとか。

そういえば、あの異様なソワソワを感じ始めたころに、掃除を毎日するようになったんだよなあ。

 

まあ、これはぜんぶ予測ばっかりだから、よくわからん。

ただの風邪かもしれないし。

でも手足があまり冷えなくなったのは、悪いことではないんだよなあ。

真夏でも手足が冷たいだなんて、あれはけっこうキツかった。

暑くて汗がでるのに手足が冷たいとか、わけわかんねえもんなあ。

 

お酒をやめて、毎日しっかり掃除をするようになって、体重も標準体重に戻って、すごく規則正しい生活を続けています。

それも、べつに我慢してとか、頑張ってとかじゃなく、ごく自然にそうなった。

これが、わるいわけは、ないんですよね。

もしかするとちょっとづつ、いろんなことが「ふつう」に戻っていっているのかもしれない。

ただ、今はその過渡期なので、からだが混乱しているだけかも。

もうしばらく、様子を見てみよう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA