喫煙と花粉症

どうもノドというか気管に違和感があり、ハナもなんとなく詰まってる感じがする。

でも咳やくしゃみは出ない。

…… そんな症状がずっと続いているんですが、最初はハウスダストかカビかな、と思ったんです。

そこで徹底的に掃除をする習慣をつけていったら、症状はずいぶんマシにはなりました。

でもいまだに微妙に違和感があります。

マシになったということは、ハウスダストやカビの影響はあった、ということで良いのだと思います。

しかしどうやら、それが「すべて」ではなかったのではないか……。

 

最近、もしかしたら花粉症なのではないか、と疑っています。

ぼくはもともと、なぜか花粉症はないのです。

父や娘には花粉症があるのに、ぼくと母親は出ない。

まあそういう体質なんだろうな、と思っていました。

 

しかしどうやら、もしかしたら「タバコ」も関係しているかもしれません。

ぼくはお酒はスパっとやめてしまったんですが、いまだに未練がましくタバコは吸っています。

ただその本数は極端に減ってきて、かつてはマイルドセブンなどけっこうキツいやつを1日に2箱とか吸っていましたが、最近はピアニッシモという1mgのタバコを1日に1箱もいかないです。

とはいえ吸っているという事実は、変わりません。

 

どうも、タバコは花粉症を抑える効果があるようなのです。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ningendock/25/4/25_652/_pdf

最近はタバコについて「百害あって一利なし」とし、とにかく絶対悪である、という判定がメジャーになってきています。

しかし物事には良い面と悪い面があり、完全に悪い面しかないというのは原則存在していません。

タバコも同様で、それが習慣に値するかどうかはさておき、薬効ともいえるものは多少あるようです。

抗炎症作用。

タバコに含まれるニコチンには、炎症を抑える効果があるのは医学的に事実のようです。

さきほどの論文にも、実験結果としてはこうあります。

鼻炎率は喫煙量が多くなるほど有意に低下し、また過去喫煙者は非喫煙者と比較し有意に定率であった。

つまり喫煙者は鼻炎になりにくい、という傾向があるということですね。

しかし不思議なことで、女性はこれと逆なのだそうです。

一方女性では、過去喫煙者は非喫煙者よりも鼻炎率が高い傾向になり、男性の結果とは異なっていた。

理由は不明だが女性の場合は鼻炎が原因で禁煙したのかもしれない、としているようです。

そういえばぼくの親父はもともと花粉症ではなかったのですが、タバコをやめてから花粉症になっていました。

男性でも過去喫煙者に鼻炎出ることもあるのだと思います。

そういえばぼくの身の回りでも、喫煙者で花粉症のひとはいません。

 

まあこれは実験のひとつに過ぎませんから、だからといって「タバコには花粉症を防ぐ効果がある」と言い切れるものではないと思います。

ただ個人的に……というか、いきものとしては当然かもしれないな、と思うこともあります。

あれだけケムリをばかすか吸っていたら、粘膜が強靱というか、言い方を変えれば「ドンカン」になるのではないでしょうか?

だから花粉程度なら、あんまり反応しなくなるということは考えられると思います。

 

親父が禁煙して花粉症になったのなら、タバコの本数を激減させたぼくが花粉症を発症するというのは考えられないことではありません。

夏から秋にかけてノドやハナの違和感が強いのは、ぼくが喫煙者だからあまり咳やくしゃみが出ないけど、案外ブタクサなどの花粉にやられているという可能性はあるな、と思いました。

ニコチンが1mgのタバコなんてニコチンの薬効はあまり期待できなさそうですし、いわゆる抗炎症作用としては、あまり機能していないのかもしれません。

 

ていうか、喫煙者だからこそよけいに花粉症に気づきにくいという、ややこしい話もあるんじゃないかと思ったりしました。

ニコチンには抗炎症作用はあるものの、アレルギーの原因を根本から抹消できる薬効があるわけではありません。

アレルギー反応じたいは出ているのに、典型的なくしゃみや咳が出ないものだから、じぶんがいったい何に対して炎症しているのかサッパリわからなくなっているっていう可能性もあります。

くしゃみも咳も出ないのに、なんか違和感だけがあり、どうも全身的に炎症をしている気がする。

これはもしかしたら、タバコのせいで「フタ」をしていただけなんじゃないか、という気もしています。

 

なのでやっぱり、禁煙はしていこうと思います。

咳やくしゃみが出るということは、何かを排出しようとしているということです。

これをニコチンの薬効で打ち消してしまうのは、あんまり良いことではない気がするんですよね。

せっかくモノホンの喫煙者からすれば「そんなもの吸った気がせん」という1mgのピアニッシモに鞍替えできたのですから、いずればゼロに持っていきたいものです。

 

ていうか、そーゆー健康の話じゃなくて、高すぎるんだよな! タバコ!

なんやねん!

腹の足しにもならんようなものが、ただのケムリが、一箱500円弱。

その半分以上は、税金。

なんじゃそれっ!

そんなんやったら、ミカンでも買うとけや! っていう、ね。

 

ぼくは喫煙者の言い訳にも、非喫煙者の原理的排斥主義にも加担するつもりはありません。

いらんもんは、いらん。

ただそれだけで、いいですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA