牛乳石鹸でいいじゃん

若干乾燥肌なので、この季節は微妙に悩ましいです。

無添加系の石鹸は肌にはいいけど高いし、なによりクサイ。

オーガニック系は香りもよくて肌にもやさしいけど、高い。

ふつうの石鹸は香りもよくて洗浄力も高く、でもく安くて、三拍子揃ってるんだけど、パサパサになる。

もういっそ石鹸を使わないようにしたら、足に白癬菌系のかさぶたができるようになったり、気管支がおかしくなったりする。

ああ、もう、どしたらいーんだーっ!

だからもう、自分で作ってやろうか、とさえ考えたのでした。

 

石けん素地というのがあって、それに好きなアロマ精油とか入れたら、かんたんに作れるそうなんですね。

やってみようかなと思って調べていきました。

そしたら、花王さんとか資生堂さんとか、すげえなあ、すげーがんばってるなあ、と思いました。

ふつうの石鹸って、だいたい1個80円ぐらいなんですよね。

でも石鹸素地を使って自分で作るとなると、どうがんばっても1個あたり100円を超えるのです。

80円で利益までちゃんと出してるなんて、まあ大量生産だからグロスメリットもあるんだろうけど、それにしてもすげえな、と思います。

 

さて、そんな折、意外なことを知ったのです。

ぼくが言う「普通の石鹸」というのは、ほぼ牛乳石鹸のことを指しています。

そしてぼくは、牛乳石鹸というのは牛乳石鹸というものである、と思っていました。

つまり1種類しかない、と思っていたんですね。

だって店にいっても、それしかないんだもの。

しかしじつは、牛乳石鹸には「青箱」と「赤箱」があったのでした!

ぼくが知っている牛乳石鹸は、「青箱」のことだったのでした。

 

なーにをいまさら。

ですけど、ほんと50年ちかく生きてきても、知らんことってありますねえ。

まさか牛乳石鹸に「赤」の種類があるとは。

そしてこの赤箱、べつに高級品とか限定品とかでもなくて、ごく一般的なものなので、とくに金額もそう変わらないのでした。

たまたまぼくが行っているスーパーなどには置いていなかっただけ。

 

でこの「赤箱」の牛乳石鹸には「スクワラン」というオイルが入っているのだそうで、これは保湿成分なのだとか。

なので皮膚がパッサパサになる人は、この赤箱を使うんだそうです。

知らんかったー。

で、さっそくAmazonで買って使ってみました。

 

ほんとだ!

「青」とは、ぜんぜんちがう!

洗い上がりはさっぱりなのに、あんまり乾燥しないのです。

牛乳石鹸で、よかったんだ。

「赤箱」で、よかったんだ!

 

たぶん、それほど重篤なアトピーとかではないからなんでしょうね。

ただ「乾燥しがち」というだけなので、赤箱で十分だったようです。

よってぼくの「石鹸問題」は、突如として幕を下ろしたのでした。

アタマの先から足の先まで、牛乳石鹸で完結です。

リンス?

いらねえよ。

だって坊主頭なんだもの。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA