そういえば、ノー・ルールなんだしさあ

なーんかさーあ。

そういえばさーあ。

あれじゃん?

 

ベッドいらなくね?

 

って、ふと思ったのでありますよね。

ていうか、なんでおれはベッドで寝ているのかな?

ベッドがなければもっと部屋は広くなるし、掃除もしやすいし、いいよね。

だから布団にすれば……と思ったとき、唐突に声が聞こえたのであります。

 

「寝袋という手があるぞよ」

 

うそだよ。

声が聞こえたら、病院いったほうがいいね。

声が聞こえたのは、うそです。

思っただけです。

そうだよなあ。

寝袋、いいかもなあ。

 

なんか最近、すごく思うことがあるのです。

「NO RULES」

これがこの世の真理である。

そういえば、ルールなんかないんだよなあ。

そう、ルールなんか、ない。ほんとうは。

いや、もちろん法律とかあるんだけれども、でもそれもほんとうは「ない」んだよなあ。

六法全書とかは紙とインクのかたまりで、ルールそのものじゃない。

ルールってじつは「こころ」のなかにあるだけんですよね。

そしてそれを「守ろう」という意図がなければ存在できない。

人の認識という最も曖昧なものに依存している、あやふやで、実体のないもの。

ルールは確かに守るべきものではあるんだけれども、絶対でもなければ隷属するものでもない。

ただの概念である。

ただの概念のようなものに、どうしてこの俺が振り回される必要があるのか。

 

枕が変わったら眠れないようー、とか。

ベッドの位置が気になるようー、とか。

寝室の気温がー、とか。

寝室の湿度がー、とか。

夏用冬用の掛け布団がー、とか。

布団カバーの素材がー、色がー、とか。

通気性がー、とか。

寝室のアロマはー、とか。

マニフレックスがー、とか。

エアリーマットレスがー、とか。

とかとかとかとか、とかとかとかとか。

 

 

 

 

 

カーッ、ペッ!

ああ、もう、うっとうしいぞよ。

 

その「条件」は、だれが決めたのか。

そのルールは、ほんとうに守るべきことなんか?

 

ということに思い至った瞬間、何かが「ぽろっ」と頭の中から落ちたのです。

うそだよーん。

頭の中から何かが落ちてきたら、病院いったほうがいいね。

そうではなくて、なんかスッキリしたっていう話(いちいち言わなくてもいいけど)。

 

いやほんと、冗談はさておき、寝袋でいいんじゃない?

と思って調べてみたら、いるわいるわ、「寝袋の民」。

想像以上にたくさんいるようです。

そして彼らのブログを読んでいると、案外「快適」らしい。

またいろんな面で合理的だというのです。

・場所をとらない
・安い
・温かい
・寝相がわるくても大丈夫
・丸洗いできる
・どこでも寝室になる
・寝付きがよくなったという人の話も
・寝起きがよくなったという人の話も
・体調が良くなったという人の話も
・腰痛がなくなったという人の話も
・キャンプに行っても同じ環境なので寝付きがよい
・災害にあっても慣れているので寝付きがよい

などなど。

 

ううーむ。

「家では布団やベッドで寝るものである」

「布団、掛け布団、枕は必要最低限の家財である」

このへんの固定観念が、ガラガラガラと音を立てて崩れ去るのでありますなあ。

まあ、音は出ないけどね。

もし音が(以下略)

 

そうかあ。

寝袋、いいかもなあ。

最近登山を始めようと思っていて、そのうちキャンプとかもマジで考えています。

そんなとき普段から寝袋だったら、寝付きもきっと良いでしょうね。

「モバイル寝室」なんだもの。

ぼくはちょっとだけ「枕が変わると眠れない」みたいな繊細なところがあるんだけれども、そういうのがなくてすむ。

ていうか普段から寝袋で眠っていたらもはや「家と外」の境界さえ、曖昧になってくるよね。

寝室をモバイルするという発想。

 

○○でないと眠れないとか、うっとうしいんだよなあ。

条件が多いやつって、ほんとうに鬱陶しい。

(病気とかなら、もちろん別ですけどね)

ああでないといかん、こうでないといかん。

じゃかあっしゃあ。

そもそもはそんな条件、なかったんだろう?

もともとなかった後付の条件に、征服されてやんの。

情けなくね?

 

無条件って、いっちばん自由なんですよね。

それに憧れるから、アウトドアに目が向いたのかな。

ルールを守りながら生きていくなんて、ほんとーに、つまんねんだよなあ。

はっきりいって、それは生きていることにはならん。

 

  • ぽぽんた より:

    この よ の こと は
    ほんのちいさな かりのとりきめ に すぎないのですものね。

    自由 だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA