恐慌にそなえて

もう「恐慌」なんじゃないかなあ。

コロナウィルスの件でこのまま経済が低迷すると、世界恐慌が起こります!

なーんていう話があったけど、起こります、ではなくて、もう起きちゃったんじゃないか?

 

株価はとんでもないことになっていて、あまりえげつなく下がると戻らなくなる場合もあるらしい。

ぼくは株式にはうといので、どういう因果でっていうのは知らないけども。

まあ経済のことはさておき、

・トイレットペーパーをバカ買いする

・子どもの外出などをキツく戒める

・咳をしたひとをおそれ、白眼視する

・病的に手洗い、うがいをする

・マスクがないと外出できないと考える

こんなもん、もうすでに、完全なるパニックですわなあ。

 

ぼくは病気の方のパニック障害が持病だけれども、パニックって「恐慌」っていう意味なんですよね。

パニックになったら道理なんか引っ込んでしまって、恐怖感と不安感だけが独立して暴走しはじめる。

こうなるともう、だれがいくらどんな努力しても止まらない。

病気の方のパニックを数限りなく経験してきたから、恐慌の特性じたいは、はまあまあ知ってる。

止めようとして止まるものではなくて、止まるのを「待つ」しかなくなるんですよね。

恐慌というのは、そういうものなのだ。

そんなものだからこそ、恐慌という。

とにかくもう、なんにも効かないのです。

予防はある程度できたとしても、出てしまったらもうお手上げなのだ。

 

さて、ではいま、なにをすべきなのか。

水を備蓄しておく?

暴漢対策用に警棒を買っておく?

預金を全部おろしてタンス預金にしておく?

 

ま、そういうのもいいかもしれないけど、こういうときこそマジで座禅しようかなあ。

ぼくはじつは、個人的にはけっこう楽観しています。

まずコロナウィルスというのはどうやらそれほど毒性が強くない。

毒性が弱いからこそ、みんなウロウロして感染させまくっている。

ウロウロすることができるぐらいの毒性である、ということであります。

そして「ウィルスである」ということ。

ウィルスは湿度で感染力が低下し、紫外線で崩壊する。

いまからどんどん紫外線量は増えていくし、湿度も高くなっていくので、すくなくとも屋外での感染ということは少なくなっていくと思う。

遅くとも3月下旬〜4月上旬には収束していくんじゃないか。

 

いますべきことは、「普段どおりにする」っていうことかもしれない。

パニック発作も同じなんですよね。

パニックを収めようとして何かをしたり、あるいは防ごうと思って何かをすると、ぎゃくにパニックを助長することのほうが多いのです。

できるだけ普段と同じような行動・思考をするほうが断然良い。

まあ病気のパニックと経済の恐慌は違うかもしれないけれど、そこに「人の感情」が深く関与しているという点では同じです。

パニック状態の中で発作的な行動をすると、十中八九、だめな方向に向かう。

「恐慌は必ず収束する」

これは病気のほうも経済のほうも、同じです。

近いうちに必ず収束することを信じ、なにか特別なことをしようとするのではなく、自分がすべきことを淡々としていくことが大事かもしれませんね。

 

……とかいいながら、「株の本」を買ってしましました。

ぼくのカンでは、このたびの暴落はまだまだ行くと思う。

コロナが終わったあとでも、まだまだ行くと思う。

なんでか、というのは、しっかりとは特にないんだけど、なんかそんな気がする。

いちおう理由としては「パニックだから」。

パニックってとつぜん終わってたとしても、また微妙にぶり返したりするし、「気分」が変わらない限りほんとうには終わりません。

だからいまのうち株の勉強をしておいて、底値のときに株買おうかな、なんて考えてます。

じつは昔から、株のことは勉強したかったんですよね。

いちばん経済の勉強になるらしい。

ぼくは芸術とか文学とかスポーツとか健康とかプログラムとかには比較的詳しいけど、経済的なことが「てんでだめ」なのですよ。

経済学の本とか頑張って読んでみたけど、3ページぐらいで絶対に寝る。

不眠症っぽいときでさえ、3分で眠ってしまいました。

あかーん!

やっぱ経済も「からだで」覚えないとだめだ!

あたまでゴニョゴニョ考えて、ちまちま知識をたくわえて、ちょこちょこ情報を仕入れたって、こりゃ全然意味ねえわ。

一回身銭を切って、本気で勉強しようかなって思ってます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA