エナジー・バンパイア

「エナジー・バンパイア」という概念があるそうです。

まるで吸血鬼のように人のエネルギーを吸い取る人。

そういう人と一緒にいると、とても疲れてしまうのだそうです。

 

エナジー・バンパイアの特徴としては、

・自己主張が強い
・承認欲求が強い
・愚痴が多い
・相手を利用する
・被害妄想が激しい
・気を引こうとする
・人が嫌がることをする
・ネガティブ思考
・注目を集めようとする
・正論で打ち負かそうとする
・相手の上に立とうとする
・相手を脅す、あおる
・同情を誘う

という感じなんだそうです。

(https://odamasayoshi.com/communication/energy-vampire/ さんからのコピペです)

 

うん、たしかにそういう感じの人はいる。

一言で言えば「けつのあなの小さなやつ」といえるのかもしれない。

 

いっぽうで、そういったエナジー・バンパイアに狙われやすい人もいるそうで、

・相手の言葉に相づちをよくうつ
・人に話に同情・共感しやすい
・相手の話を聞きすぎる
・助けてあげたい気持ちが大きい
・情報に無防備(鵜呑みにしやすい)
・相手の発言を信じやすい
・本音が言えない(イヤと言えない)

ふむなるほど、たしかにこれも、そういう人はいる。

一言で言えば「気の弱いあほ」ですね。

 

つまり、「けつのあなの小さなやつ」が、「あほ」を狙う。

あれ?

これべつに、珍しいことじゃないな。

よくあることじゃねえか。

 

一般にエナジー・バンパイアは加害者で、吸い取られる側は被害者である、という構図のようです。

あれ?

これ、ちがうんじゃないかなあ。

むしろ「吸い取られる側」にこそ、最大級の問題があるのではないか。

矛盾があるのです。

エナジー・バンパイアの特徴として「被害妄想が激しい」というのがある。

では「私はエナジー・バンパイアにエネルギーを吸い取られている」という認識は、被害妄想といえないのか?

むしろこちらのほうが、つよい被害妄想ではないのか。

 

エナジー・バンパイアの特徴をみていると、こんなもの誰でも多少なりとも持っている傾向です。

これらの傾向が無意識レベルまで含めて一切ない人間など、おそらく存在しないだろう。

一般的、とさえいえる。

ということは、このような一般的特性を持つひとと接してエネルギーが奪われるような感覚を持つということは「吸い取られる側」にこそ中心的問題があると考えられる。

 

確かに「一緒にいるとなぜか元気になれる人」というのは存在します。

またいっぽうで「一緒にいるとなぜか疲れてしまう」という人も存在する。

そこで後者の「疲れてしまう人」に注意せよとか付き合うなとか離れろとかいうのは、それこそが「他者依存」であります。

他者が自分に影響を与えている、という妄想に没頭しているのですね。

それはまさに、依存なのです。

エネルギーを奪うひとを遠ざけたいということは、逆にいえば、エネルギーを与えてくれる人に近づきたい、ということなのかもしれない。

 

他人が、じぶんのエネルギーを奪うことなど、決してありえない。

天地がひっくりかえっても、ありえない。

ある人に会うことで生気が抜けるのは、その本人に決定的な原因がある。

相手の言葉や行動などにいちいち反応し、それを内部処理しようとして疲弊している。

なぜ「処理」をしようとするのか。

自分のこころに、何らかのつよいこだわりがあるからかもしれない。

それと合致しないものをなんとか消化しようと、むだに精神エネルギーを使っている。

・消化しない

・こだわりを捨てる

このどちらかを行えば、無駄な処理はせずにすむ。

けれども、それをしてしまうんである。

こういった「本人の内部処理特性」については完全に放置して、被害者被害者といっている。

むしろ、こっちのほうが「依存型」ではないのか。

 

無限とつながっていない。

 

これこそが、最大の問題だとおもうのですよね。

社長さんなんかに多いけど、会うとすごくエネルギーがもらえて元気になれる人っていうのはいます。

でもそういう人たちが特定の人に会うことで極端に元気を失って「あいつに生気を吸い取られた」だなんていう愚痴はいいません。

ひとに元気を与えてくれるようなひとは、どんなひとに会ってもそれほど強くは疲労しないのです。

なぜか。

「無限とつながっている」

からだと思うのです。

だから多少バンパイアっぽい人と接したとしても、「無限」マイナス「定数」は、やっぱり「無限」。

無限から10を引こうが100を引こうが1000を引こうが1億を引こうが、残高は「無限」。

人に元気や活力を与えるというのは、そういうことなんだと思います。

 

人と会って疲れるのは、その相手が原因ではない。

じぶん自身の「処理方式」「認識」が原因である。

じぶんの活力が有限であるという妄想に支配され、エネルギーというものが「吸う」「吸われる」という特性を持っているという妄想に、支配されている。

んなわけあるか。

ひとは全員、いままさに、おなじ無限エネルギーの中にいる。

そのなかで吸った吸われたなど、あるものか。

ひとのことをヴァンパイア呼ばわりするものこそ、ヴァンパイアである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA