いつだってスタートラインだもの

初心に帰ろう、と思いました。

ぼくはなにか勘違いをしていたようで、努力をすれば成長して、よい結果が得られると考えていました。

しかしこれはあくまで単純化したスキーマというか、形而上の概念にすぎなくて、実際にはその努力→結果のなかにも、無数の努力→結果が詰まってる。

どんどん細分化して、これ以上切り刻めないところまでいくと「いつだってスタートライン」ということになる。

 

スタートがあって、ゴールがある。

確かにそうなんだけど、これは結果論にすぎないのかもしれませんね。

生きているのはいまこの瞬間だけなので、ということはつまり、どの瞬間もスタートラインということになる。

なのに、なぜか、「栄光のゴール」のようなものを夢想してしまうのでした。

 

まあ、それも良いのだと思います。

スタートがあってゴールがあるということも、間違ってはいない。

またどの瞬間もスタートラインだということも、間違ってはいない。

どっちゃでもOKなんである。

 

それよりもぼくがいま気にしている命題は「なぜ仏教や密教、宗教に強い関心を抱くようになったか」ということです。

それはかんたんです。

パニック障害というナゾの病気にかかったからです。

なにをどうしても治らなくて、だからこそいろいろと悩み、そのうち精神世界のようなことにも興味を抱くようになった。

ということは、もしパニック障害などにならなければ、そんなに深い関心を抱くことはなかったのでは、と想像するのです。

 

結局は悩みや不安があるからこそ、精神世界のイデオロギーに関心が向かう。

ということは悩みや不安から切り離されれば、もうそのようなイデオロギーには関心がなくなる、ということなのかもしれません。

もし悩みや不安がなくなっても、それでもそちらへの関係を持ち続けるときは、それは「だれかを助けてあげたい」という気持を持ったときかもしれません。

人をたすける方法には、実業的な方法と、精神的な方法があります。

そのどちらもが、だいじなことです。

おそらくはお坊さんや神父さんなどには、そのようなお役目があるのだと思います。

 

子供の頃から、宗教的なことへの関心はありました。

でもその関心の矛先は、イデオロギーや教義的なことではありませんでした。

その芸術的側面に関心があったのです。

もっといえば、その芸術がもたらす感動に、関心があった。

胎蔵界曼荼羅や金剛界曼荼羅、各種伽藍、神社や教会などをみると、異様なほどの感動をおぼえる。

この感動は、いったいなんなのか。

どうしてこのようなものを、人間が作れるのか。

そういうところに、最も大きな関心がありました。

 

初心に帰ろうと思うのです。

イデオロギーに執着してしまえば「すべての執着を離れよ」という仏教の哲学に矛盾します。

仏教ということに執着することは、そのことじたいが、もう矛盾をしてしまいます。

ぼくはたしかに、パニック障害によって仏教などのイデオロギーに関心を持った。

そしてそのイデオロギーによって、いくばくかのココロの安らぎを覚えたとして、それでそこに立ち止まってしまったら、ぼくはもうひとつ余計に足かせを得たことになる。

これは、いったい、なにがしたいのか。

 

ぼくはつまり、自由がほしいのであります。

とくに自分自身がつくった牢獄から、脱出したいのであります。

これに仏教は有効だと思いましたが、仏教そのものに拘束されたら、本道がらズレてしまう。

 

自分自身がつくった牢獄のメイン素材は「ゆるせない」だと思うのです。

ゆるす、ということが、どうもスムーズにいかないのです。

このことは、どこかに執着しているから起こる。

正義やプライドというのも、結局はこれだ。

そういうことに固着してしまうこともまた、不自由のひとつかもしれないなと思うのです。

そこへイデオロギーなどを追加してしまったら、もはや、がんじがらめであります。

いったい、なにがしたいのか。

 

あえて仏教的にいうならば、ぼくは阿弥陀様に救ってほしい、ということだけではありません。

阿弥陀様自身にも、なりたいのであります。

悪人さえもゆるし救うという、そんな極限の原理と合一化したい。

どのようなことも「ゆるす」という広大無辺無限の原理によって、すべてを飲み込みたいのであります。

だからこそ、密教ということに関心が強いのかもしれません。

 

そして、思ったのです。

「ゆるす」という高等原理は、なにも仏教でなければ得られないような代物でもないのですよね。

というか宗教でなくても十分に得られる可能性があります。

仕事であろうが、趣味であろうが、どのようなことででも得られる。

そうしようと思わなければ得られないが、そうしようと思えば、すこしぐらいは得られる。

 

印をむすび真言をとなえ、滝に打たれ、あるいは唱題し、念仏し、座禅を組んだところで、「おおいなるゆるし」を自分自身のこころに得られるとは限らないです。

むしろその部分が欠落していたら、いのちがけの修行をしたっていっさい得ることはできない。

だったらば、そんなことはべつに、しなくてもいいのではないか。

それよりももっとダイレクトに「ゆるす練習」を積み重ねていくほうが、合理的なのではないか。

 

初心にかえろうと思うのです。

「自由」になろう。じぶん自身から。

本ばかり読んでいたら、これをつい、忘れちまうんですよね。

自由になるためには、不自由の原因を知らねばならりません。

そしてその原因は人それぞれだから、絶対に本やネットには書かれていない。

じぶんのこころに、書いてある。

読め。

わたし自身を。

 

正解を求めると、「これが正解だ」と思ったときゴールに至ったと思いこむ。

すると、もうスタートが切れなくなる。

でもじっさいには、毎時毎分毎秒がスタートラインである。

ゴールだと思ったことは、ただのかんちがいなのである。

だから、進み続けようと思うのです。

変化しつづけようと思うのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA