天上天下当処永平

映画「禅 -ZEN-」を観ました。

座禅もかれこれ180日目を過ぎましたけれども、そーいえば観てなかったなあ。

中村勘九郎さんの「ハマり役」ですよね。

なんかもうこのヒト以外無理、っていうぐらい合ってました。

すごくいい映画でした。

 

この映画の中で最も印象に残ったのは、道元が永平寺を開くときの宣言でした。

さすが歌舞伎役者というか、ものすごくエエ声でものすごくカッコ良く宣言するのであります。

天に道あり 以て高く清し

地に道あり 以て厚く寧(やす)らか

人に道あり 以て安穏なり

天上天下 当処永平

 

さいきんのコロナ騒ぎのせいですかねえ。

この「天上天下当処永平」の部分に、グっときました。

鎌倉時代は戦争や飢饉、疫病がとても多かったそうで、当時のこの言葉には禅の思想というだけでなく、根源的な祈りのようなものが込められているようにも思いました。

天上天下当処永平。

この宇宙、いまこの場所は永久に平穏である。

 

先のことで不安になったり怖くなったりしたときは、思い出して唱えてみようと思います。

天に道あり 以て高く清し

地に道あり 以て厚く寧らか

人に道あり 以て安穏なり

天上天下 当処永平

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA