そうだ募金しよう。

パニック障害から外出恐怖症になって、ぼくは2年前から自主的に「自粛モード」でした。

自粛しているつもりはなかったけど、お手本的な自粛になってた。

 

だからヘンなはなし、幸いだなあとは思ったのです。

2年間「自粛の練習」をしていたようなものだから、なんにも生活は変わっていない。

自粛モードになったからといってストレスが増えたということもない。

なにも変わっていない。

今後の経済の変化によって影響を受けるかもだけけど、とりあえずいまのところは、仕事のほうも影響はとくに受けてけていません。

個人的には、まあ、よかった。

 

またもうひとつヘンな話、いままでの世の中はちょっと「はしゃぎすぎ」なんじゃないかな、とも思っていました。

そんなにあちこち遊び回って飛び回らなくても、いいんじゃない。

おとなくして、いまあるものや、いまの状態に満足して、粛々と日々を送ることも大事なんじゃないの。

むしろこのたびのコロナ禍が、ある意味進化につながるかもしれない。

そんなことさえ、考えたこともある。

……まあ、それはそうかもしれないけど、それはただの「ぼくの考え」である。

合っているかもしれないし、間違っているかもしれない。

妄想と、たいして変わらない。

 

ぼくはとりあえずは大丈夫だったし、ぼくの考えにも合致するからよかったじゃん、っていうのは、アカン、ちがうと思った。

いま困っている人がたくさんいる。

「いい面を見よう」っていうのは、「わるい面を無視する」っていうことじゃない。

無関心でいるということでもない。

これはこれでよかったじゃん、っていうのは、「社会への無関心」と同じでもある。

愛と慈しみの対義語は、憎悪ではない。

無関心である。

 

恥ずかしくなった。

こういうのを「犬が犬の糞を食う」という。

醜い自己満足である。

 

ヒキニートがリア充が困るのを見て喜んだり安心したりするのと同じステータスにだけは陥りたくない。

それはむしろ、もっとも恥ずべき心情である。クソである。

主観に浸るのはよそう、客観的に考えよう。

おおきな理屈で満足して、ものごとを単純化して「なにもしない」に安住し、困っている人になにもしないのは犬の糞である。

 

まずは募金をしよう、と思った。

どれがいいのかわからないけど、募金しよう。

500円でも1000円でも、集まれば巨額になる。

 

あとデザイン関係のひとは飲食店向けに「テイクアウトできます」っていうチラシを作って無料でダウンロードできるようにしている人もいる。

https://www.atta-v.com/pages/ideanote_detail.php?id=9583

すばらしいことだと思う。

 

ぼくもなにか、できることを考えてみよう。

つまらないこと、しょうもないこと、そんなことで助かるひとはいる。

コロナ禍の中にあってもとりあえず助かっているということは、だれかを救えということである。

困った時は、お互い様である。

困ったときほど、やさしくなろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA