愛には愛がかえってくる

先日バビビビとヒラめくところがあって、あるWebサービスを思いつきました。

コロナで困っているひとを助ける目的のもので、利用料は完全無料。

使う人も、運営者のぼくも、ほとんど手を煩わせないようなシステムにしました。

似たようなものはじつはあちこちで出てきているんだけど、こっそり自画自賛してる。

おれのヤツのほうが、イケてるぜ。

 

申込者は日に日に増えていっているのですが、ふしぎなことに気がついた。

いままでこういったサービスというか、そもそも仕事だと、文句をいうひとがとても多いです。

あれをこうしてほしい、これはもっとああしてほしい、いろんな注文がある。

それでお金をもらっているからしょうがないけど、今回は全然ちがった。

ああしてほしい、こうしてほしいというオーダーが一件もない。

そしてメールに必ず、書かれている。

「ありがとうございます」

 

こんなにたくさんの「ありがとう」を一時期にもらったことは、うまれて初めてかもしれない。

やってよかった。

そして、思った。

「この世界のひとって、やっぱり基本的にはいい人が多いんだ」

すこし、感動をしてしまいました。

愛には愛が、かえってくる。

これはウソじゃなかったんだ。

 

長年仕事関係で苦労しすぎて、たまに思うことがありました。

「この世には、生き馬の目を抜くような残忍で狡猾なひとがいる」

そうかもしれない……っていうか、実際にそうだった。

でもそれは「そういうフィールド」でぼくが活動をしていたからなのかもしれない。

「おれのために」っていうのがあったから、「おれのために」がかえってきたのかもしれない。

 

「あなたのために」には「ありがとう」が、かえってきた。

ぼくはこういうことは「綺麗事だ」と思っていました。

甘い、とも思っていた。

でも案外、そうでもなかった。

むしろ逆かもしれない。

愛には愛がかえってくる、このことを「甘い」と思うことこそが「甘い」のかもしれない。

机上の空論の、綺麗事なのかもしれない。

 

今回のぼくは、ハラが座っている。

もしかしたら今回のサービスでも難癖をつけてくる人はいるかもしれないので、それに備えて利用規約も作ったけど、それで安心したわけではない。

文句言うやつがおったら、張り倒したったらええねん。

本気で思っている。

文句をいうのなら、使わなければいいだけだ。

そういう「めんどくさいやつ」は、もう相手にしなくてもいい。無視して全然かまわない。

そう思えるのは「無料」だからです。

ぼくは一銭もトクをしていない、むしろ赤字である。

純粋善意の無料サービスには、金剛不動の気合がある。

お金をもらっていたから、弱みがあった。

だからややこしいクレームにも対応しなくちゃいけないことがあった。

相手だって損をしたくないから、いろいろと文句をいう。

 

「タダ働き」が、こんなにも楽しいものだは思いませんでした。

お金をもらうのももちろんうれしいけど、「ありがとう」の一言は、これに勝るとも劣らない。

ありがとうと言われたら「無料でも、だれにも文句を言わせないものにしていこう」と思える。

その努力は、ぼくの財産になる。

お金ではない、無形の財産になる。

 

「お金をとらないだなんて、甘すぎるんじゃないの」

そういう人もいた。

でもぼくは、断固としていえる。

「甘いのは、おまえだ」

みんなが困っているときに小銭を稼ぐようなことをして、その小銭のために奴隷のようになって、文句をいわれて、世界を恨みながら生きていって、ほんとうにしあわせか。

なんのために働くか、それはしあわせになるためではないのか。

無償の愛をばらまいて、ありがとうをたくさんもらって、「この世界にはエエやつが多い」ということを確信しながら生きていくほうが、断然しあわせであります。

そして死ぬときも、ゆっくり死ねるではないか。

やりたいことを全部達成しても、人間は死ぬときには必ず後悔するそうです。

でも生きている間に「ありがとう」をたくさんもらっておけば、すくなくとも「おれはだれかを喜ばせたことがある」という事実とともに、死んでいける。

 

愛には愛が、かえってくる。

50年生きてきて、はじめて「具体的に」教えてもらったかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA